2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アトピーは自然治癒で治す。

1 :俺もアトピー:04/01/09 23:13 ID:2rBvnF1f
アトピーは免疫反応であり、アレルゲンを皮膚の湿疹のなかに
取り込んで、掻くことであおれを除去しようとする反応である。
つまり、アトピーそのものは、治癒反応である。
しかし、痒みや赤みのような不快な症状を伴うために、ステロイ
ド・プロトピック・抗ヒスタミン内服薬を使用してしまう。
本来、アトピーを含むアレルギーの自然治癒とは、アレルゲンに対
してIgE抗体を産生しなくなることである。体がIgE抗体を産生する
ためのエネルギーは有限であり、いつかはなくなる。なくなった
状態が自然治癒である。
よって、薬で症状を抑えても、IgE抗体を産生するエネルギーは
温存されたままなので、アレルギー体質は治らない。
体質を変えるためには、「掻きたいときは掻く」「免疫を抑える
薬は使わない」のが大事である。


2 :名無しさん@まいぺ〜す:04/01/09 23:16 ID:1hBkFruk
・・・まぁ。そのまんまみんながいままで
言ってきたとおりだよね?

3 :名無しさん@まいぺ〜す:04/01/09 23:31 ID:55F/klRb
>体がIgE抗体を産生する ためのエネルギーは有限であり、いつかはなくなる

これの根拠はどこにあるんでしょう?
良く理解できないのですが・・・

4 :名無しさん@まいぺ〜す:04/01/09 23:39 ID:f5QLYjwI
自然治癒で治ればなぁ。。。

5 :名無しさん@まいぺ〜す:04/01/09 23:41 ID:AFDMDb31
>3
何の根拠も無いよ。
ぼったくり松●医院の免疫寛容理論ね。
アトピー性皮膚炎 松●信者に告ぐ vol1
http://www.hcn.zaq.ne.jp/cabad806/page421.html

「> 排除しても無限に繰り返し入ってくる化学物質を永遠に排除することは不可能であり、
有限は無限 に絶対に勝つことはできないからです。ただ戦いの後に見られる皮膚の傷を治し、
その傷に繁殖する 黄色ブドウ球菌さえ殺すことを繰り返せば、体の中で起こっている異物を
排除するアトピーの戦いは敗 北に至ります。
・・・松●信者は気付かないのかも知れませんが、普通の人が普通にこの文章読めば、思わず
吹き出 してしまうことでしょう。 なんと、何故アトピーの戦いが敗北に終わるのかが何処にも書
かれておらず、 いきなり結論付けられています。

> つまり体の中でIgE 抗体がいずれ作られなくなってしまい、汚染環境との戦いに負けて環境
と 共存せざるを得なくなり、最後には症状は自然と消滅してしまうわけです。
 ・・・体の中でIgE抗体が作られなくなってしまえば、それはHIV患者と同じ状態です。 たしかに、
ステロイドなどの免疫抑制剤の使用を中断したアトピー性皮膚炎患者は、炎症が悪化した 皮膚の
バリア機能が著しく低下するため、非常に皮膚が感染しやすくなります。 しかし、これは体の中
でIgE抗体が作られなくなった所為ではありません。

> この原理を発見したのは世界で私が最初であり、これを自然後天的免疫寛容と名付けています。
・・・さすがにこれだけ無茶苦茶な原理を発見したのは松●医師だけでしょう。 ただし、それは「実は太陽
は熱くない」とか「光速不変の法則は崩された」とかいうトンデモ理論と同じ 意味で世界に唯一の松●理論
だというだけのことです。」

Ige抗体の燃料切れを待つ免疫寛容理論・・・患者達はこんなイカレタ物に騙されてるのか?

6 :名無しさん@まいぺ〜す:04/01/10 00:35 ID:5OG4373E
根拠はあったはず、どこかの論文で読んだ。

同一のアレルゲンに対して、除去できないと
わかったらあきらめる。という反応があるらしいということ。
実際ネコアレルギーの人が、それでもネコといたら
いつの間にか治るという例は結構ある。

ただ、治るまでの過程、その症状の重さによっては
それどころじゃないのが問題。

7 :名無しさん@まいぺ〜す:04/01/10 00:54 ID:uH0QmLar
アトピーは水で治るという話があります。
正確には「自然治癒力を高める水」です
http://aquatheraphy.com/atopy/
こちらを一度ご確認されてみてはいかがでしょうか?


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)