2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自宅分娩は形を変えた虐待である!

1 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:15 ID:/16oS4wD
『昔の人達は皆このようにやっていた』
とはいえ、その時代の新生児死亡率・妊産婦死亡率の高さを知っているのか。
『助からないような子供なら要らない』という本音が聞こえてきそうだ。

そんな連中は最初から子供を作るな!

2 :ガブリエル ◆0igb9SCA :02/06/10 23:15 ID:Y24U/Gzx
2げっとぉ!

3 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:17 ID:RX7Mk7aX
3げっとおーー!!

4 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:18 ID:dPS7nhbs
4

5 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:19 ID:1qCnYBsp
1は何を言いたいのだか?



6 :名無しの心子知らず :02/06/10 23:19 ID:o6gjZefM
ガブたん、はりきってるね〜(はぁと

7 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:19 ID:/16oS4wD
>>5
日本語のわからない奴は消えろ。

8 :ガブリエル ◆0igb9SCA :02/06/10 23:20 ID:Y24U/Gzx
1さんって男?

9 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:21 ID:/16oS4wD
>>8
周産期医療に携わる者。

10 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:22 ID:1qCnYBsp
>7
オマエモナァ〜

11 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:22 ID:RX7Mk7aX
>>1
先生なんですねー!

12 :ガブリエル ◆0igb9SCA :02/06/10 23:23 ID:Y24U/Gzx
だから男?女?
職業じゃなくって。

13 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:23 ID:1H6oM/94
自宅で産もうなんて言うヤツの気が知れん。
見なれた景色の中でなんて、興ざめしていきめなさそう。
産み終わってしばらくたった頃に『ここで産んだんだ』なんて思い出すと
メシものどを通らんって感じがする。


14 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:24 ID:vJqoS5jX
自宅分娩の割合って実際どうよ?
最近流行ってんの?

15 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:25 ID:pDWEgWkQ
準備とか片付けとか大変そうだよね。
天井から綱下げたり、お湯をどんどんわかしたりするんでしょ。
あと布をたくさんね!って、古い映画とかだとそうだよね。

16 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:26 ID:/16oS4wD
>>14
○坂尚○・高○早○夫婦が盛んに自慢してるよな。
あいつら、バカ?

17 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:26 ID:64PpS2oG
うちのダンナは自宅分娩だったんだって。
ダンナの姉は一部始終を見ていたそうだけど怖かったって。
でもすごく感動したって。
ちゃんと助産婦さん付いてるしやれる人はやればいい。
だけど生まれた赤ちゃんに異常があればヤバイかも。
今は生まれる前からいろんなこと分かるから未然に防げるはず。
でも今って自宅分娩する人そんなにたくさんいるのかな?

18 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:29 ID:1qCnYBsp
胎盤の処理費用が高いらしい。
昔は裏山に埋めに逝ったりしたらしいが、
今は火葬場まで持って逝くって、助産婦さんが逝ってました

19 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:29 ID:YFTWNcol
>>17
未然に防げるかなあ。
私は最後の最後で帝王切開になったよ。
もし大昔だったら死んでたんだろーなと思う。

20 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:30 ID:zheLEHeX
明日だっけ?
確か8時から自宅出産のテレビやるよね。


21 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:31 ID:RX7Mk7aX
じ・・・実は自宅で産んじゃいました・・・。

22 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:34 ID:/16oS4wD
>>20
素人(マスコミ)が下手に煽るのも、問題あり。

23 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:34 ID:74KgOtdk
>21
最初から自宅出産の予定だったの?

24 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:37 ID:RX7Mk7aX
>>23
上二人が総合病院で産みました。
途中まで総合病院で産むつもりでしたが
私が入院中上二人の面倒を見れる人がいないので
やむを得ず自宅出産と言う形を取りました。
きっとこれが初産だったら恐くてやってないと思います。

25 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:40 ID:15Zi+vL4
>22
確かにね。
マスコミはイイとこ編集だもんね。
多分どんな不具合があっても
感動大作に仕上げてくるよ。
とりあえずテレビは見るが。

26 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:42 ID:YFTWNcol
>>24
助産婦さんついてたんですか?

27 : ◆RUruDO2M :02/06/10 23:42 ID:4NFv/jjB
>>24
へその緒とか、ダンナが切ってくれたの? ワクワク

28 :24:02/06/10 23:47 ID:RX7Mk7aX
ええと、助産婦さんは区役所に電話して見つけました。
確か8ヶ月くらいから家に来て検診してもらい
それまでは病院に行ってエコーやら内診やらやってもらってました。

残念ながらへその緒は助産婦さんが切ってくれました。


29 : ◆RUruDO2M :02/06/10 23:51 ID:4NFv/jjB
分娩費用は、いくらぐらいだったの?助産婦さんに払った。

家族にかこまれての出産?上の子達とか。>>24

質問ばっかりでスマソ。

30 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:56 ID:1j9nMcMF
>>28
>残念ながらへその緒は助産婦さんが切ってくれました。

残念ながら・・と言っているけど、臍帯結紮・切離を慣れていない人にやらせたら
とんでもない事になる。
結紮が不十分だと、臍帯動脈から児血が大量に吹き出し、あっという間に
失血性のショックをおこします。
また、やたらと強すぎても、臍帯が断裂をおこし大変な事になる。
不潔な臍帯だと、児にとって感染源になりやすく、
全て無菌の清潔操作で行う必要があります。
やむを得ず、病院外で産んでしまったような時を除いて、
慣れない人は手を出さない方がよいと思います。


31 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:03 ID:8AJQkS/s
自宅出産するなら、ダンナか子供に切らせたいな。へその緒。
助産婦サンが結紮して、渡された鋏でチョキなら大丈夫でしょ。
切った後の処理は助産婦サンに任せてさ。
チョキだけ身内にやってもらうのもダメ?>>30


32 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:06 ID:Ep8KlmkS
>31
チョキって。アータ。

33 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:07 ID:8AJQkS/s
ザクッ?>32

34 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:12 ID:Y0EUDTnT
>>31
医療行為にあたるので、現法では難しいと思うが・・・

法律を無視して、どうしてもやりたいという場合には、
まず、滅菌操作という手技をマスターしてもらう必要があるでしょう。
清潔・不潔の概念の理解、手洗いの手技・滅菌手袋の着用方法など。
習得してもらう事が多数あります。
単に『へそを切りたい』という気持ちだけで、この様な煩雑な事をトレーニング
する忍耐力の持ち主というのは、滅多にいないと思うけどな。


35 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:12 ID:/hXhUdZr
医者で産んだけど、臍の緒、一人の時は血がダメだからという理由で
旦那リタイア。止めるまもなく医者がチョキン。
二人目、絶対自分で切る〜っ!と思っていたら、旦那が切った。
くそぅ・・・。切ってみたかった。
一人の時が悔やまれる・・・。

すれ違いスマソ。

36 :28:02/06/11 00:13 ID:3+exVvvI
>>29
トータルで30万くらいでした。
今から5年前の話です。
上の子はお友達の家に行っていていませんでした
真ん中の子供と夫が見届けていてくれ
子供は「ママー大丈夫ー?」と不安顔。
病院だと仰向けで出産ですが、
一番楽な姿勢をとって良いよと言われ
四つんばいで出産しました。
夫が椅子に座り、おっとの膝小僧をヌアー!!と
握り締めていきんでました。


37 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:14 ID:te6hT94/
へその緒切るのって、立会い出産ができる産婦人科ではよくあることなんじゃない?
法律違反だったの・・・。
うちの旦那、3人切ってるよ(藁


38 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:15 ID:8AJQkS/s
>>34
ほらぁ、>>35サンは切ってもらってるじゃないかー。
お医者とか助産婦サンが一緒にいるなら、そんな仰々しいことじゃ
ないよね?


39 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:17 ID:2RRKx7PJ
四つんばいで出産・・・動物みたい。
尻のほうから見せてほしい!

40 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:20 ID:fI7JsnHq
>>38
>そんな仰々しいことじゃないよね?

恐さを知らない人の発言ですね。
臍帯のトラブルに関して、いろんなケース(死亡例も含む)を見てきた人から
すれば、とても重要な行為なんだけどな。

41 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:22 ID:AtGyqcds
大家族スペシャルで自宅出産やってたよね。
ヤンママがトイレで産んで旦那が取り上げへその緒がついたまま
記念撮影。
へその緒も旦那が切ったって言ってたな・・。
感動したというよりもびっくりしただけだった。

42 :35:02/06/11 00:22 ID:/hXhUdZr
>>38
医者だとちょっと違うかも。
分娩室は清潔にされているし、履き物も入り口で外と中は分けられているし。
限られた人しか入れないし・・・。
風邪引いている場合は入室禁止だったから。

43 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:23 ID:fI7JsnHq
>>41
徳光のコメントが間抜けだった。
もっと、批判しろよ。

44 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:24 ID:8AJQkS/s
四つんばいで出産!? いいなぁ、憧れ。
一番楽な出産でした? 経産婦だから、楽は楽だろうけど
気分的に最高(・∀・)!でした?>>36

あー、もう質問ばっかり・・・・


45 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:26 ID:8AJQkS/s
>>40
じゃ、>>37サンの産院は? 危険なことやらせてるってこと?

46 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:27 ID:7u9ozSjA
>>35>>42
『医者で産んだけど』、『医者だとちょっと違うかも』
  ↓
違うだろ、
『医院で産んだけど』、『医院だとちょっと違うかも』だろ。


47 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:29 ID:7u9ozSjA
>>45

結果オーライってことか?

48 :35:02/06/11 00:31 ID:/hXhUdZr
>>46
細かいねぇ・・。

49 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:31 ID:8AJQkS/s
>>47
へ? 医者や助産婦が立ち会う中で
身内がチョキした結果のトラブルってそんなに多いん?

50 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:34 ID:7u9ozSjA
身内がチョキした結果のトラブルが多いという訳ではないが、
出産時の臍帯の処置はとても重要な事であり、気軽に
『お父さんどうぞ』というのは考えてしまうな。
結果が良ければ、全て許されるのかな???


51 :36:02/06/11 00:36 ID:3+exVvvI
>>44
まだいきんじゃダメよー!って状態あるじゃないですか
子宮口全開まで待てってやつですね。
病院だったらひたすら呼吸法で我慢って感じでしたが
お風呂に入っていきみを逃がしてました。
コレがまた良いんです。
水中出産が楽だって意味が分かりましたね。


52 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:36 ID:RCO6yHDE
じゃあ産院でそういうのを身内にさせてるところはどうなるの?

53 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:41 ID:8AJQkS/s
ダンナや子供がする「へその緒チョキ」ってすごい記念だと思うんだけどなぁ。
目立ったトラブルが無いなら、是非やってもらいたい。
今までの出産、立会いとかそういう機会が無かったもんで。
胎児が生きるか死ぬかの問題だったら
ダンナがいくら切るって言っても「あほか やめて」になるけど。

54 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:42 ID:Wi03mCvP
>>52

さあ〜?
どうなんだろうね。

55 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:43 ID:Wi03mCvP
>>51

大丈夫?レジオネラ。

56 : ◆RUruDO2M :02/06/11 00:46 ID:8AJQkS/s
あ、全開まで待つときも楽なんだ・・・ 
病院だったら、仰向けになって点滴打たれてだもんね。
水中出産の経験も無い。

よし、もし「10年後にもう1人産むぞ計画」が実現するなら
絶対、自宅出産&水中出産 するぞ! キメッ
ダンナか子供にチョキさせるぞ! キメッ

>>36サン、ありがとう。参考になりました!

57 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:48 ID:KtBGdO0p
うちも旦那がヘソの緒を切ったよ。
助産婦さんの指導でね。

58 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:51 ID:Wi03mCvP
>>56
参考までに
 ↓
http://www.naoru.com/rejionera.htm
http://www.reborn.ne.jp/miyake/kaigyou/%82Vsuichuu.htm

59 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:56 ID:Wi03mCvP
これの言っている事が正しいと思う
  ↓
http://www.gunma.med.or.jp/takasaki/health/health_topics.html

60 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:57 ID:LZYkqkKC
私のだんなもへその緒切ったよ。自宅出産だったんだけど。
助産婦さんに「かあちゃんとこどもを分つんだから
とうちゃんとして責任持って切ってね」とか言われて。
なんか、変わったハサミにビーズみたいなのつけてたような。
そのビーズが出血とか防いでくれてたみたい。


61 :名無しの心子知らず:02/06/11 01:02 ID:Wi03mCvP
へそ切り自慢をするスレはこちらで、よろしいですか?

62 :名無しの心子知らず:02/06/11 01:04 ID:RCO6yHDE
はい、よろしいかと(w

63 :名無しの心子知らず:02/06/11 01:04 ID:Wi03mCvP
みんな、影でいろんな事やってるんだね。
生存競争の一環かしら。

64 :名無しの心子知らず:02/06/11 01:07 ID:E2/TBa5E
昔、臍帯ヘルニア(小さいやつだが)を腸管ごとチョキンした奴がいたな。

65 :名無しの心子知らず:02/06/11 01:51 ID:aXBna+Jl
<警告>助産婦・助産院における自然分娩の実態
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1010752283/l50

重複です。今からでも上記スレに合流してくださいませんか?
せっかくの情報が散逸するのはもったいないことです。

66 :名無しの心子知らず:02/06/11 08:42 ID:OaXr24VR
>>65
スレタイが違うじゃないか。
向こうは助産院での分娩の事で、
こっちは自宅分娩。

67 :名無しの心子知らず:02/06/11 09:21 ID:v63BWWzE
自宅で生みたい奴は生んで、生みたくない奴は生まなきゃ良い、それで良いじゃん。

68 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:16 ID:n62/wrde
>67
それを言っちゃあオシマイYO。

69 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:39 ID:OaXr24VR
>>67
確かに自宅で産むか否かを決定するのは、本人の自由かもしれない。
でも、不測の事態に対応できない事がわかっていながら、
自宅分娩を選択する人達はどのような考えなのか知りたい。
スレタイにもあるように、自然の形の分娩で生存できない子供には、
生存する権利がないと考えているのか、ただ単に無知なのか。


70 :名無しの心子知らず:02/06/11 11:40 ID:GnMS96fz
私も自宅で出産しました。(第2子)
不測の事態も、色々考えました。
いっぱい体力もつけました。貧血に陥らないよう食事も気を使い。
自己管理、はっきり言って大変でした。自己責任です。

今となってはどこで生まれようが元気な子供ならいいじゃないか。と
無責任な考えも。
病院でも、自宅でも、出産にはリスクがつきもの。
女と生まれて子供生む以上、命がけ、覚悟がいる。。。。。
だから、そこんとこ世のお父さんわかって欲しいよ。

71 :名無しの心子知らず:02/06/11 11:51 ID:v63BWWzE
私も自宅で生んだ。
リスクは考えたよ、もちろん。
病院で生めばリスクは減らせるかもしれない、でもゼロにはならない。
だったら私は自宅でって感じだったかな。
リスクを減らすように努力した。
体重も7キロしか増やさなかったし、貧血もなかった。
食生活には一番気をつけた。
おかげで裂傷にもならず、産後の回復は良かった。
たまたま、と言われればそうかもしれない。
結果オーライかもしれない。
でも、それでいいんだと思う。
不安もゼロでは無かった。
けれどそれは、出産する人なら誰でも考える程度のことだったと思う。
無事に生まれてくるのか?という漠然とした・・・。
それが、自宅分娩だから、というわけではなかった。

自宅分娩を叩く人、なぜ他人のことなのに、そんなに叩きたがるのか、謎。

72 :名無しの心子知らず:02/06/11 12:15 ID:Hum3YvBI
>71
あなたみたいな人が100人いたら、1人ぐらいの確率で児はなくなるか重篤な
障害も持つことになります。あくまで確率論ですが。
これが病院なら数万人に1人ぐらいです(今の日本の周産期医療のレベルでは)
もちろんリスクは0ではありません、あなたのゆうとおり


73 :名無しの心子知らず:02/06/11 12:40 ID:v63BWWzE
>>72
71です。
あなたの言うとおりだと思う。
ただ、自分は大丈夫と信じたかったし、信じた。
そして、たまたま上手くいった。
たまたま、だと本当に思う。
だから他人には勧めない。
感想を聞かれたら「良かった。」と答えるし、本当にそう思ってる。
けれど自分から「自宅は良かったからあなたも自宅でどう?」なんてことは言わない。
病院で出産するのが悪い事とも、不自然な事とも思わない。
自宅出産が病院での出産より優れているとも思わない。
すべては結果論だとさえ思っている。
どこで生まれようが無事ならOK。
実際は、自宅で何かあった場合は「自宅だったがために」となるのだろうけれど。
病院での出産と病院外(自宅、助産院など)での出産の事故の割合が、現在は1:100くらいだろうか。
(この数字は私の推測です。)
それが1:1に近づく事を願うし、そうすれば出産場所の選択の幅も広がる。
たかが出産場所、されど出産場所、と思う。

74 :名無しの心子知らず:02/06/11 12:49 ID:TNJVnpl2

今晩のテレビ「イマジン」の宣伝スレですか?

75 :名無しの心子知らず:02/06/11 12:56 ID:xK0vgygN
2000年の施設別・場所別出生割合は
病院51.1%、診療所48.1%、助産所0.7%、
以上の施設3つあわせて99.8%。
自宅とその他をあわせたのが0.2%でした。

参考までに。

76 :69:02/06/11 13:00 ID:OaXr24VR
>>71
病院でなくて、なぜ自宅を選んだのですか?
リスクの事などを考慮した上で、自宅を選択した理由は何ですか?

77 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:03 ID:OaXr24VR
>>71
>自宅分娩を叩く人、なぜ他人のことなのに、そんなに叩きたがるのか、謎。

尻拭いをする立場にいるから。

78 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:07 ID:OaXr24VR
>>75

0.2%というのは低い数値のように見えるが、病院・診療所外分娩の2割近くが
自宅分娩という事になる。
そのうち、計画的に自宅分娩をした人達がどのくらい含まれているかは
わからないが。

79 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:12 ID:AEdQdjHu
>77

もしかして同業者ですか?(ワラ
当方も尻拭い的な仕事をしております。
この間は自宅分娩で、頭が出たままの状態でSTOPしてしまった
肩甲難産の症例を受けました・・・。
母胎搬送後何とか娩出したものの児はもちろんCP確定。
何とも虚しさの残る症例でしたねぇ・・・。


80 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:15 ID:QJm+ZPAi
正直、知り合いだったら「そうなんだ〜。よかったわね〜。」と言うけど、
ここは匿名掲示板だから、本音を書かせてもらえば、
「よくまあ子供の命でロシアンルーレットをやる気になるなあ」と思う。
病院の何十倍ものリスクを【選択して】おかす理由を聞いてみたいです。

81 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:16 ID:OaXr24VR
>>79
>もしかして同業者ですか?

YES

この時間に2chをしてるって事は、病院のLANを有効活用しているって事ですね。お互い。



82 :71:02/06/11 13:24 ID:v63BWWzE
>>76
簡単に言えば、病院では生みたくなかったから。
分娩台が嫌だったし、自分の最低限の希望(夫の立ち会い、母子同室、浣腸&剃毛&導尿は無し)が通る病院は近くには無かった。
そして、もともとの性格で、自分のことはできるだけ自分で、と思っていたから。
産後もできるだけ人に頼りたくなかった。
たったそれだけの理由で?と思われるかもしれない。
でも私には重要なことだった。
医者にも大丈夫と言われたし、夫の了承も得た。
自己管理は徹底したし、ベストな状態で出産できたと思う。
自分は大丈夫と言う自信もあった。
それは根拠のないものであり、過信かもしれない。
ハイリスクハイリターン、それが自宅出産だろう。
私が自宅出産で得たものはきっと、大きかったと思う。
自宅出産を選択する人は、きっと変人が多いのだと思う。
ただ、変=間違いでは無いと信じたい。

>>77
尻拭いをする立場?
週産期医療に従事していらっしゃる?
だとしても、ここで叩くのは筋違いかと。

83 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:25 ID:AEdQdjHu
>>81

ですな。
まぁ自宅で産むなど危険極まりない行為が減るように
日々祈るだけですわ。

自宅で生むことに拘り、我が子がCPなんぞになるなんて
全く持って理解出来ない今日この頃。

84 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:32 ID:AEdQdjHu
>>82

>だとしても、ここで叩くのは筋違いかと。

叩きたくなるような現実と向き合ってるから言うんですわ。
貴方のように大変上手くコトが進むんであれば私達も何も言わないですよ。
時間的ロスを無視し、どうしようもない状況になって”助けて下さい!”と
病院に担ぎ込まれても為す術がない。
貴方の知らないところで悲惨な自宅分娩が展開されてるんですわ。






85 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:38 ID:OaXr24VR
>>84
その通り。

86 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:43 ID:UjRcNDh2
>71
自分が上手く行ったからって、人には勧めないでしょう?
何があるのか分からないんだし。貴方は得る物があったんだとしても、全員が
そうとは限らない。

87 :叙位:02/06/11 13:49 ID:iff/JUsW
飛び入り
>79,81
英国などの現状はどうお考えでしょう?
私はGYN/OBではないので
自宅出産に関しては反対派でも賛成派でもないですが

88 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:53 ID:GnMS96fz
医療従事者がご自分の仕事を『尻拭い』のお仕事と申すのはいかがか?
命を救う尊いお仕事なのですから、誇りを持ってお勤めを果たせば良い事では。

71さんも、自宅出産を勧めているわけじゃなし。
CPって何ですか?

89 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:57 ID:OaXr24VR
>>88
きれい事ばかり言ってられない現実が存在してるんですよ。
CPとは『脳性麻痺』の事。

90 :叙位:02/06/11 13:58 ID:Hb1laZIW
>88
「助産婦の」尻拭いと言う意味だとオモワレ
妊婦を責めているんではないと...思うが

91 :81:02/06/11 14:00 ID:OaXr24VR
>>87
英国の現状について、私は詳しくありません。
宜しかったら、詳しく教えて頂けますか。

92 :叙位:02/06/11 14:05 ID:Hb1laZIW
英国では自宅分娩も結構な割合で行われているそうです
医療保険の問題もあるかと思いますが..
知り合いの助産師が(90も正しくは助産「師」ですね)
この前研修に行っていました

93 :叙位:02/06/11 14:10 ID:IxOHFxJW
実際のところ
リスクのある妊婦を見抜けないレベルの助産師が
堂々と開業しているところに日本の問題があるのではないのかと
私は考えます
病院と密に連携した助産師による自宅出産なら良いとは思いませんか?>91

94 :名無しの心子知らず:02/06/11 14:17 ID:Hum3YvBI
>93
確かにそうだと思います。(91ではありませんが)
ただ、こちら(病院側)の了承を得ずに母体搬送する助産院もあります。
こういうとこは非常に困ります。ただでさえNICUは不足しているのに。
うちは正当な理由がないと断りませんが、助産院からの搬送依頼といっただけで
断る病院もありますので、93のいうようなことは夢のまた夢だと思います。

95 :名無しの心子知らず:02/06/11 14:21 ID:xK0vgygN
助産所は開業時に提携後方病院を確保しておくものだと思っていたが
そうでもないの?

まあ実際には提携してる医師も、近所のヨボ医が貸してるだけっていうのも聞いたことはあるが。

96 :95:02/06/11 14:22 ID:xK0vgygN
貸してるってのは、名前を貸してるって事。
書き忘れスマソ。

97 :叙位:02/06/11 14:33 ID:srjkYrHR
>94
そうなのでしょうか?
私の知っている助産師のところでは
妊健中からNICUのある病院にカルテを作っておくことを
義務付けていました
(まあその病院から開業した助産師さんだったからだと思うのですが)
外来でもDrとの連携もかなり良かったのですが...

ということは巷には病院と連携も取れていない助産院も
数多くあるという認識でいいでしょうか?

98 :名無しの心子知らず:02/06/11 14:36 ID:pvAaUl8d
三人目を、自宅出産してみたいと思っていたけど、
なんだか、怖くなった。
一人目は陣痛微弱で促進剤投与の上とどめに腹押し。
二人目は頭でかすぎて吸引分娩。
そりゃあイマドキの自然で感動的な家族が見守る中の出産にも憧れるけれど
自己満足の為に、自分はともかく子供の命を危険にさらせない。
テレビでは、失敗しちゃったケースは、絶対出さないだろうし。

でも、あの分娩台だけは、なんとかならないものか。
仰向けでいきむのは、人間として不自然な姿勢だと思うなあ。
お医者さんにとっては仕事しやすいだろうけれど。

99 :名無しの心子知らず:02/06/11 14:38 ID:4B+Ve1UM
今まで産院で何ら問題がなかった人ならともかく
何故困難続きなのにわざわざ自宅出産を希望したのか
その心理は?

100 :名無しの心子知らず:02/06/11 14:42 ID:ZLygzLKr
今日自宅出産の番組あるよね。「イマジン」だっけ?

101 :71=82:02/06/11 14:42 ID:v63BWWzE
>>93->>94
私の場合、病院と密に連携した自宅出産だったと思います。
後期の血液検査、超音波検査の時、自宅出産を希望しているけれど、不測の事態の時はお世話になりたいと、病院に告げました。
お世話になっていた助産師さんにそうしておいた方が安心だと言われたからです。
検査時には助産師さんも付き添ってくれて、担当医に説明してくれました。
事前に電話で確認を取ったのですが、94さんの言うとおり、断られた病院もありました。
紹介がないと駄目だと言われました。
最寄りの総合病院だったので残念でしたが、次に近い総合病院では快い返事をいただけました。
病院も、簡単に責任転嫁されるようで嫌なのでしょう・・・。
やはり夢のまた夢、なのでしょうね・・・。

102 :94:02/06/11 14:46 ID:Hum3YvBI
>97
私の知識不足です
NICUを備えたところでも助産院と提携しているところもあるんですね


103 :叙位:02/06/11 15:06 ID:DBFUDYH0
>102
ん〜私の知っている助産師が
かなりめずらしい方なんでしょうか?...
ちなみに都内御三家と言われる産婦人科です(総合病院)

逆に,産婦人科側としては開業助産師を
非常勤なり嘱託なりにして
妊婦も妊健含め面倒をみてしまってコントロールした方が
よいのではないでしょうか
少なくとも病院側が全く知らない緊急の飛び込みという事態は
避けられるのでは?

104 :98:02/06/11 15:18 ID:pvAaUl8d
>>99
「自然なお産」をした友人が言うには、微弱陣痛でも促進剤は使わないで出産できるとか
児頭骨盤不適合でも「自然なお産」なら時間をかけて赤ちゃんを無事産むことができるとか
ほとんどシューキョーじみた説明をしてくれたので。
ちょっとした気の迷いです。
冷静に考えれば、たまたまその友人がトラブってなかっただけなんだよね。


105 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:25 ID:xK0vgygN
>104(98)さんの友人に
どうやったらCPDでも無事にお産ができるのか聞いてみたい…。
骨盤割れるのかな。


106 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:26 ID:AFXZOUPP
>>103

そうなると助産師が開業する意味合いがなくなって来るでしょうね。
ここで海外の開業助産師を引き合いに出してみても、助産師養成課程からして
日本と外国では全然違いますよ。
資格内容からして全く違うと言っていい。
日本の助産師養成期間はたったの一年間。
しかも扱っていいのは正常な妊娠経過・正常分娩だけです。
オランダなどでは確か医師並みの養成期間を設けていたと思います。(不確かですが)
薬物使用や縫合などの医療行為も認められている。
いざと言う時のカードを色々と持ち合わせているんです。
それがない日本の場合は、助産師だけで分娩するってかなりの勇気が必要と考えます。
昔のように”一人目は道を作る”から死産は当たり前って御時世なら問題ないですけどね。
OB/GYNの訴訟率をご存知でしょう?
NICUの慢性的なベッド数・小児科医の絶対的不足・・・。
リスクが高い自宅分娩を嫌がる産婦人科医・小児科医は多いと思います。
やはりCPで苦しむ子供達を診ているからこそだと思いますがね。
やるのなら助産師の育成方法・期間を練り直すべきだと思いますよ。



107 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:30 ID:AFXZOUPP
>105

恥骨離開かもしれません。
その前にbabyがOUTだと思いますが。
自然分娩=元気なbabyって事ではないですからねぇ。

108 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:36 ID:4B+Ve1UM
>104
お返事ありがとうございます。
お子さんがまだ幼いので出産で家を離れるのが心配なのかと思っていましたが
そうではなかったのですね。
ご友人の件ですが・・・シューキョーは想像力の欠如からなるものだと思いました。

専門家の方々>
専門用語バリバリで、何が何だかサッパリです。
NICUしか判らないよー
無知な生き物なので判りやすい言葉で、ご説明いただけると幸いです。

109 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:39 ID:xK0vgygN
実際現場に携わっている方にお聞きしたいんですが、
やはり助産所や自宅出産のほうがCP等の発生リスクは高いんですよね?
言わずもがな、でしょうか。

私は今、統計資料から
医療施設での出産と助産所や自宅での出産の違いを見る研究をしてるんですけど、
そのリスクの差は感覚では分かるけれど、実際の統計上には現れてこなくて。
施設別の死産率などの統計はありますが
病院では元々ハイリスク妊娠を扱っている率が他施設より多いこともあって
単純には比較できないのです。
分娩時のトラブルの統計ってないでしょうか。


110 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:41 ID:buiDz6Ww
私もお願いします。<専門家の方々
CPDは児頭骨盤不適合?
OB/GYNの訴訟率って何でしょう?

不勉強で申し訳ないですが、教えていただけますと幸いです。

111 :105(109も):02/06/11 15:46 ID:xK0vgygN
>107さん
レスありがとうございます。
恥骨離解するまで待つのかな…痛そう…。

>108さん、ごめんなさい
私が使ったCPDは児頭骨盤不適合です。
私実は日本語のほうは覚えてなかったですw


112 :叙位:02/06/11 15:46 ID:TXpTHG2X
>そうなると助産師が開業する意味合いがなくなって来るでしょうね。
なるほど,確かにそうですね
病院助産婦とあまり変わりがないですね(藁)

>オランダなどでは確か医師並みの養成期間を設けていたと思います。(不確かですが)
>薬物使用や縫合などの医療行為も認められている
そうでした,私もそこを失念していました,日本の助産師は会陰切開すら
できませんからね(だからそれが砦になったりする変な状況も存在するわけですが)
まあ会陰切開の是非はともかくとして..

>OB/GYNの訴訟率をご存知でしょう?
そうですねしかしやはり他山の石の感覚でした(私内科ですが)
実際,どのくらい経験するものなのでしょうか?
私の周囲では幸いにも聞いたことがないのですが

>やるのなら助産師の育成方法・期間を練り直すべきだと思いますよ。
なるほど
ただ日本では最近助産師の権限を縮小しようとする動きになっている
様ですね(これは又聞きですので間違っていたらスマソ)






113 :叙位:02/06/11 15:50 ID:TXpTHG2X
OB/GYN=obstetrics and gynecology(産婦人科)


114 :しつ:02/06/11 15:53 ID:4B+Ve1UM
ここは育児板なので、専門用語を使われても判らないです。
もしも自宅出産の危険性についての啓蒙が目的ならば、
判りやすい言葉でお願いします。

専門家同士でお話しされたいなら医者板の方が適当かと思います。

115 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:55 ID:AFXZOUPP
>>109

厳密な意味での「施設別死産率」などは難しいと思いますね。
助産院や個人病院は、そうなる前に大きな病院へと搬送して来ますから、
どうしたって統計上は総合病院等が高確率になる訳です。

>>110

OB/GYの訴訟率=産婦人科の訴訟率、です。


116 :叙位@産後3w:02/06/11 15:57 ID:+AAoXcd1
>114
すんまそーん
以後気をつけますです

117 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:59 ID:AFXZOUPP
>>114

それは申し訳ないです。
出来る限り専門用語は使っていなかったつもりなのですが・・・。
専門家の話は必要ないですかね
理想ばかりではなく、自宅分娩の裏事情なんか役に立つと思ったのですが。
キレイ事しか伝わらないものですから、それをちょっと苦慮しただけなんですよ。
逝ってよし、ですね。
それではレスは控えるようにします。

118 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:59 ID:OaXr24VR
>>109
通常の統計を解析して結論を導きだすのは、困難でしょう。
病院分娩と自宅分娩ではnが大きく違う事、
病院ではもともと扱っているハイリスクが多い事があげられます。
また、児の予後評価の手段を統一させるのが難しく、
バイアスがかかる可能性が高いでしょう。
一つの手段として、週数・体重・母体年齢・分娩方法・母体の経済レベルなどを
マッチさせたprospective studyを行うという方法があるでしょう。
分娩時に症例登録をして、1歳とか3歳時に同一の医師が二重盲検で
神経学的な評価をするという方法です。
当然、NICUに入院を要した児も同等に統計解析に含めます。
どうでしょうか?


119 :叙位:02/06/11 16:02 ID:+AAoXcd1
112=113=116
ですが
他科の話はためになります
>逝って良しなんて言いませんから
>117先生どうかよろしく

120 :叙位:02/06/11 16:07 ID:+AAoXcd1
>118
n=統計の母集団
prospective study=前向き研究


121 :109:02/06/11 16:08 ID:xK0vgygN
>115さんレスありがとうございます。

ところで叙位さんは産後だったんですね。お疲れ様でした。
私も元叙位で、助産師に知り合いはいます(と言っても1・2人)
その方たちはしっかりした病院と連携している開業助産師で、
人間的にも(ていう言い方は変かな)素敵な人たちですが、
やっぱり助産所や自宅で生もうという気にはなれないなあ。
ちなみに私、2人目妊娠中です。


122 :叙位:02/06/11 16:10 ID:Hlsili3G
>118
良いスタディだと思いますが
助産院からエントリーするところがあるかどうか....

123 :叙位:02/06/11 16:14 ID:Hlsili3G
>121先生
私は一人目です
自分がその立場に(妊婦の)なってみると
いろいろと勉強になりますね
健やかなお子さんが生まれますようお祈りします

124 :109:02/06/11 16:18 ID:xK0vgygN
>118さん(先生?)ありがとうございます。
今、あるNICUに協力してもらって何かStudyしようかと考慮中なんですけど、
prospectiveはお金と時間がかかるからどうかな−と…。
でもそうでもしないときれいなデータは得られそうにないですね。
症例数が少ないし、私は小児科専門ではないので評価の面でも
難しいかもしれないですけど考えてみます。
ありがとうございました。
ところで、盲検法というのは差別的な意味を含むのだそうで
今は目隠し法(masked study)と言うそうです。

専門的な話ばかりしてすみません。もう逝ってきます。

125 :名無しの心子知らず:02/06/11 16:18 ID:COtuRLgC
>>114

余計なこと言わないでよ〜!
ここの先生方は分かりやすく言ってくれてる方だよ。
専門用語だって聞けば親切に教えてくれてるじゃん(汗
貴重な意見を聞けるチャンスを潰さないでくれ〜!
生む側だけの意見じゃ参考にならないんだから!


126 :名無しの心子知らず:02/06/11 16:27 ID:buiDz6Ww
>>113 >>115
ありがとうございます。

>>116
関係ないので申し訳ないのですが、産後3wでネットして目疲れないですか?
私はものすごく目に来てしまって、本を読むのも辛かったので。
お身体にはお気をつけくださいね。

127 :名無しの心子知らず:02/06/11 17:47 ID:OaXr24VR
>>121
『元叙位?』
『元?』
今は男って事?





これはどうも失礼しました〜〜

128 :名無しの心子知らず:02/06/11 18:17 ID:GnMS96fz
つまり自然分娩や自宅出産を「感動、命の誕生の瞬間」
なぁんて安易に歌い上げてるテレビやマスコミがいけないってことでいいですか?

その裏にはうまく出産に到らず病院へ搬送された人も沢山いると
事実を放映すればいいのかな?

129 :名無しの心子知らず:02/06/11 18:19 ID:F21KBr6n
>128
おっしゃるとおりで

130 :片腹痛い:02/06/11 18:34 ID:LHGbnx5v

なんか上の方で「自分のことは自分で」したいから自宅分娩にした。
なんて事をいってるひとがいますが、
彼女はベビーが発熱したらどうするんでしょうか。

だいたい周産期にどんなリスクがあるかもわかっていない人たちが
なにを「選択」するのでしょうか。

131 :名無しの心子知らず:02/06/11 18:37 ID:OaXr24VR
>>128
話はそれるけど、2000年の正月番組で産婦人科医院で出生の瞬間を生中継していて、
重症仮死児の出生の瞬間が全国にオンエアされて話題になった事があったっけ。
生なので編集ができずに困っただろうね。
仮死産がどういうものかは、当事者にならないとピンと来ないと思いますが、
中にはそういうお産もあるという事を頭の隅に置いといてもいいんじゃないかな。
だからといって、妊婦に必要以上の恐怖心を抱かせる必要はありませんが、
最近、自宅分娩・自然分娩がマスコミにより、美化されて
放送されている傾向にあるので、『裏の世界』を紹介するような
番組も作ってみてもいいのでは。


132 :128:02/06/11 18:41 ID:GnMS96fz
>131その子供は今どうしているんでしょう?
そういえば、私2000年の1月2日に出産しました。。。(現在2歳5ヶ月)

133 :名無しの心子知らず:02/06/11 18:47 ID:iahPGTq/
私は一人目は総合病院で産んだ
近かったからというのもあったが
やっぱり、小児科もあってなにかあってもすぐに対応できるって言うのが
一番心強かった
二人目出来ても総合病院の産科で産みたいと思う

自宅分娩の人の話を聞いてると、
申し訳ないが、自分がどうしたかったという話しか出てこない気がする
私は自分がどうしたいかではなく、
子供が出来るだけ安全に生まれてくることを願う
例えば剃毛や会陰切開、導尿なんて私だって出来ればされたくないけど
でも、それでもどうでもいいことです


134 :新生児科医10年目:02/06/11 19:17 ID:OaXr24VR
私の妻がお産をする時は、私が最も信頼のおける先生にお願いしました。
何回かその病院で病的新生児の分娩立会いをして、その先生の人となりが
わかっていたという事もありましたが、なによりも日常の診療内容がしっかり
しているという点で選びました。
その病院は築20年以上の古い建物で、入院食といえば・・・
おやつは食パン一枚とバナナ1/2本。
さすがに、食事については可愛そうだと思いましたが、
でも、しっかりと診てくれたし、報告もしてくれました。
女房も食事以外は満足だった様です。

最近はどこの産院もアメニティーに気を使っているようですが、
お産に大切な事って何か、今一度考え直す必要があるのではないでしょうか。
リムジンの送迎とか、畳の上の出産とか、シェフの料理がそんなに大切ですか?
モニターの電子音、分娩台が嫌いという人もいる様ですが、
一生そこに座ってろと言っている訳ではない。せいぜい長くても2〜3時間じゃないの。

父親からすれば、一番大切なのは妻と子供の無事、
母親からすれば子供の無事でしょ。普通は。
自己満足のためだけに子供をあえて危険にさらす事は、親として絶対に
やってはならない事です。

135 :名無しの心子知らず:02/06/11 20:18 ID:sVJLYxYC
今テレビでやってるね

136 :名無しの心子知らず:02/06/11 20:46 ID:OaXr24VR
『イマジン』観たけど、
危険をしっかりと予測すれば危険ではない、とコメントしていたけど、
予測できない危険がたくさんある事を認識する必要があるよね。

新生児一過性多呼吸・早発型肺炎敗血症・高ビリルビン血症はそれ程珍しくない
疾患だが、その早期発見・早期治療はどのような方法で行っているのだろうか。
不思議である。
アメリカでは医療費が高いので、分娩翌日とかに退院しているが、
日本ではまず見なくなった核黄疸の発症が未だに後を断たないらしい。

137 :名無しの心子知らず:02/06/11 20:50 ID:v63BWWzE
>>136
それは助産師も産婦も認識しているはず。
していないのはDQNかと。
自宅出産を選択する時点でDQNと言われそうですが。


138 :名無しの心子知らず:02/06/11 20:51 ID:jhJV74rF
私もみた。>イマジン

事前に予測できるってあったけど、どうなんだろう?
私がかかった医者は「ある程度予測はついてもお腹の中の事はあけない
と分からないことも多い」って言ってたけどな。
子どもの力を信じるみたいな事を言ってたけど、力のない子は淘汰され
るってことかな?自然分娩ってそこまで受け入れるってことだよね。
それより、なんか出てくる人、宗教の人ぽかったね。エ○バとか。

139 :名無しの心子知らず:02/06/11 20:53 ID:v63BWWzE
>>138
もちろん不測の事態も予測してるでしょ。
だから病院に連絡が付くようにしている。
でも、自宅出産礼賛のテレビだもの、余計なことは言わないよ。


140 :名無しの心子知らず:02/06/11 21:01 ID:iahPGTq/
予測はしてても経験はしたことなさそうだったね
取り上げたの6人だって言ってたし...
>>138の「力の無い子は淘汰」って言うの、私も思った
なにかあったときに「この子は生きていく力が足りなかった」
とか言い訳にされるのかなと...

141 :名無しの心子知らず:02/06/11 21:04 ID:bSomZAKT
イマジンに出てた若い助産婦さんの言葉
「赤ちゃんの生きる力を信じる」がすごく引っかかった。
もし赤ちゃんが弱くて死んじゃったりしたら、
「裏切られた」って思うのかな?

142 :名無しの心子知らず:02/06/11 21:10 ID:Tikmm33L
ちょっとズレるけど助産院で産んだ経験あり。
産婦人科では途中まで診察してたけど医者が流れ作業的で言葉も棒読み
「こんな人間に取り上げてもらうのって。。」と自己満足で助産院で産みました。
助産婦さんも愛情たっぷりかけて診察して頂けたし幸せな思い出が残りましたよ。

自宅出産もそういう冷たい部分が嫌っていう人多いと思う

143 :名無しの心子知らず:02/06/11 21:23 ID:q1z4UySz
別にやりたい人はやればいいんじゃない。私はやらないけど。

リラックスが一番っていうのはわかるけど、でもそれなら、
ナニかあってもここはお医者さんも助産師さんもいるって
いうほうが圧倒的にリラックスできると思うけどね。
実際私は予定日3日くらい前から入院していたいってリクエストした。
でも、出産は病気じゃないから、事前の入院も保険ききませんよ、
1日1万以上かかりますよ・・・って言われて諦めた。
結局中毒症で入院したから、希望は叶った。しかも保険もきいたし。

イヤだったのは病院じゃなくて、同室の人たちだった・・・
まあ、我慢できないほどじゃなかったけど。それだって
いよいよだったら個室にさせてもらえばいいや、と思ってたし。

結局一番ムカムカするのは、番組の作りかたってことで。

144 :名無しの心子知らず:02/06/11 21:31 ID:kM9DsSam
「いろいろ頼めない」「冷たい」みたいなこと言ってたけど
自分で信頼関係を築く努力したのかと小一(以下略)

145 :名無しの心子知らず:02/06/11 22:04 ID:OaXr24VR
真○瞳が『私もやってみようかしら』って言っていたけど、
そんな瞳ちゃんにひとこと言いたい
『お前みたいな狭骨盤がそんな事したら、ひどい目に遭うぞ』と。

146 :名無しの心子知らず:02/06/11 22:18 ID:ku/ohydF
>143
私も自分は病院で準備万端の方がリラックス出来ると思う
現に母親よりも助産婦さんに腰をさすってもらった時の方が
気持ちよくて楽になったし
事前に入院出来るといいよね 前駆陣痛で何度帰されたことか・・・

147 :名無しの心子知らず:02/06/11 22:26 ID:LvrCq0F5
出産は命かかっているもんね。
いざというとき医者がいるかいないか
設備があるかないかで
安心感って違うと思うのだが・・・。
うーむ。
自宅出産者はそういう心配はしなかったのだろうか?

148 :名無しの心子知らず:02/06/11 22:59 ID:gX7FZw/u
イマジン見たけど、自宅だといきんだりする時の
声(知らない人が聞くとエッチな)が
外に思いっきり聞こえてるよね。
なんだかねーって思った。

クソレスでした、逝きます。

149 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:13 ID:u9auFmYB
自宅ではないけど助産院と病院で産んだ経験があります
結果から言うと助産院で産んだ方が産後の体が比べものにならないほど楽でした
病院が悪いとかではなく多分分娩台のせいだと思います
でも徐々に病院でも分娩台なしのアクティブバース増えてるそうですね

150 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:38 ID:iahPGTq/
ちょっと気になったんだけど
「病院だと誘発剤打たれて...」って言ってるママさんがいた
いまどき病院ってそんなにやたらに誘発剤使う??
うちの病院は状態がいい場合は予定日後2週間までは待つって言ってたし
その他の場合でも誘発剤は
「使うリスクよりも使わないリスクのほうが大きくなった場合のみ使う」
といっていたよ??

151 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:42 ID:KT6KwoUt
>>149
分娩台でそんなに変わるものですか?
産後が楽っていうのはいいかも。
会陰切開の話ですが、
私は1人めを病院で生んで、陣痛がピークになってきたとき、
あっさり「じゃあ切りますね」って言われたんです。
今、思うと、ホントに切る必要あったのかなぁ。
助産院だと切らないみたいだから、2人目の時は
考えてみようと思う。


152 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:55 ID:LuXiHdhD
私も助産院で産んだんだがほんと産後がラク!
なんせ切らないから陣痛がなくなったら全く痛くないし。
先生や助産婦に技術が無くなってきたから今は
すぐ切られちゃうんだよ。
自宅よりは設備整ってるしでもすごく自然なお産が出来るし
ほんとおすすめです。

153 :名無しの心子知らず:02/06/12 00:04 ID:4CZc7eVO
助産院は切らないのではなく、「切れない」のです
切るのは医師しか出来ないので。
だから、危ない時も切れない。裂けるに任せるか、
病院に運び込むしかありませんよ。

ちなみにうちの病院は「必要の無い時は切りません」との言葉どおり
切ってない人もいましたし、
(切らなくて裂けてしまった人もいました)
「切らないでください」とリクエストすることも出来ました

ちなみに切らなくて裂けてしまった人は
「これなら切ったほうが楽だったなぁ」と言ってました。
この人は出来るだけ切らないでとリクエストしてたみたい。

「出来る限りきらないで」とリクエストできる病院を探すのが良いかも...


154 :名無しの心子知らず:02/06/12 00:04 ID:lkQhN3Dc
>>150
誘発剤の使い方は医者によって違う。
残念ながら、お産=誘発剤という医者も存在しているのは事実。
また、帝切の適応があっても誘発剤で頑張ってしまう医者もいる。
俺は産科ではないけど、産科全体がもっとレベルアップする必要がある。

じゃないと、妊婦がどんどん助産院か自宅分娩に逃げて行き、
犠牲者が増加してしまう可能性がある。

155 :150=153なのですが:02/06/12 00:41 ID:4CZc7eVO
と言うことは、
私はたまたま家のそばにある総合病院で出産したのですが
病院に恵まれていた、ということなのですか??

私としては、次に子供が出来てもそこで生むつもりですが

156 :片腹痛い:02/06/12 01:22 ID:IvbZVQ3d
>>133は医療関係者ではないと思うが、
助産院や自宅での分娩を推奨する人たちはこのレスをよんで
何を考えるのでしょうか。

本当の緊急事態に医者がいないということは
言葉通り致命的な事態を招きかねません。
救急車なんか来る前に死んじゃうんだよ。

個人の判断に任せてよい問題ではないと思います。

157 :名無しの心子知らず:02/06/12 01:36 ID:lkQhN3Dc
>>156

133じゃなくて143の間違いでは?

158 :片腹痛い:02/06/12 01:41 ID:IvbZVQ3d
いや、133が「普通の」母親の感覚ではないかな、と思って…

159 :名無しの心子知らず:02/06/12 01:51 ID:Jy15y/fs
>1
病院でアクティブバースが普及すれば解決?

160 :133=150=153:02/06/12 02:03 ID:4CZc7eVO
普通の主婦です

>>159に禿同

161 :名無しの心子知らず:02/06/12 03:07 ID:isOr+mOb
私も>159に一票

162 :名無しの心子知らず:02/06/12 07:43 ID:pUm2U/y1
会陰切開しないで限界まで筋肉伸ばしきっちゃうと
将来年をとってから尿漏れとかに悩まされると聞きましたが、、、


163 :名無しの心子知らず:02/06/12 07:54 ID:dVjliF3+
助産師はできることが限られている…ということですが、じゃあ、
医師が自宅分娩に取り組んでいるケースはどうなんでしょう?って言っても
日本じゃ一例ぐらいしかないようですから、コメントしづらいですかね、
専門家の皆さま。
これから、医師が往診する形での自宅分娩って、増えていくと思いますか?

164 :名無しの心子知らず:02/06/12 08:21 ID:ssGpM8GR

45年前だけど、私はこれで生れたよ。
おばあちゃんの家へ夏休みに行く度に、
自分の生れた部屋に泊まってた。

165 :94:02/06/12 09:12 ID:ktyLb0Tj
>163
産婦人科の平均年齢は50歳で、現在ものすごい産婦人科医不足です。さらに、
お産の怖さを知っている産婦人科医が自宅分娩に介入するというのはあまり考えにくいと
思います。助産婦の自宅分娩であれば、母児になにかあっても、自然分娩を希望した本人に責任がある
のであきらめもつくかと思いますが、医師がいれば、医師がいたのにとなると思います。
以上の理由から医師による自宅分娩は増えないと思います。

166 :名無しの心子知らず:02/06/12 09:24 ID:ywQSFf7g
昨日のテレビの助産婦が
「赤ちゃんが自力で産まれてくる『学び』ができてど〜のこ〜の....」
って言ってたけど、この人はルナママ一族なのね。
仮に事故で死んでも「学び」なんだよね。この手の人にとっては。何を言っても無駄。

ニューエージっつか。胡散くせー!!

167 :名無しの心子知らず:02/06/12 09:58 ID:jZbLOBQg
>166
なんか洗脳されてるように感じた。自分も助産院で産んだけど今思うとだまされてたんだと思う。
みんなすごくいいとかいってたけど、自分は回旋異常とかで死にそうだったよ。でも頑張って!とか励まされたって出ないよ。子供は大きかったのに弱っちゃってたよ。
自分はラッキーで子供は今元気だけどあの時なんかあったらきっと運がなかったとか言われてたと思う。
やっぱりその時はじぶんも逝っちゃってたんだと思う

168 :名無しの心子知らず:02/06/12 10:05 ID:QTQ0fAGp
昨日のテレビ見たけど、助産師の笑顔が時々やってくる宗教の人の笑顔に似ていて
なんだかなーと思った。
感動的な出産より、安全な出産がいいな、あたしは。
どんなに注意していても不測の事態が起こりうるなら、「なにかあったら病院へ」
じゃなくて、最初から病院にいればいいじゃん。


169 :名無しの心子知らず:02/06/12 10:35 ID:pHnRn/5a
「なにかあったら病院へ」はいいけど、「その5分(搬送の)が命取り!」になる
可能性はあるよね。「なにか」のときには。
やはし、「信頼できる病院(小児科付き)」を探すところが、
親としての最初のお仕事ではないかと。

私が生んだところは、不自然なことは何もしないので、満月や
低気圧のときは分娩室が混みます。(笑)
ぎりぎりまでベッドで好きな格好をさせてくれるので、私は陣痛の間は
ほとんど四つん這いの格好してました。
で、分娩台に上がって3回いきんだら出たよ。

そういう病院探せ>自宅&助産院希望者。

170 :名無しの心子知らず:02/06/12 10:49 ID:yExitk+i
>134
いやはや、おっしゃるとおりです。
「自然に」という言葉を頻繁に使って
それがさぞいいこと、素晴らしいことのように言う
マスコミや、妊婦雑誌・・・
会陰切開にしても、必要あるからするんだろうし・・・
(まぁ必要なくてもする所もあるらしいが)

赤ちゃん、お母さんともに万全な体制で出産したいですよね。

171 :名無しの心子知らず:02/06/12 11:15 ID:IF+h8FL+
私は一人目は総合病院で日曜の明け方に産んだ。初産にしては分娩までの時間が短く,軽かった。
助産婦さん(当時)が医者に呼び出しの電話をかけたとき,医者は寝ぼけていたらしい。
医者が到着したときにはもう赤ん坊は産まれた後で,結局処置はほとんど助産婦さんがやってくれ,
医者は証明書を書いただけ。

二人目は公立の小規模母子医療センターで明け方産まれた。
当直医は,バイトっぽい若い兄ちゃんで,ベテランの助産婦さんたちに
あれこれ指示されながら処置していた。分娩台の上で,仰向けになるのがとても苦しいと訴えたら,
助産婦さんが「じゃあ横向き(いわゆるシムスの体位)のままでいいわよ」と言って,
そのまま取り上げてくれた(医者は見てただけ。)。お陰でとても楽なお産だった。

経過が順調で過去も安産だった人なら,医者の立会いは必ずしも必要ないのではと思う。
当然,万一に備えて医療機関と連携を取っておいたほうがいいとは思うけど。

ちなみに,今3人目で妊娠後期に入り近所のクリニックに通っているが,
とくに異常はないのに,検診(それも他院より間隔が短い)のたびに
エコーをとられるのでお金がかかることが不満。
上の子が学校に入った今となっては,出産費用はなるべく安く抑えて,
その分将来の教育費に回したほうが子どものためと思えるのだけど。
ここに来られている専門の先生方,エコーは毎回必要なものなのですか?



172 :名無しの心子知らず:02/06/12 11:25 ID:4CZc7eVO
妊娠中期以降エコー毎回なんて撮らなかったよ
(総合病院)

医療機関と連携をとっていても搬送するまでの時間が何分かかかる
この時間が怖いんです
私の生んだ総合病院は小児科が同じフロアの隣にある
すごく心強かった
あなたの一人目、二人目の出産で
もし予測できない何かが起こっていたらどうなっていたか、
考えてみればどちらが安全かは一目瞭然だと思う
私だったら助産師に処置を聞かなければ何も出来ないバイト君より
寝ぼけていてもベテランの先生が良いよ
なにかあったら寝ぼけてなんてられなくてちゃんと目がさめただろうしね


173 :名無しの心子知らず:02/06/12 11:51 ID:FMkVyuKo
「奇跡の詩人」のルナママのように最初腸がはみ出た状態の赤ちゃんを出産して、
第二子は自宅出産にするなんて絶対考えられないよね!

174 :名無しの心子知らず:02/06/12 13:12 ID:lkQhN3Dc
>>173
確かに。

175 :名無しの心子知らず:02/06/12 13:18 ID:Zb1XF48V
エコー毎回とったよ。
経膣のときは写真、お腹の上からのときはビデオ録画つきで
健診費3500円(血液検査とかない時で)、個人産院でした。

176 :新生児科医:02/06/12 13:29 ID:lkQhN3Dc
純粋に医学的な立場からすれば、エコーの間隔はあまり開けすぎないで欲しい。
胎児発育・羊水量・内蔵奇形の有無などをしっかりとチェックして欲しい。
しかし、実際には経済的な問題があったり、少ない医者で妊婦全員のエコー
を行う事が困難な場合があり、目立った異常のないケースでは省かれる事はある。


177 :名無しの心子知らず:02/06/12 13:59 ID:GeWwBVZQ
>169
私も近くに助産院がなかったから、近くにあったそういう
自然派の診療所で産んだよ。
でも、そういう病院がない地域もあるので
良心的な病院が多い地域に住んでて良かったと思ったよ。
大きな病院でも、進んだ考えしてるとこ多いしね。

会陰切開ルーチン、分娩台にはりつけ、
異常もないのにガラス張りの新生児室なんて嫌だもん。



178 :名無しの心子知らず:02/06/12 14:07 ID:hrRWC4ls
自宅で産むのはかってだけど、児に異常があって搬送されて障害が残ったからと
いって病院側を責めるのはやめてほしいな。ちゃんと病院に運ばれたのにって。
異常に気づいてからじゃ遅いんだよ。自業自得だろ。
最近自然分娩が増えたのかわからないけど、こういう人かここ半年で4人いた。その
うち2人に障害が残って文句をいわれた。ちょっとムッときた。

179 :名無しの心子知らず:02/06/12 14:21 ID:j2uSmF8S
>>171
「異常無いのにエコー撮る」って…
異常を発見するためにエコーって撮るのではないでしょうか…?
3人目の出産ともなると自分の体に自信がつくのですか?
出産費用安くしたいからってそういうのケチって
あかちゃんになんかあったら…ってこと
考えなくなってしまうんでしょうか?

180 :名無しの心子知らず:02/06/12 14:24 ID:P/q9DOlc
>やはし、「信頼できる病院(小児科付き)」を探すところが、
親としての最初のお仕事ではないかと。

()はムズかろ〜。
独立した小児科だって少ないってのに。
あたしゃ2人とも助産院だったけど、マターリしてて良かったョ。
ようは取り上げてくれるヒトとの信頼関係だと思う。

診療所だって手におえなかったら大病院に搬送だしな。

世の中全員総合病院希望していたら、ベッド数間に合わなくて
促進剤やらの計画分娩も多くなったり、
リスクの高い妊婦までしっかりケアできなかったりで
問題があるし、難しいところだよ。妊娠出産は。
(ちなみに、都内23区あるといえど、NICUがあるのはたった1桁というのはナジェ?)

オランダやらイギリスやらのように、しっかり
病院と連携が取れてるならいいのにね。

181 :名無しの心子知らず:02/06/12 14:24 ID:lkQhN3Dc
>>178
そういう人たちは、『もしかしたら自分達が自然分娩を選択したのが
悪かったのかな』っていう考えが頭の隅にはあるんだけど、
信頼する教祖さま(産婆)が『大丈夫よ〜』と言ったので、分娩には
問題がなかったのだと、自分自身に言い聞かせているのでしょう。
でも、障害児という現実を目の当たりにして、この責任を誰かに押し付けたい、
という深層心理が働いてしまう。
そこで、登場するのが小児科医という恰好のエジキ。

まっ、連中はカルトが入っているから、何を言っても無駄かもね。

182 :名無しの心子知らず:02/06/12 16:52 ID:lkQhN3Dc
人間はもともと難産の動物です。
これには科学的根拠があります。
犬や猫は放っておいても、いっぱい子供を産む事ができるのに、
人間は何故、医療の介入を必要としているんだろうって、
疑問に思った事はありませんか?

人類が進化していく過程で我々の先祖は二足歩行という移動手段を選択しました。
二足歩行をする事で、手の自由が得られ知能の発達に結びついたと考えられています。
しかし、二足歩行をする事で骨盤の形が変わり、分娩に適さない方向へと進化したのです。
医療の介入の無かった時代は一人の女性が10人くらい子供を産むことで、
種を保存してきました。
もちろん、分娩時に淘汰される人だけではなく、感染や事故などで淘汰される
人達も大勢いたと思いますが、
人類が知能というかけがえのない財産を手に入れた代償として、
難産という負の財産もついてくるようになったのです。

全ての現代人が自然分娩を選択した場合、どうなるか。
簡単に想像できますよね。
医療の介入を全て拒否した場合、かなりの割合で淘汰されてしまう
運命を人間は背負っているのではないかと思います。

183 :名無しの心子知らず:02/06/12 18:06 ID:4CZc7eVO
昔よりも分娩時の児の死亡例って、減ってるんですよね??
それってやっぱり、医学が進歩してきた結果、
なにかあっても助けられる児が増えたってことですよね???
なのになぜわざわざ昔のやり方に戻す必要があるのでしょう???

どうしてこんなにも「自分は絶対に正常な分娩をする」と
確信をもてるお母様方が多いのですか??

私だってもしそんな確信がもてたら
自宅出産がしたいです。

184 :名無しの心子知らず:02/06/12 18:13 ID:/8cAPA93
私は、その医学の発展のおかげで、
娘が無事生まれました。
昔だったら、絶対生まれるはずのない子でした。
どんなトラブルがあるかも分からないのが出産です。

私は娘を産んだ時、何気に総合病院を選んでて、本当によかった。
自宅で産みたい方、どうしたいかは本人の自由ですが
何よりもお子さんの命、それからお母さんご自身の命を
まず第一に考えて、それなりの対処を万全に整えてから
臨んでくださいね。

本当に、出産は命がけの大仕事なんですから…

185 :名無しの心子知らず:02/06/12 18:21 ID:/8cAPA93
184補足
ちなみに、娘は2人目です。
1人目は普通に産むことが出来ました。安産でした。
それでも、2人目でトラブルがありました。

それから、娘を産む時に入ってた婦人科の同室の方々、
何故か2人目妊娠中の方がほとんどでした(6人部屋で
私をいれて5人)
何かとトラブルが多いのは、2人目なんだなと
その後知り合いや友達などでも2人目でなんらかの
トラブルがある事に気付きました。
こういう事、あまり言わないんですが
このスレなので、あえて言わせてもらいました。
1人目で何もトラブルがないからと、
奢った気持ちで出産しない方が、いいですよ。

186 :名無しの心子知らず:02/06/12 18:27 ID:hFvRwmhb
自宅分娩で医療従事者の介助ない率って
そんな高いのかなぁ?
少なくとも助産婦はつけるだろうよ。

>180に禿げ胴
全員が新生児ICUつきの病院選べるわけないんだから
院所間の連携や、助産婦の質を上げて妊婦のリスクに応じた
出産場所を選ぶべきだと思うのだけど。

交通渋滞の慢性化した日本では難しいのかなぁ。

187 :名無しの心子知らず:02/06/12 18:58 ID:ktyLb0Tj
基本的に正常分娩しか取り扱えない助産婦が介助についても、
いざというときはあまり役に立ちません。医療行為はできないので。
そもそも看護婦と助産婦の違いは、医者の指示かなくても臍帯を切れるかどうかだけ
だったと思います。後は医師の指示の元であれば、注射とかはできますけど。
あれ、医師の指示の元だと分娩介助も看護婦はできるんだっけ?忘れた。
まあ、現実的には、排臨ぐらいで医者呼ばれて医者が介助するかな。

188 :名無しの心子知らず:02/06/12 19:57 ID:hFvRwmhb
助産院や、個人宅のお産の介助においては
「いざと言う時」が解るか否かが助産婦の力量だと思うのですが。
判断を誤らず、速やかな搬送が出来ればいいわけで。

助産婦と看護婦の出来る事の法律的な違いなんてどうでもいいです。
お産の経験値がどれだけあるかが問題だと思ってます。
医師は法律上医療行為は何でも出来るけど、産科経験は実習以来なんて人は
いざと言う時にはやっぱり役立たずですよね。
1年実習して取った資格を法律的な違いだけで語るのはナンセンスかと。
(新米助産婦が自宅介助を単独でするかと言うと、それはないだろうしね)

NICUのある病院で、正常な、医師は見てるだけ状態のお産件数が
やたらと増えて、本当に必要な人に手が回らなくなったら
それこそ問題だと思います。

189 :名無しの心子知らず:02/06/12 20:03 ID:1cw3UXud
>188
かなりベテランの方みたいですが、「いざというとき」が分かっても
手遅れだったという経験はどれぐらいありますか。
また、経験分娩数も教えていただきたいのですが。

190 :名無しの心子知らず:02/06/12 20:05 ID:1cw3UXud
=189
もうひとつ質問をさせてください
あなたは、経験が豊かな助産婦が介助してくれれば、助産院あるいは、
自宅で分娩しようと思いますか


191 :名無しの心子知らず:02/06/12 20:19 ID:ndVdp9Kf
>>188
ベビーが出てきて呼吸をしてなかったらどうすんの?
救急車の到着まで背中でもさするわけ?

192 :名無しの心子知らず:02/06/12 22:29 ID:4CZc7eVO
>>187
「排臨ぐらいで医者呼ばれて医者が介助するかな。」
実際はもっと遅くないですか??
私の時に先生が呼ばれてやってきたのは
分娩はとっくに始まってて、やったのは会陰切開以降って感じでしたよ
もちろん分娩室のすぐ側の部屋に控えはいらっしゃいましたが

193 :名無しの心子知らず:02/06/12 23:41 ID:PeL9JQtk
イマジンの助産婦、「赤ちゃんの力を信じる・・・」とか言ってたね。

あの手のタイプは、「助産師の力を発揮して」とか「助産師の出来る範囲での介助」
とか絶対言わないけど・・・
すべてを母親と赤ちゃんの生命力に託して、自分(助産師)達はそれを見て感動して
お手伝いさせていただくっていうスタンスだけど・・・

あいつらに責任感というものはないのか?
自分たちが無事に出産させてあげるとの言葉は一言もないのか?

もし何かあったら、それは
「赤ちゃんの力を信じてたのに・・・」で済まされるんだろうな。

今いきている我々は、医療の力をかりていなければ既に死んでいた人ってたくさん
いるんじゃない?私も小さい頃、死にかけたけど、なんとか助かった。
それも、自然じゃないのかな??

どうしてみすみす助かる命を、自然にまかせるのだろうか。

194 :名無しの心子知らず:02/06/13 00:58 ID:8D1Dcy2B
私は実際に助産師をしています。
周産期センターに勤務してるんですが、個人的には開業なんてとても出来ないと思ってます。
力量不足って事もあるんですけどね。
それなりに会陰切開せずに分娩介助をすることは可能です。
分娩介助数も2000件に満たないくらいですが経験もそれなりにあるつもり。
しかしとても開業助産師になる勇気は持てない・・・。
他のレスにもありましたが、助産師は会陰切開をしないのではなく”出来ない”んですよね。
医療行為らしい医療行為なんて何一つ出来ない。(まぁ開業してる助産師でやってる人もいますが)
そういう意味で危険を察知する・予測する能力が非常に求められる訳です。
何かある前にどうにかするって事ですね。
それが全ての面において可能なら問題ない。
しかしながら今まで正常に経過していたのに何が起こるのか分からないのが分分娩です。
8割の分娩は放って置いても産まれるんですよ。
それこそ下手に手出ししないほうがいいくらい。
でも残りの2割がそうは行かない分娩なんです。
ツルッって生まれても頚菅裂傷や弛緩出血などの大出血を母体が起こしたら??
分娩は正常に進んでも胎児切迫仮死を起こしたら??
そこから病院に連絡し、QQ車の到着を待って病院に搬送する??
考えただけでも恐ろしくなってしまうんですよ。
処置は非常事態が発生した時点で即座に対処出来なければ、状態は悪化の一途を辿ります。

だから「赤ちゃんの力を信じたい」って言葉が出るんじゃないですかね?
そう思わない限り、とても助産師だけで分娩介助をする事は出来ない。
開業して地域の母子保健の向上に貢献されてる先輩方はすごいと思います。
私は現代医療のお陰で助かる命を目の当たりにし過ぎているのかもしれません。




195 :名無しの心子知らず:02/06/13 01:26 ID:4ZlPVEtj
ここのところ、妊娠した友人があいついでふたり「助産院で産みたいな」と言ってきた。
(友人内で私は唯一の経産婦)
私はココのスレ見てるし、
内心あま〜りお薦め出来ないな、とは思ってるんだけど、
仲間内での盛り上がりっぷりは「えーすごーい」「考えてるんだねー」的に
押せ押せムードなんですよね。
水差していいのかな、反対する権利あるものなのかな、と時々疑問に思う。

196 : ◆RUruDO2M :02/06/13 01:28 ID:RETvaAKU
自宅出産と助産院出産、同じようなもの?

197 :名無しの心子知らず:02/06/13 01:30 ID:/YEYUeQU
>196

助産院の方がまだマシでは?
酸素とか医療器具が少しは備わっているから。

198 : ◆RUruDO2M :02/06/13 01:34 ID:RETvaAKU
>197
そっか。即レスさんきゅー。

>195
反対するほどのものでもないんじゃないかな。
ってか、私はこのスレ読んでも、次は自宅出産したい気持ちは変わらないな。

199 :名無しの心子知らず:02/06/13 01:36 ID:/YEYUeQU
>198

すごいね。
無事に生まれるといいね。

200 :195:02/06/13 01:39 ID:4ZlPVEtj
レスありがとう、るるさん。
うん、反対は出来ればしたくないけど、なんかうまく言えないな。
出産に対する小梨の知識がどのレベルだか、に不安があるから反対なので、
わかってて自宅や助産院希望するならよいんだけど。
自分も、小梨時代は出産がどんなものだか知ってるつもりでそりゃあ貧相な認識しかなかったし。

201 :名無しの心子知らず:02/06/13 01:47 ID:rHcLahxU
>195
「助産院もぴんきりらしいから、
よく下調べしたほうがいいよ」くらいはいってみたら?

202 :名無しの心子知らず:02/06/13 01:48 ID:FUvK77yq
>198
2人目のとき、自宅ってチラッと悩んだが、
助産院にして助かったのは身体は楽だけど
後陣痛がヒジョーにツラカッタ。産めば産むほど、、、とは
良くぞ言ったと身にしみたもんだ。
子宮収縮が早い証拠だと言われたが、乳吸われる度に
酷くなるので一夜預かってもらったョ。
3人目ができたとしたら、とりあえず自宅はパス。



203 : ◆RUruDO2M :02/06/13 01:57 ID:RETvaAKU
>202
私も後陣痛の痛みに悶えたが
家族がいれば気もまぎれる鴨と・・・。
授乳時の痛みは凄いよね。あまりに痛くて
赤ちゃん落としそうになったよ。w

204 :(´゚Д゚`) ◆PIkAPU2. :02/06/13 06:18 ID:MY6LYgxj
一人目と同じ病院で産めるなら、病院で産みたいが、、、
一人目の病院は個人病院だけど、小児科も併設していて
今でもお世話になっている。

と、思える病院に当たった私は幸せモノかも。

自宅だと、、、陣痛のうなりに(私は叫びでなくうなった)
近所中が集まってきそうだ・・・w

205 :名無しの心子知らず:02/06/13 08:35 ID:RXTnYBda
実はうちの第二子はイマジンに出ていた助産師さんに取り上げてもらいました。
あのテレビだと「赤ちゃんの力を信じる」ばかり言っていたけれど、実際はそんなこと無かったです。
最寄りの個人病院で検診受けてたけれど、小児科併設の総合病院で検診も受けるように言われました。
やっぱりその方が安心だからと。
カルテがないと受け入れてくれない病院もあるし、母胎が安全でも胎児に異常があったときに小児科がないと意味がないと。
あのテレビの作り方では、まるで彼女が信仰心だけで出産の介助をしているみたいに見えてしまいます。
そういう作りにした方がテレビ的には面白いんでしょうね。
ここでのレスを見てるとよくわかります。
実際は、無事に産まれるまでは結構ピリピリした雰囲気です。
病院ほど緊迫した雰囲気ではないと思うけれど、ここで言われているほどのんびりムードでもないです。
体位は自由だけれど、常に心音を確認するために器具をあてがうのに必死だし、少しでも早く異常を察知しなければ、と言う感じでした。
無事に娩出が終わってからは、一気に和やかな雰囲気になったと思います。
臍帯でつながったままでもすぐに抱かせてもらえたし、「(無事に)産まれてきて良かった」と言う空気に包まれます。
一番幸せな瞬間です。
私の家は彼女の家からは少し離れていたのですが、妊娠中に近所に助産院ができて、そこの助産師さんが2人、お手伝いに来てくれました。
いざというときに、助産師が大いに越したことは無いからです。
それから、たぶん皆さんご存じじゃないから書きますけれど、産後も一週間、助産師さんは検診(母子)と沐浴に来てくれます。
産後一週間は母子共に大切な時期ですから。
あのテレビを見て、自宅出産に賛成、反対、どちらでも良いと私は思います。
ただ、テレビの影響は大きいのに、テレビの作り方、伝える物は、作り手、(あるいは見方も)によってかなり歪められると思いました。

206 :名無しの心子知らず:02/06/13 09:44 ID:LToebfUT
なんか、上の方で気になったんだけど、自然分娩派のことを
>まっ、連中はカルトが入っているから、

これはないんじゃない?

207 :名無しの心子知らず:02/06/13 10:42 ID:MrtH8NeL
助産院や自宅では不慮の事態に対処できないと
これだけ何度も書かれているのに
「どっちで産んでもいいのではないか」と
考える人って何なんだろう。

質問には全く答えてくれないところが怖いよね。


208 :名無しの心子知らず:02/06/13 10:54 ID:g6wQyO7V
助産院や自宅では不慮の事態に対処できない

から助産師の判断力が求められるわけで。
助産院は医者との連携もできているはずだろうから、良いんじゃないの?
私も助産院っていうところに興味はあるけど、まわりにないからなぁ。

209 :名無しの心子知らず:02/06/13 11:02 ID:MrtH8NeL
不慮の事態が起こってから病院に搬送しても
間に合わないような事態が起こるんだよ。

妊娠経過が順調だったから分娩も順調とは
限りません。
助産師の力量がどうとかいう問題ではないですよ。

210 :名無しの心子知らず:02/06/13 11:04 ID:GRFuIeiZ
>209
病院でも産科救急の死亡率は高いですよ
病院だから助かるって問題でも無いかとオモワレ

211 :名無しの心子知らず:02/06/13 11:04 ID:g6wQyO7V
>>209
だから起こる前に判断しなければならないんでしょ、助産師は。
経過が順調なら分娩も順調とは限らないなんて事は、みんな知っているんじゃないかと思うけどなぁ。

212 :210:02/06/13 11:06 ID:GRFuIeiZ
まあ個人的には
>>194に非常に近い意見ですが

213 :210:02/06/13 11:13 ID:6AgGJIbF
>210補足
病院内でも異常に気づかない(報告しない)アフォ助産師に当たって
Drに報告遅れる→あぼーん
ってことも良くあるしね
Drは正常出産では単なる見張り役みたいなもんだから
(緊急時のためのバックアップみたいなもん)
病院内でも助産師の力量が重要です
モニター付けてるからって安心ってわけでも無いんですよ

214 :名無しの心子知らず:02/06/13 11:23 ID:g6wQyO7V
経産婦ながら・・・。
モニターって、なんでしょう?

215 :210:02/06/13 11:24 ID:szyJ4kau
開業助産師だったら
最低,児心拍モニター,(またはドップラー)を持っていて
点滴ルートは取っておくくらいのところなら
なにか起こっても病院までは持つかもね


216 :210:02/06/13 11:25 ID:szyJ4kau
>214
児心拍モニター

連続カキコスマソ
逝きます

217 :名無しの心子知らず:02/06/13 11:38 ID:MrtH8NeL
順調だったはずのベビーが出てきて呼吸をしてなかったら
どうすんの?
救急車をよぶわけ?

それから助産師に点滴は出来ないよ。
ルートだけとってあっても意味ないしね。

218 :214:02/06/13 11:40 ID:g6wQyO7V
>>216
ありがとう。
個人産院で出産したけど、使わなかった気がする・・・。
ちょっと考え込んでみたり・・・。

219 :名無しの心子知らず:02/06/13 11:48 ID:CcggOKM/
ここに集まっておられる方に、「分娩台よ さようなら」って本の
著者である産婦人科医がやってる自宅出産についてのご意見を
伺いたいんだけど…

あれ読んでると、少なくとも病院で産むにしろ、アクティブバースを
認めてるところがいいなぁ、と思うんだけど…。

220 :210:02/06/13 11:49 ID:2bZUgLTW
>217
よくわからんからみだな
助産師は点滴ルートは取れるぜ
薬品投与もいくつか許可されている
(医師の指示のもとにと言うことになっているが
緊急時はたぶんつかっているんだろう)
勉強しな

>215では「絶対安全」なんて書いてない
「持つかもね」と書いたんだが?
このニュアンスわかる?

それからベビーの問題は個人開業(小児科なし)の医院でも
起こりうる問題だ
前にも誰か書いていたがすべての妊婦が
小児科,NICU付きに入院するわけじゃなし


221 :210:02/06/13 11:51 ID:2bZUgLTW
やっぱり不毛だった
今度こそ逝きます

222 :214:02/06/13 11:52 ID:g6wQyO7V
>>221
逝かないで、いろいろと聞かせてほしいです。


223 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:11 ID:ZbvdkVU1
〉208
ちゃんと医者と連携が取れている助産院なんて存在するのかな
少なくとも私の周り(いちお政令指定都市)ではないけどな。こっちに無断で勝手に
送ってくるし。産婦人科医や小児科医、特に昔から助産院にひどい目に合わされて
いる医者は助産院からの搬送は断ることが多い。トラブッタ妊婦さんはかわいそうだけど
若い医者にもそう教育しているそし

224 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:25 ID:RXTnYBda
>>223
ありますよ。
二度自宅出産しました。
一度目は助産院の裏に病院があり、そこと提携していました。
二度目は最寄りの総合病院に自宅出産希望を伝え、いざというと時はお世話になりたいと、助産師さんと検診に行きお願いしておきました。
先に電話で確認を取りましたが、あなたの言うとおり、断った病院もありました。
助産師さんも「断る病院が多いから、前もって確認が必要。」と言っていました。
病院、医者と連携がとれてる助産師、助産院が普通だと思っていましたが。
そうでなくても、自分で頼れる病院など探さないのでしょうか?

225 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:26 ID:CXty9MFd
>>210
助産師が投与可能な薬品を教えてください。
私が知らないうちに法律か判例が変わったんですかね。

業界人ですのでそれなりに知識はあります。

226 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:48 ID:xGtkV/c6
自分が絶対に正常な分娩をする。
もしくは何か起こっても救急車で搬送している間に
手遅れになるなんてことは絶対にないと確信できたら、
自宅出産してみたい

でも絶対にそんなこと確信できないって思うから
やっぱり二人目も小児科つきの病院で産むよ

227 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:59 ID:lIOiVnis
私は管理出産の方が怖かったので、病院と提携とれてる助産院で2人とも
産みました。まぁ、確かに結果オーライの世界ではあるが・・。
今は座るかたちの分娩台が増えてるみたいだけど、病院の、横になって産む形が
どのくらい難産を生じさせてるか、考えてみてもいいんじゃない?
必要ない陣痛促進剤の使用とか、怖い要素はたくさんあるぞ。

病院じゃないと・・って言ってる人は、CPの人の生まれた場所の統計を
取った上で言ってるのかな?と思う。


228 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:59 ID:kKV6IBp8
うちのコは自宅で産みました。
しかも五つ子!

229 :228:02/06/13 13:01 ID:kKV6IBp8
あっ、いけねー。
うちのコじゃなくて、うちのネコだった。

スマソ。

230 : ◆RUruDO2M :02/06/13 13:10 ID:RETvaAKU
>228 ・・・・・・・・・おめでとう。

231 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:30 ID:RXTnYBda
>230
るるさん、前レスで自宅出産希望のレス見ました。
自分が自宅出産経験者ですが、賛成も反対もしません。
こういう事を書くと、「病院外出産での事故が多いのに無責任な。」という人もいますが、ぶっちゃけた話し、他人のことはどうでも良いんです。
ではなぜレスするのかというと・・・。
もし自宅で生めなくなったときは、潔く病院で産んでください。
辞める勇気と言うのでしょうか。
無事に産まれるのが一番です。
それは自宅でも病院でも同じ事です。
自宅出産は母子共に無事という前提で成り立ちますが、やはり不測の事態はあり得ます。
良い助産師、助産院を探して、同時に良い病院も探しておいてください。

232 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:37 ID:gKRbU8/z
>225
業界人だったら自分で調べれば?

233 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:43 ID:46fs2u/r
>223
断ってどうするんだよ
死ねと?おまえそれでも医者?


234 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:46 ID:Yf9//vto
大学病院と助産院、自宅出産が提携るのはどうでしょうか。
医療が必要なときにはあきらめてすぐに大学病院に。
病気専門で大学病院は点数を稼ぎ、
助産院は安心して健康な人の出産に関わり、
危険な兆候があったら、ぐずぐずせずにすぐ病院に。
私達産婦には悪くない条件です。

でも助産院のビジネスをつぶして産婦人科の地位を確立させ続けたいのなら、
それはできないですね。
あと自宅出産を勧めている助産婦さんも自分の仕事の確保のために必要以上に洗脳
している場面がみられます。
(健康な生活をしていれば、絶対に帝王切開にならない、など)

そんな医療関係者の利権争いを私達妊婦はまともにうけ、
産婦同士が意見を戦わせるのは迷惑なことです。
もっと冷静に双方の意見を見て両方の嘘や欺瞞をみつけましょう。

235 : ◆RUruDO2M :02/06/13 13:51 ID:RETvaAKU
>231
わぁお、ありがとう。
妊婦健診で異常があったら、その時は、潔く諦めます。
私の自宅出産希望は、あくまでも「もし、次の子供を産むなら」なんですよぉ。
まだ、妊娠の予定もありません。w
今までの出産は、全て同じ病院だったれどもう同じ病院では二度と産みたく
ないの。ちょっと離れたところに総合病院があってそこではもっっと
産みたくない。  でも、トラブルあったら、諦めます。
アドバイス、ありがとう。

236 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:55 ID:CbCGAS37
>233
現実はそんなもんですよ
助産院を選ぶ時点でその覚悟はできているでしょう

237 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:58 ID:Ua2pFcYI
>236
つーか,おまえ医者?
うちんとこじゃ「あーあしょうがねえなあ」と
思っても引き受けてるよ?
>223の所は断ると下にも教育してるって言ってるんだよ
論外

238 :名無しの心子知らず:02/06/13 14:20 ID:EpD5tQfI
>>232
でたらめを書いておきながらソースは自分で調べろとは…
さすが便所の落書きだ。

239 :名無しの心子知らず:02/06/13 14:24 ID:Qeyfj6n1
>238
でた〜!2ちゃん名物
無知の捨てぜりふ(藁

240 :名無しの心子知らず:02/06/13 14:26 ID:Qeyfj6n1
>238
助産婦法(今は助産師法かな?)で調べたら?
すぐ見つかるけど?
あたしって親切(藁

241 :名無しの心子知らず:02/06/13 14:30 ID:Qeyfj6n1
つーかさー
>225の業界人って何だろうね
助産師や石じゃなさそうだから
茄子か准茄子?
単なる病院事務だったりして(藁

242 :名無しの心子知らず:02/06/13 14:39 ID:IZZNlj8a
六法全書に投与可能な薬品名や
助産師が点滴ラインを確保していいかどうかが書いてあると
本気で思ってんの?


243 :名無しの心子知らず:02/06/13 15:21 ID:CcggOKM/
ホジョカンホウ(変換面倒)の37,38条のあたりにいう
「臨時応急の手当て」ってのがどこまでを指すのかってことですか?
私は単なる素人の経産婦なんですが、こーゆーのって、省令とかで
もう少し細かく書いてないの?それとも厚生労働省からの通知とかで?

244 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:26 ID:kKV6IBp8
保健師助産師看護師法(抜粋)

第三十七条 保健師、助産師、看護師又は准看護師は、主治の医師又は
歯科医師の指示があつた場合を除くほか、診療機械を使用し、医薬品を授与し、
医薬品について指示をしその他医師又は歯科医師が行うのでなければ衛生上
危害を生ずるおそれのある行為をしてはならない。ただし、臨時応急の手当を
し、又は助産師がへその緒を切り、浣腸を施しその他助産師の業務に当然に
付随する行為をする場合は、この限りでない。

第三十八条 助産師は、妊婦、産婦、じよく婦、胎児又は新生児に異常がある
と認めたときは、医師の診療を求めさせることを要し、自らこれらの者に対し
て処置をしてはならない。ただし、臨時応急の手当については、この限りで
ない。

『付随する行為』、『臨時応急の手当』の具体的な適応範囲は?


245 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:44 ID:xGtkV/c6
>>227
横になって産む分娩台と座る形のって
具体的にどうちがうの??
私って、どっちだったんだろう。
上半身はちょっと起きた状態だった思うけど、
座るってほど直角に立ってたわけじゃ無かった...

陣痛促進剤については病院によって方針が違うでしょ
無駄に促進剤使わない方針の病院って探せばあるとおもうよ
うちの病院がそうだったから...

ただ、そこの先生は
「色々な報道とかで『促進剤は悪』みたいなイメージがついてるが、
使い方を誤らなければ非常に効果の高い薬です。
もちろん日程の調整のためだけに使うなど、
母体にとって必要も無いのに使うのは問題外ですが。
ですので、出来るだけ使いませんが『使わないと危険』と判断した時は使用します。
私たちは何千件ものお産を取り上げているプロです。
素人判断で『何が何でも促進剤はダメ』と決め付けるのはやめて、
私たちに任せてください」
と言われたよ。
なんか、これだけはっきり言われるとこの先生信用できるなと思った。
(もともと評判の高い先生だったと言うのもあるが)

246 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:53 ID:CbCGAS37
促進剤のおかげでどれだけの数の妊婦が帝王切開しなくてすんだとかちゃんと
計膣分娩できたかマスコミなんかも取り上げてほしいね

247 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:04 ID:kKV6IBp8
促進剤のおかげでどれだけの数の新生児がCPになったとか、
子宮破裂が何例いるとかも取り上げるべき。

促進剤は決して悪い薬ではないが、使い方の問題が大きい。

248 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:07 ID:xGtkV/c6
>>247
使い方の問題と言うことは、
使い方さえ誤らなければ有効な薬ってことですよね???
具体的に言う使い方の誤りって何ですか??


249 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:11 ID:hUTGcIGR
>227
病院と助産院のCPの統計比べって正確なのはできないんじゃないの?
だって、助産院・自宅の場合はあくまでも順調で正常な妊婦だし、
病院にも当然正常な妊婦もいるけれど異常な妊婦が
まわってくるんだから。
助産院の正常な妊婦から産まれたCP率と
病院の正常な妊婦から産まれたCP率ならわかるんだけど。
そんな統計あるの?

250 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:16 ID:CbCGAS37
>247
そういうことはよくマスコミに取り上げられ、ふつうの人は、促進剤
=恐い薬というイメージが出来上がってる。
ただ、つかいかたが良ければ、非常に有効な薬で、こういうことは
なかなかマスコミは取り上げない ということをいいたかっただけ
マスコミはとりあ

251 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:19 ID:kKV6IBp8
>>250
途中で終わっているけど。
続きは?

252 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:31 ID:kKV6IBp8
>>248
私は産科ではないので、厳密なところで間違いがあるかもしれませんが、
促進剤を使用してはいけないケースとしては、
児頭骨盤不適合・過強陣痛・回旋異常・分娩停止・重症な胎児仮死
その他、緊急帝切の適応症例など。
使用するタイミングとして、
分娩が充分に進行していない段階での開始も回旋異常などを引き起こす
可能性があり要注意かと。
  ↑
産科の先生、あってる?

253 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:37 ID:xGtkV/c6
>>252
通常、分娩に立ち会っている医師が
促進剤が必要でもないのに促進剤を使用するのは
どういう場合なんでしょうか...
やっぱり、早く済ませたいから??
その場合に、患者に対して、
促進剤がさも必要であるかのような説明をして
ごまかして使ってしまうようなことはしょっちゅう起こってるんですか??

254 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:38 ID:ucjiaB+U
>252
子宮口が硬いうちの使用、ヤバイと聞いたことあるが・・・
どうなんだろう??

255 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:42 ID:kKV6IBp8
>>253
本当に適応外使用なのであれば、理由としては
『週末に入るから』とか、『緊急帝切を行える体制が整っていないから』という
ことになると思う。

>ごまかして使ってしまうようなことはしょっちゅう起こってるんですか??
しょっちゅうではないが、これは明らかに適応外使用だと思えるケースには
遭遇した事はあります。

256 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:43 ID:tZcfzzWI
正月前とかお盆前時期に
休みが潰れるのが嫌だからと言って使っちゃうって話はガセ?

257 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:43 ID:kKV6IBp8
>>254
そうだね。

258 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:45 ID:kKV6IBp8
>>256
そういう事をする奴もこの世に生存しているのは事実。

259 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:53 ID:kKV6IBp8
ごく一部の医者が促進剤の間違った使い方をしているので、
悪いイメージがついてしまっているが、本当に有害な薬剤なら、
とっくに、発売禁止になっています。
促進剤を上手に使うことで、分娩がスムーズになるケースもたくさんあります。
促進剤=悪という先入観は持たない方がよいかと。

260 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:53 ID:CbCGAS37
>254
そうです。だから、メトロとかラミナリア(頚管=子宮の入口を広げる器具)
、マイリス(頚管熟科剤)なんかを使って頚管を広げて使用します。
また、促進剤の過った使い方で事故が多いのが、プロスタグランディンとオキシトシン
の2剤を併用することだったと思います。現在訴訟の多い産科で適応外
の人に促進剤を使うことはほとんどないと思いますが、最近いった病院では、
この2剤併用をやっていた。日本産科婦人科学会も禁止しています


261 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:54 ID:k9AgDSN7
>>252

促進剤は”原発性微弱陣痛・続発性微弱陣痛”が適応基本となります。
もちろん骨盤レントゲンで胎児骨盤不均衡がないこと、胎児の予備能力などを評価した上で選択します。
回旋異常も微弱陣痛が原因で起こることもありますから、一概に使用しないと言う訳でもありません。
誰でも自然に有効な陣痛が来てくれれば全く問題ないのですが、自然陣痛を待つばかりに子宮内で胎児が死亡していた、
なんて事が実際に起こっているんですよね。(だから予定入院で誘発する必要が生じるんですが)
臨床側の理由で促進剤を使用するなんて論外ですが、多くの産婦人科医が「促進剤を使用するメリット」が上回った時だけ
使用していると思います。助産院で微弱陣痛のために3日3晩苦しみ抜いて、病院で促進剤を使用したら
1時間で生まれた、なんてケースはざらにありますよ。
子宮口が硬くてもそれを柔らげながら分娩に持っていける薬もあります。
”背中をトンと後押ししてくれる”程度の促進剤使用は非常に有効であると思っています。
促進剤を否定すれば、日本は帝王切開せざるを得ない症例で溢れ返ってしまうと思います。
使い方は何処の病院でも非常に慎重になっていると思いますけどね。


262 :252:02/06/13 19:04 ID:kKV6IBp8
>>261
ありがとうございます。


263 :名無しの心子知らず:02/06/13 19:05 ID:xGtkV/c6
イマジンで、「病院で産むと促進剤打たれて」...
みたいな事言ってる人がいたからびっくりしたんです
いまだにそんなことが当たり前なのかと...
やっぱりイメージ先行なんですよね

その先生もそのイメージのせいで
非常に陣痛剤が使いづらくなっているとおっしゃってました

どちらにしても私の生んだ病院の方針は
ある程度は信用できるものだとわかったので
次もやっぱりそこで産もうと思いました。
総合病院だし診察待ちは鬼のように長いけど...

264 :名無しの心子知らず:02/06/13 19:08 ID:xGtkV/c6
陣痛剤→促進剤(ウチュ

265 :名無しの心子知らず:02/06/13 20:14 ID:zRe6/CfG
助産院や自宅での出産は悪いニュースが表沙汰になりにくい。
薬も何も使わないから、親が「こうなっても仕方なかったんだ」って思考になるらしい。
それが”自然”の恐ろしさでもあるのだが・・・。

近隣に非常に評判の良い助産院がある。
食事も美味しい・母乳育児にも積極的だって言うんだけど。
でもNICUに送られてくる症例は酷いものばかりなんだよね〜。
胎便吸引症候群を2日間放置し、全身チアノーゼになってから送ってくる。
生まれて呼吸状態が悪いってのに「色が悪かったので沐浴しました。」
お陰で一層呼吸状態は悪くなり、生まれて一ヶ月経つってのに呼吸器からはずせない・・・。
それでも親はその助産師に感謝してるのよ。
「そいつのせいでここまで悪くなったんだぞ!!」って言葉を飲み込むのに必死よ。
事実は永遠に葬られるんだなと悲しくなる今日この頃・・・。

266 :名無しの心子知らず:02/06/13 20:18 ID:zRe6/CfG
生まれてくる子供のためにも
出産する場所は吟味に吟味を重ねた上で選択して頂きたい。

そんな助産院訴えればいいじゃん?って思われるだろうが・・・
そうは簡単に行かないんだよね。
患者自身が訴えない限りね。


267 :名無しの心子知らず:02/06/13 20:20 ID:O7ynH+Sn
促進剤は絶対うたないで!!
会陰切開しないで!
剃毛浣腸したくない!
などの理由で自宅分娩ってのはもっての外なのですね。
するからには死を覚悟の上、自分の責任において出産しろ!なのかな。

268 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:24 ID:dnJ4UIM1
死を覚悟の上ってのは大袈裟かもしれないけど
自分で責任を負うって事は覚悟した方が良さそうだね。<自宅分娩
誰のせいにも出来そうにないから。


269 :名無しの心子知らず:02/06/13 22:14 ID:dWqcoSBr
>>265
ここにも、助産院がらみの凄い話が紹介されているよ。
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1010752283/763

270 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:23 ID:jRbJoBRx
>267
今は、その程度の希望を聞いてくれる病院はいっぱいあるよ。
「だから自宅」っていう発想、理解できない。
母子死亡率を戦前にもどしたいのか?(藁

271 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:36 ID:ToGgJ0xb
>270

絶対に自宅で産むと思っている人に
何を言っても無駄だと思う。

272 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:37 ID:xGtkV/c6
「促進剤打たないで」と、
「会陰切開したくない」、「剃毛浣腸したくない」は
根本的に違うよね
促進剤は誤解が多いにしても児のことを思ってるかなと言う感じだけど
下の二つは自分のことしか考えてないんじゃない??

273 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:39 ID:ToGgJ0xb
辛い思いをするにも
自分自身で選択した事だから後悔はしないんじゃない?
母親一人の子ではなく、周囲には”何はともあれ元気に生まれてきて欲しい”
って願っている人達がいることも忘れないで欲しいけどね。

274 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:39 ID:DMeTKJ3h
私は自宅分娩に対して否定的な意見の持ち主だが、
ここで産むくらいなら自宅の方がましかもね。
  ↓
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200203/29/20020330k0000m040025000c.html

275 :名無しの心子知らず:02/06/14 00:50 ID:FYKFDM0U
自分の命だけなら、自分で責任負う覚悟でやればいいけど
子供は?子供はどうするの?
会陰切開も剃毛も浣腸も、そりゃあ楽しいことじゃなかったし
促進剤で起こした陣痛は苦しかったけれど
ラストで吸引になった自分にとっては
自宅出産だったらどうなっていたか考えると怖い。
絶対自宅で産みたいって人、勇気あるなー。

276 :名無しの心子知らず:02/06/14 00:55 ID:1X0zeICQ
究極のプラス思考なんじゃないの?
「私には神が降臨している」くらいに思えなきゃ出来ないって。
それか全く危険な事を知らないか、だと思われ。
知らぬが仏ってヤツよ。

277 :名無しの心子知らず:02/06/14 01:24 ID:mt6Wsezt
これだけ書かれても「でも事前の管理をしっかりしておけば大丈夫…」
とか考えてるんだろうな。
統一協会やヤマギシのかたがたを説得している気分だよ。

278 :名無しの心子知らず:02/06/14 01:45 ID:YjMHJgEq
それでも自宅で産みたいって人は産めばいいさ。
何処で産もうと自由なんだから。

279 :名無しの心子知らず:02/06/14 02:57 ID:dOytLuEY
「イマジン」の方ではなく、「徳光の情報スピリッツ」の大家族。
自宅出産は、ダンナと二人でやっていた。
しかもトイレで産んでいた。
大腸菌感染とか考えないのかしら・・・。それより、何の理由で助産師も頼まないんだろう?
経済的理由なのかな。
(大体あの手の「大家族」の人たちって、何故貧乏子沢山がいいと思うのだろう?
教育費に事欠くのがわかってて産むなんて、ただのエゴというか、
ただ避妊したくなかっただけじゃん、と思うのだが。それが何故テレビで持ち上げられるんだ)
ああいうの、保健センターは指導しないのかな。
何より違法だと思うんだけど。

280 :名無しの心子知らず:02/06/14 03:12 ID:qYEimHAJ
一人目個人病院(不妊治療などでもけっこう有名)で立ち会い出産。
母子別室で豪華食事でした。
予定日より2週間近く遅れてたのですが「明日まで待ってみよう」とDr.もギ
リギリまで待ってくれて、子宮口の刺激をした翌日に陣痛が来てくれました。
いざ分娩になって、浣腸は便も少ないのでしなくても良いといわれホッ・・。
剃毛は「少しだけ」と軽く(w
会陰は「後少しなんだけど赤ちゃんがラクだからちょっと切るよ」で、切開&
縫合の痛みなし。
ソフロロジーだったので「暴力なき・・」で薄暗い分娩室で胎教のCDをかけ
てくれててリラックスできた。
側臥位も薦めてくれた(きつかったのでやめたけど)。
結果大満足だったんだけど第二子は助産院で・・と漠然と思ってた。
ここ見るまで。
里帰りできないのとか産後のケアや相談も親身になってくれそうだとか
立ち会い&子連れでも良さそうなアットホームさも理由かな。
なにより生まれる時もずっと付き添ってくれるというのがイイ!
今回の出産は夜中ずっと陣痛で苦しんでたのに夜勤の助産婦さんが忙しくて
モニターとる時と呼んだ時しか来てくれず、ワケもわからないだんなに必死で
マッサージやらなんやら指示してやらせたし、子宮口がなかなか開かないのに
動いてみたら?とかアドバイスもなーーんなし。放置だった。
浣腸や毛や切開なんかはどーーでもいいっス。
長文スマソ。

281 :280:02/06/14 03:14 ID:qYEimHAJ
あ、自宅出産も考えてたけどここ見て萎え。。。
マンションじゃきついしね。

282 :名無しの心子知らず:02/06/14 04:40 ID:5QBUxxnG
私は病院出産。
三日間、微弱陣痛で苦しんで促進剤を打ってもらいました。
生まれてみたらへその緒がゆるく結んだ状態でした。
(低月齢の頃に輪になったところをくぐってしまったらしい)

もう少し時間が掛かったり、結び目がギュッとなったら
ヤバかったって言われて驚きました。
検診のたびにエコーでちゃんと見てくれていたけど
やっぱりこういうのまではわからないみたい。

微弱陣痛まではとっても順調だったし、
本格的に陣痛がきて1〜2分間隔の時も児の心音は異常ありませんでした。

もしも自宅や助産院で分娩していて
時間が掛かったり、何かの拍子にキュッと結び目がなったりしたら…
考えるだけで怖いです。

確かに出産は特別な事で、色々希望がある(選びたい)のはわかるけど
生まれてくる子供は選べないのだし
出来るだけリスクを少なく、安全に出産出来る方法を選んで欲しいと思います。

283 :名無しの心子知らず:02/06/14 04:47 ID:dPdKN3YW
分娩を甘く見たらだめだよ。
なんかあってからじゃ遅いんだよ。

284 :名無しの心子知らず:02/06/14 08:55 ID:S6UGmaK0
固い決心を持って自宅出産をする人でも,いやそういう人だからこそ
子供に何かあったら、結局恩ある助産婦を責めず、医者を責めると思われ.
責任うんぬんもそうだけど、いきなり異常出産を押し付けられるのは
お医者さんも本当にかわいそう.
反対に自宅出産だから我が子は助かったなんて例はあるんかいな?


285 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:06 ID:brezA7Ye
病院で出産する人は、子ども何かあったらどう考えるのですか?
「自分は病院で万全の体制で産んだ。だから子どもがこうなっても仕方がなかった。」と思うのですか?

どこで出産するにも子どもの安全が一番です。
医者や助産師に「あなたは自宅では無理」と言われたら、普通の人は病院で産むでしょう。
何のために助産師を付けているか考えてください。
母子共に無事に出産したいからです。
(普通は)助産師だけではなく、医者にも太鼓判を押されて自宅出産にのぞむのです。
自宅、助産院、病院、どれでも選べる状態であって、自宅を選んだのです。
でも、こんなこと書いても「病院の方が安全だから初めから病院で産めばいいでしょ。」と言われて終わりでしょうね。

286 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:12 ID:aoyYwr/o
自宅分娩に太鼓判を押せる医者は尊敬するね
産科医の1%未満だろうけど


287 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:44 ID:z6e5oBEr
なんで危険犯してまでワザワザ家で忌むのかわけわかめ。

288 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:59 ID:brezA7Ye
>287
それは考え方の違い、じゃないでしょうか。
子どもを生むこと自体が色々な意味でとてもリスキーな事だと思います。
それでも生む人もいるし、それだから生まない人もいる。
子どもは一人まで、と言う人もいれば、三人欲しい、と言う人もいる。
子どものこと以外でも、このようなことはたくさんあるでしょう。
自分と違う人のことを理解する必要はありませんが、存在を認めるくらいはしないと話は終わりません。

289 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:11 ID:CQX7tTV5
>>288
産むか産まないかを決めろと言っているのではありませんよ?
子供を生むと決めた。その時点で
「子供の安全を一番に」と願うのは全母親共通だと思っていたんですが
私の勘違いなのですか???
そういう話をしているんです。
それ以外のことと一緒くたには出来ないわ

290 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:19 ID:brezA7Ye
>289
子どもを生むと決めた。
 ↓
できれば自宅で生みたい
 ↓
医者、助産師から自宅でもOKと言われる
 ↓
緊急時には病院へ行ける用意をして、自宅で生む。


これではダメですか?
子どもの安全が一番は前に私も書きました。


291 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:26 ID:lJZ6RL7s
私の子だったら、緊急時にはその場で医療措置が取れる病院のほうが
絶対助かる可能性が高いからそうするわ。
心肺停止とかだったら、自宅じゃまずたすからんだろ〜。

292 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:30 ID:aoyYwr/o
>290
何回も出てきていますが
@異常と分かってから病院に行っても手遅れなことが多々ある。
A医者で自宅分娩をOKという人は、かなりの少数派である。
B簡単に受けてくれる病院は少ない
子供のことを本当に考えるなら自宅や助産院は辞めたほうがいいのでは

293 :383:02/06/14 11:31 ID:CQX7tTV5
病院に搬送する時間的、物理的なリスクなどは考えないのですか??
それがないと言い切れるなら、私だって自宅を考えるかもしれない
でも、それがないと言い切れないから病院(小児科つき)を選ぶ
もちろん24時間対応で盆暮れはずすために促進剤使ったりしない病院です

逆に、赤ちゃんの命にかかわること(快適な環境と言うのでなく)で
自宅分娩が病院よりも安全だと考えられる要素がありますか??
もしあるのなら、もしかして考えるかもしれない
(家狭いから実際には難しいけど)

294 :293:02/06/14 11:32 ID:CQX7tTV5
名前:383は無視してね
他スレのが残ってただけ

295 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:57 ID:brezA7Ye
>292
自分はAとBはクリアできました。
自宅出産希望にしては、かなり恵まれていたと思います。
一番の問題は@です。
正直言って出てくるまでわからないこともあります。
それは認めます。
自分のワガママで自宅出産したと思っています。
そしてたまたま無事だっただけだと思っています。
もし何かあったら一生後悔するでしょう。
病院の方が安全、それはわかっているんです。
異常が起こる確率を考え、それだけの確率なら、私は自宅で生みたい、と思ったのです。
自分では程度の問題と思いますが、他人、特に病院内での出産を勧める人から見たらただのワガママです。


>293
私に思いつくのは交叉感染が少ない、くらいでしょうか。
あまりに不潔な家ではダメでしょうけれど。

296 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:16 ID:CQX7tTV5
>>295
もしもう一度妊娠したら
もう一度自宅出産したいと思いますか???

297 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:14 ID:8+V02Yz1
上の方の書き込みの『イマジン』にでていた助産婦のもとで、
自宅分娩をしたことがある人が投稿していましたが、
ちょっと質問があります。

助産婦さんは出生後も一週間毎日、訪問して診察してくれたと書いてありましたが、
実際には、児のチェックをどのように行っていたのでしょうか。
黄疸のチェックにミノルタ黄疸計(額や胸に当てるとピカッて光るやつ)を
使用していたかどうか。
もしミノルタで高値の場合の血液検査はどうしていたのか。

テレビを観ていたら、臍帯の結紮切離を臍帯動脈の拍動が消失するまで待ってから
行っていましたが、このような方法(Delayed Clamping)だと、児が
多血(赤血球が濃い状態)になりやすく、黄疸増強の原因になり得ます。
さらに、自宅分娩を選択するような人の場合、完全母乳で育てる人が多いのでは
ないかと思いますが、母乳による黄疸の増強(母乳性黄疸)も出現するでしょう。

通常でも、ミノルタ黄疸計で高値になり血液検査を要する児は多いのですが、
あのような方法の分娩では、さらに率が増すものと思われます。
ちょっと気になったところです。

自宅分娩ではその点に関して、どのような管理をしているのでしょうか。


298 :282:02/06/14 13:31 ID:5QBUxxnG
>285

>病院で出産する人は、子ども何かあったらどう考えるのですか?
>「自分は病院で万全の体制で産んだ。だから子どもがこうなっても仕方がなかった。」と思うのですか?

「だから」ではなく、「でも子供はこうなってしまった。」と思うでしょうね。
出来るだけリスクを回避しようとしたが、出来なかった。
医師や両親(すぐには無理かもしれないけど)も、納得出来るでしょう。

でも自宅出産は違う。
もしも病院出産であれば助かっていたかも知れない…。
そうなったら一生後悔しませんか?
自己満足の為に子供に障害が残ったら、子供になんて言うのですか?

それから、私も産後は信頼のおける助産婦(師?)に
おっぱいや産後の事など色々アドバイス頂いて、
3年経つ今もたまに連絡を取ります。

個人で助産院を開業されている方で、とても繁盛(?)しています。
その方は「出産は病院で。産前・産後のメンタル部分は助産院で。」と
おっしゃっていますけどなにか?

299 :282:02/06/14 13:38 ID:5QBUxxnG
>285
追記

>何のために助産師を付けているか考えてください。

私からしたら、気休めとしか思えませんけど。

300 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:39 ID:SejDDo11
>297質問
正期産児でDelayed Clampingが問題になる事なんてありますか?
それから
母乳性黄疸は別に問題ないと思いますが..

私は自宅出産に関しては賛成派でも反対派でもないですが

301 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:42 ID:qisWkXHl
>297に質問
正期産児でDelayed Clampingが問題になる症例ってありますか?
それから母乳性黄疸をまだ問題視しているのでしょうか?

私は自宅出産は賛成派でも反対派でも無いですがちょとだけ???だったので

302 :300:02/06/14 13:44 ID:qisWkXHl
300,301
スマソ二重投稿してしまいました

303 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:46 ID:HnQz4Uop
>260
マイリスは効果が無いばかりか 有害だと聞きましたが
どうなんでしょう?
http://www.yakugai.gr.jp/news/000517mylis.htm
ちなみに私は4回(膣座剤で)使いました。

304 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:56 ID:MVaKU4hh
もう一つ↓「環境ホルモンとしての医薬品」
http://home.att.ne.jp/sea/pill-110/edc.htm

305 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:22 ID:8+V02Yz1
>>300
Delayed Clampingを行った成熟児で、明らかにそれが原因と思われる多血症を発症し
治療(部分交換輸血)を要するレベルまで達した児はごく稀であると思われる。
しかし、Delayed Clampingを行った児ではヘマトクリット値が上昇する傾向が
みられるのは確かであり、そのような多血傾向のある児では当然の事ながら、
血清ビリルビン値は高い傾向になる。
光線治療を要するようになる率は高くなると思うが。

母乳性黄疸の件だが、『母乳性黄疸は核黄疸にならない』という見解がある。
もし仮にそれが真実だとしても、母乳性黄疸なのか、それ以外の原因の黄疸か、
一発で見極める手段は現状ではない。生後1週間以内の新生児の黄疸を診て、
その場で『これは母乳性だから大丈夫』と確信できる根拠はない。
あくまでも、推論にすぎないのである。
どうしても、区別したい場合には、2,3日人工乳に変えてみて改善するかどうか
みる方法があるが、黄疸の原因がもしABO不適合のような激烈に進行する
ものであった場合には、1日治療が遅れると手遅れになる。
母乳性黄疸かもしれないと思っても、ビリルビン値が光線の基準にかかったら、
治療を開始するのが、安全で確実な方法である。
また、光線治療の副作用はほとんどないという理解でいいと思う。

306 :300:02/06/14 14:46 ID:rto1FCML
>305
お答えサンキュー

>母乳性黄疸かもしれないと思っても、ビリルビン値が光線の基準にかかったら、
>治療を開始するのが、安全で確実な方法である。
これは異論は無いんですが

>2,3日人工乳に変えてみて改善するかどうか
これはする必要は無いってのをどっかで読んだ気がするんですが
(一応まともなjournalで)
つまり,ビリルビンが基準値を超えていれば
クームス試験等をやるべきで人工乳変更は手軽な方法であるが
勧めない...って感じだったような?
ソース探してみますがそちらでは一般に人工乳変更を指導していますか?




307 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:01 ID:8+V02Yz1
>>306
クームス試験で新生児溶血性黄疸かどうかの区別はつくが、
母乳性黄疸か否かの鑑別はできない。

2,3日人工乳に変えるという方法は行ってない。
そんな悠長な事やってる暇があったら、検査・治療を計画した方がよい。
それはあくまでも、検査治療を行いたくない人が考える手段であって、
そんな事はやるべきでないという結論になっている筈だけど。

>>300の書き込みでは、『母乳性黄疸であれば放置してもよい』という
解釈にもつながり、『母乳性黄疸に対する光線療法は行うべきではない』という
ポリシーの持ち主かと思った。

そのjournalの内容は常識。


308 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:04 ID:8+V02Yz1
307追加
『クームス試験で新生児溶血性黄疸かどうかの区別はつくが、』
とは言っても、感受性は低い。

309 :300:02/06/14 15:14 ID:CO20Mrqa
>母乳性黄疸に対する光線療法は行うべきではないという
>ポリシーの持ち主
そうでは無いです(藁

>そのjournalの内容は常識
なるほど私は他科ですが小児科(ですか?)の先生にとって常識なら
安心です
こまごまと質問に答えて下さってサンクスです



310 :297:02/06/14 15:18 ID:8+V02Yz1
ところで、最初の質問に戻るけど自宅分娩後の児の黄疸の管理って、
どうやってるの?
経験者の方がいたら、『そうい言えばあの助産婦さんは、こうやっていた』とか
あったら教えて。

311 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:22 ID:brezA7Ye
>296
思っています。

>297
白目の色で判断していました。
色の表を持っていて、それと比べていました。
でも、一度目の自宅出産のときの助産師さんはそんなことはしませんでした。
していなくても目で見てチェックはしていたのでしょうけれど。
もし明らかな異常(黄疸が強すぎる、早く現れるなど)の場合は病院へ行ったと思います。
それから、母乳黄疸は他に異常がなければ放置で構わないと、ある小児科の先生に聞きましたが・・・。

>298
自宅でもし何かあったら、一生後悔すると思います。
自分を責めるでしょうね。
自分のワガママで自宅を選んだのですから。
それから、近所の個人病院の医者は
「助産師は(正常な)出産に関しては医者よりスキルがある。異常がなければ必ずしも病院で生む必要はない。」
と言っています。
だから私も自宅出産したのです。
もしこの医者の言葉がなかったら、病院で出産したでしょう。
妊娠中でも出産時でも、少しでもおかしいと思ったらすぐに連絡しなさい、と言ってくださいました。
もし妊娠中に総合病院に行く必要が起きたら紹介状も書いてくれると言っていました。
が、何か?

312 :300@他科:02/06/14 15:25 ID:Vmly17Ie
>白目の色で判断していました
それはちょっと....ですねえ

>母乳黄疸は他に異常がなければ放置で構わない
母乳黄疸については上記の通りです



313 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:36 ID:/wuJ+19s
産科で出産しましたが、白目の色などを含めた全体的な色で
黄疸は判断されていました。
生後三日で必ず血液検査がされていましたけれど。

だからこの点で、助産院や自宅出産は・・・というのはと言われても
実感がわかないんですけれど・・・。
必ずその黄疸計を使うものなんですか?

314 :300:02/06/14 15:48 ID:7i2+HeD8
>313
その産科では24時間母子同室でしたか?
そうであっても沐浴などであかちゃんが連れ出されるときに
体温などと一緒に測っていることが多いです
ミノルタの黄疸計はみみっぴみたいな物なので
測るのは一瞬です,痛みもないです(光をあてるだけ)

産科で測ってないということは..無いと思いますが...

315 :313:02/06/14 16:02 ID:/wuJ+19s
>>314
えと、すみません。
産科ではなくて産院です。
24時間母子同室です。
ただ午前中は沐浴があるため、連れて行かれていましたが。
計っているのでしょうか。

うちの子は見た目がけっこう黄色かったので、何度か大丈夫か聞きましたが、
心配なら計ってみますか、と連れて行かれて計ってました。
だから測ってないのかと思えたのです。

316 :297:02/06/14 16:32 ID:8+V02Yz1
ミノルタ黄疸計は正確さに難があります。
従って、病院や診療所では比較的厳しい基準で血液検査を
行うかどうかを決定している事が多いと思います。
(ミノルタで20以上くらいが多いかと)
もし仮に助産院や自宅分娩でミノルタを使用していたとしても、
病院で採用しているような厳しい基準を用いると、
高頻度(たぶん2〜3割くらいか?)で血液検査が必要であるという
結果が出るでしょう。
でも、自宅分娩では気軽に血液検査はできないだろうし、
実際のところは自宅分娩では『取りこぼし』が多いのではないか
と危惧されます。

最近、ミノルタから正確な実測値を表示する機種が発売されましたが、
それはごく最近の事で、それを採用しているとは考えづらい。
(何年か前にもATOMから実測値を表示する機種が売り出されているが、
メンテが面倒で評判は悪い)
どうなんだろうか。

317 :名無しの心子知らず:02/06/14 17:16 ID:vSjUFXmu
>どうなんだろうか
って...(藁
ここでこの質問に答えられる人なんかいるのかね
>316が小児科or産科なんだったら
直接助産師に聞いてみればいいのに

318 :297:02/06/14 18:11 ID:8+V02Yz1
そんな堅いこと言わずに実態を知っている人がいたら、教えて。
もし、このスレを見ていたら、自宅分娩に関わっている助産師の人でもよいので、
レスくださいな〜。

319 :名無しの心子知らず:02/06/14 18:47 ID:a65wiSAi
>>311

>「助産師は(正常な)出産に関しては医者よりスキルがある。異常がなければ必ずしも病院で生む必要はない。」

これね。
カッコイイ言葉だけど惑わされちゃイケナイ。
非常に個人差があるんだから。<助産師のレベル
あなたは幸いにも優秀な助産師に当たったのかもしれない。
でもまぁ>>265みたいな助産師も存在するのよ。
何かあったのにそれでも感謝しちゃってる親。
崇拝しているんだか洗脳されてるんだか知らないけどね。

新生児が発熱してるってのに保育器で更に温め続けて高体温にしちゃう助産師。
鎖肛を見抜けずに母乳を与えていた助産師。
血型不適合の早期黄疸児を放置してた助産師。

これらは皆開業されてる(自宅分娩も扱ってる)助産師の皆様の所業。
新生児の治療は早期発見・早期開始が重要って事は覚えておいてね。
生まれたからOK!って訳じゃないんですよ、赤ちゃんは。
正常分娩のスキルはあるかもしれないが、新生児に関するスキルは・・・(以下自粛

320 :名無しの心子知らず:02/06/14 18:51 ID:8+V02Yz1
>>319
>新生児に関するスキルは・・・

あやし、授乳、それと・・・・・・
ウ〜〜〜〜〜〜〜〜ン

あと何だろう。

321 :名無しの心子知らず:02/06/14 18:53 ID:8+V02Yz1
あっ、そうだ。
オムツ交換があった。

322 :名無しの心子知らず:02/06/14 18:59 ID:a65wiSAi


・・・・・。

323 :名無しの心子知らず:02/06/14 19:00 ID:a65wiSAi
生まれ来る新生児の自然治癒力が爆発的に豊かな事を祈ります。

324 :名無しの心子知らず:02/06/14 19:04 ID:8+V02Yz1
>>319(ID:a65wiSAi)はたぶん小児科の先生だと思うけど、
爆発的な自然治癒力を持っていたら、失業しちゃうよね。
その時は別の道を考えましょうか、お互い。

325 :319:02/06/14 20:01 ID:XfulwjmB
>324

失業したら困りますけど(笑
でもそれで多くの新生児が無事に育つ(自己回復)ってのなら
悪くはないかなぁ。
ホントに親の考え方次第で、子供の将来が左右されるって事は
十分ご承知おき頂きたい。
生まれる時だけが大切って事じゃない。
その後の体外適応期間が非常に重要なのですよ。
開業したり自宅分娩の介助をするってのなら、その後の新生児のケアも頼みますよ。
でも自信過剰な助産師の多くは、そんな事微塵も感じないんだろうなぁ。
信頼して身をゆだねる産婦が気の毒。

326 :名無しの心子知らず:02/06/14 20:16 ID:b7r60T4Z
かなり経営に熱心なイマドキの産院で産みました。
小児科付きで助産婦も20人くらいいて、設備も立派で産婦人科の看護婦だった母も
太鼓判を押す病院でした。
ただ、イマドキすぎて、自然マンセーなので促進剤で調整するなんてことは
絶対せず、一晩に8人出産があったりすると満足に人がつかないし、分娩室
もあかない。こっちは妊娠中毒のハイリスク妊婦なのに微弱陣痛&下痢&
38度の発熱でも促進剤は最後の最後で打たれ(さんざんリスクについて脅された後)、
生んだ後はもちろん同室で、母乳指導がきつくて泣けた(下痢が治ってないんだってば)。

自然マンセーは、健康な妊婦でなければきついと設備の整った病院でも
おもったのでした。

327 :名無しの心子知らず:02/06/14 20:51 ID:brezA7Ye
>319
>非常に個人差があるんだから。<助産師のレベル

その通りだと思います。
自分は良い助産師さんに巡り会えたと思っています。
私は独身時代、病院に勤務していました。
とは言ってもただの助手なので、専門的な知識はありません。
ただ、有資格の医療従事者のすべてが有能では無いと言うことは実感できました。
普通の世界と同じで、ピンからキリまでなのだ、と思いました。

これだけ皆さんが色々言ってくださってるのに、次も自宅でと言う気持ちは変わりません。
すみません、ドキュンですね。
逝きます。

328 :名無しの心子知らず:02/06/14 20:59 ID:fKMgSWwZ
>>327

それだけの信念を持っているのならイイのではないですか?
下手に”生ませてもらおう”と依存的な人より
有意義なライフイベントになると思います。
自宅分娩で起こりうるリスクを承知した上選択するのなら、
自信を持って臨んでください。

新生児のポイントは
@ピンク色の顔色 A哺乳力が良好 B元気に泣く(身体を活発に動かす)
上記が揃っていればまず問題ありません。

赤ちゃんの主治医はあなたです。頑張って下さい。

329 :無限ループ:02/06/14 22:13 ID:6FILFhXW
だからベビーが出てきて真っ青だったらどうすんだよ。

330 :名無しの心子知らず:02/06/14 22:52 ID:34jYtW7Q
>>329

その時には諦めるんですよ。

331 :名無しの心子知らず:02/06/14 23:00 ID:FJ1dCntK
それが、自然淘汰のメカニズム。






だから、それが許せないって言っているんだよ。

332 :名無しの心子知らず:02/06/14 23:05 ID:34jYtW7Q
>>331

自然淘汰なら仕方ないんじゃないの?
人為的なミスは許せないけど。

333 :名無しの心子知らず:02/06/14 23:11 ID:NdfH+ax0
>>332
仕方ないって、もし自分の子が淘汰されてもやっぱり仕方ないの?
人為的ミスは当然許せないけど、人為的措置で生かせる命なら
なんとしてでも救いたいと思わない?

334 :名無しの心子知らず:02/06/14 23:26 ID:6FILFhXW
>>332
虫歯が痛くっても歯医者に行かないでね

335 :名無しの心子知らず:02/06/14 23:27 ID:a65wiSAi
>>333

自宅分娩で自然に淘汰されるって事はないと思う。
妊娠を継続出来た次点で生き残れる力のある子供だと思うから。
人為的措置で助けられるんなら何としてでも救いたい、か。
それには子供が”障害持ち”になる事を覚悟する必要があるよね?

恥ずかしながらYESとは言えないや・・・。


336 :名無しの心子知らず:02/06/14 23:55 ID:/zeanxv+
>335
人為的処置=障害の可能性だから人為的処置はしないということですか。
でも、設備の整った病院で医療的なバックアップが得られれば、子供は
すんなりと生まれることができるかもしれないんだよ?
その手段は自分で放棄しておいて、その結果子供に障害ができれば、生
まれないほうがいいと?どこまでも自分勝手な人ですね。
母親なら、子供が障害があっても無事に生まれてくる少しの可能性にも
かけるものではないですか?

337 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:03 ID:Iggivhlr
>>335
あなたね、小児科医でしょ!!
あなたは普段、障害持ちになる事を覚悟の上で治療に当たっているのか!!!!
新生児期の疾患には当然の事ながら、医療の介入がないと
救命できない疾患は山ほどあるが、そのうち重度の障害を背負う運命の児が
どの程度いるか分っての発言か!!!
現代の医療水準では26週以降の未熟児なら、95%が『障害なき生存』が可能なんだぞ。
(少なくとも私が勤務している施設では)
この児は助けてもどうせ障害が残るから・・・
なんて考えながら治療に当たっている小児科医がいるとは、はっきり言って失望した。
確かに、いわゆる『延命治療』になってしまう様なケースもあることは事実だが、
あなたの発言は現在頑張って生きている障害者に対して、
『現代医療はあなた達を助けるべきではなかった』と言っているのと同じだ。

自宅分娩で淘汰される事がない、なんて抜かしているが、
妊娠が継続できれば、その後に医療の介入が無くても淘汰されるケースはないって事か!!
新学説として、発表してみるがよい。

>>336へ。
あなたの意見が最も常識的だと思います。>>335=>>319ですよ。つまり、小児科医。
                   (ID:a65wiSAi)

338 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:15 ID:quFlPl3e
でも実際に障害を見てるからこその本音なんじゃないの?>>335
仕事とプライベートでの見解は違うでしょ?
救うのに生き甲斐を感じてるだけの医者もいるじゃない。
自分が育てるとなると別なんじゃないかなぁ・・・。

339 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:21 ID:ot83Cung
>>337

漏れの知り合いの小児科医は
ss26w3dで破水して”堕ろしてくれ”と哀願してきたぞ?(ワラ
>>335の意見は冷たいようだが人間の本音だと思うね。
可笑しくも何ともないと思うが?

340 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:24 ID:6TEhKjvv
>335
えーっお医者さんだったの、信じられない・・・。
小児科医なら、障害を持ちながらも毎日一生懸命生きている子供や
それを支える親たちに日々接しているだろうに。
母親としてはあなたのような医者には一生縁のないことを祈るのみ。


341 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:26 ID:HTDynWkL
>>338
重度の障害を持っているがために、家庭が壊れて親までもが障害児の我が子
を避けるようになってしまうケースはかなりある。そういうのを見ると、
この子は頑張って生きているけど、本当に幸せなんだろうかと考えさせられる事はある。
でもそれとこれとは、話の次元が違う。

342 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:29 ID:ukvmw4MQ
>>339
『堕ろしてくれ』って、ひょっとしてその小児科医が愛人に作らせた子供?

343 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:31 ID:DvWI2yEo
>340

>小児科医なら、障害を持ちながらも毎日一生懸命生きている子供や
それを支える親たちに日々接しているだろうに。

だからこそYESって言えないって気持ち、何となく分かるような気もするよ。
他のレスを見ると酷い医者って感じはしない。>>335
自分達のスキルあげるためだけに頑張ってるような医者を知ってるから
余程人間味があって医者としては信頼してしまう自分は逝ってよしですか?


344 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:33 ID:DvWI2yEo
>>342

愛人に作らせた子供でも何でも我が子には変わりないんじゃないの?
子供嫌いな小児科医だって居るんだしさ。

345 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:34 ID:ukvmw4MQ
>>343
あなたは共感を持つかもしれないが、障害児を抱えている親は反感を抱くだろうな。

346 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:35 ID:DvWI2yEo
っつ〜か個人的には>>339みたいな小児科医には当たりたくないね。

347 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:37 ID:CWPvm1nv
>>345 それでもやはり障害児は産みたくないです。

348 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:40 ID:CWPvm1nv
>335みたいな医者も嫌だが
子供堕ろしてくれとお願いする小児科医の方が怖いです(;´д`)

349 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:46 ID:Eq5lDEuJ
妊娠なんて、賭けみたいなもの。
目出度く臨月まで妊娠が継続されたなら、あとは、何が出ても私の子だ、と、
覚悟を決めて、産むしかない。

本題に戻ると、もって産まれた障害ならともかく、自宅分娩でトラブって
それが原因の障害だったら、泣くに泣けない。


350 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:51 ID:CLR9eD7F
>349

だから自宅で産める人は実際に泣かないんだって(w

351 :名無しの心子知らず:02/06/15 01:16 ID:+7oc/4SH
>>341

頑張って生きているって言うけどね、生かされてるだけってケースもあるよね?
妊娠22週以降なら生むしかないでしょ?
親の意思に関係なくね。
小さな命を助けるのは尊い事よ。
でも”助ける”事に酔い痴れてないかなぁとも思う。
親の気持ちは置き去りのまま「助けてあげましたよ〜」と言われて勝ち誇られても困ってしまう。
助かったら助かったで育てなければならないのよ。<強制的に
小さな子供の命を助けるのなら親の気持ちも助ける制度をもっと充実させて欲しいと願うよ。

ごめん話蒸し返して。
最後に言いたかったの・・・。


352 :341:02/06/15 01:22 ID:Fb7O7BpH
>>351
>親の気持ちも助ける制度をもっと充実させて欲しいと願うよ。

それは私もそう思う。

353 :名無しの心子知らず:02/06/15 01:35 ID:jYcE2+sf
ERで今、赤ちゃんが生まれた。
ドラマでも感動しちゃうなぁ。。。赤ちゃんが生まれるって。(感涙

354 :名無しの心子知らず:02/06/15 01:47 ID:U30LoyUA
感動した!

355 :227(亀だけど):02/06/15 08:31 ID:A+mAnl+V
>>245
普通の分娩台の姿勢をとっていると胎児の重みで産婦の背中の動脈が圧迫
されるし、重力と違う方向へ押し出さなきゃいけないでしょ。あれって・・
不自然だよなぁ。
座る形は、流産の処置で乗ったことがあるけど、重力の助けを得るから、
お産が早いかな、とは思った。
でも、どちらにしても、身動きできなかったら痛みを逃せずにつらいだろう
なと思った。

陣痛促進剤についてはもちろん、管理出産じゃないところを捜せば
いいんですけどね。個人病院だったら、「そのとき初めて出会う医師」
だの「研修医ぞろぞろが見学」はなさそう。

>>249

>病院と助産院のCPの統計比べって正確なのはできないんじゃないの?
>だって、助産院・自宅の場合はあくまでも順調で正常な妊婦だし、
>病院にも当然正常な妊婦もいるけれど異常な妊婦がまわってくるんだから。

「助産院・自宅の場合はあくまでも順調で正常な妊婦だし」というのが
よくわかりませんが、私も別に助産院でうまくいかず搬送された例を
「病院でCPになった例」ととらえたいわけではありませんです。

356 :名無しの心子知らず:02/06/15 13:21 ID:MqoHenmq
>>351

確かに育てなければならない親御さんの気持ちって大切だよね。
小児科Drは目の前に状態の悪い子がいれば、全精力を傾けて治療に当たるだろう。
それはそれで素晴らしいことなのだが・・・・。
助ければ皆がHAPPYってなら問題ないけれど。
後に残された家族の気持ちは蔑ろにされてるって事が多いのかもしれない。<日本
メンタルサポートは後進国だもんなぁ。
そこらへんの充実を医者にも真剣に考えて欲しいね。


123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)