2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

水子について(一キリスト教徒から仏教徒への問い)

1 :一クリスチャン:02/12/26 22:45
 私は、プロテスタント系の一クリスチャンです。私には付き合って
いる女性がいました。彼女の家は浄土真宗でした。
 彼女の母親が、クリスチャンである私との交際に大反対で、結局別
れることになりました。最初は、そうでもなかったのですが、彼女の
妹が赤ちゃんにして亡くなっていまして、彼女の母親、そして彼女の
中ではお墓参りをして、その妹を拝んでいるので、その妹が例えば交
通事故を起こしたときも奇跡的に人身事故にならないですんだとかい
う思いがあり、それを持ち続けている、クリスチャンは神様だけで死
んだ人を拝まないのだと言う点でかなりの反対を受けたのでした。
知り合いの浄土真宗を熱心に勉強している方に聞くと、水子供養
と言う概念は真宗にはないといわれました。
 仏教徒の方がたへ、仏教に関しては門外漢ゆえに失礼があるかも
しれませんが、その点はお許しください。
その上でいろいろとお聞きしたいことがあります。出来ればどちらの
宗派の教えかを明らかにしていただいた上で、なのですが。
1.キリスト教徒との結婚には抵抗があるか?(自分の場合と家族の場合)
2.水子の教えがあるとしたらどのようなものなのか?なんと言う経典に
 基づくのか
3.無力な赤ちゃんが亡くなって、生きている人間を守る力があるとするならば、
 何故にそのような力を持つことが出来るのか?
4.そもそも死者を拝むと言う教えがあるものなのか?真宗の場合阿弥陀仏へのみ
 の信仰だと言っていました(不十分な理解かもしれません)
以上よろしくお願いします。
狂信的なクリスチャン、あるいは仏教徒、あるいはその他の方々の一方的な押し
付けがましい書き込みはご遠慮ください。



2 :漂泊の2ゲッター:02/12/26 23:08
2ゲットだフラァ!!
     ∧∧,..,、、.,、,、、..,_       /i
   ;'゚Д゚、、:、.:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
   '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄     
    `"∪∪''`゙ ∪∪´´

3 :名無しさん@1周年:02/12/27 01:00
1はこれを見て勉強しる!
http://www8u.kagoya.net/~ut-info/multi/abortion/abortion.mpg
http://www.e-medinavi.com/cyuzetsu/cyuzetsu-s.htm
http://www.abortioncams.com/
http://www.christiangallery.com/atrocity/smdead.html
http://www.abortiontv.com/AbortionPictures1.htm

4 :名無しさん@1周年:02/12/27 01:45
浄土真宗=仏教の一つであっても仏教≠浄土真宗なんですよ。

5 :名無しさん@1周年:02/12/27 06:39
>4
ええ,そのことはわかっています。
>3
妹は流産だったのです。堕胎ではありません。

6 :名無しさん@1周年:02/12/27 06:48
(´・∀・`)ヘー

7 :一クリスチャン:02/12/27 19:52
すみません、レスをお願いします。

8 :名無しさん@1周年:02/12/27 20:13
>>7
年末の忙しいときに、こんなスレ立てても、誰もレスしないってば・・・

9 :名無しさん@1周年:02/12/27 20:19
逆に聞きたい、あなたは仏教徒(宗派問わず)との結婚に抵抗無いんですか?
例えば、仏式(仏様の御前で)で結婚式は出来ますか?
尊重しあえれば一番いいけどね。

10 :一クリスチャン:02/12/27 20:25
浄土真宗の阿弥陀仏はキリスト教の神に似ているなと思いました。
日蓮宗の人に話を聞きましたが、何を信じているのか何を礼拝し
ているのかがいまいちわかりません。


11 :名無しさん@1周年:02/12/27 20:32
私は別にクリスチャンに抵抗は、ありません。
しかし、相手の心を傷つけることが、はたして貴方の信じている
神が許されるでしょうか。


12 :名無しさん@1周年:02/12/27 20:32
真言宗(真言以外は解りません)では、生きとし生ける者すべてに仏性(ぶっしょう)があると考えます。
水子であろうと動物であろうと、供養をお願いされましたら供養致します。
死者の供養に関しては淨土系の方に聞かれた方がよろしいかと存じます。

13 :一クリスチャン:02/12/27 20:57
>12
なるほど、そういう考え方なのですね。ありがとうございました。
>11
相手の心をいたずらに傷つけることは許されません。
しかし、クリスチャンにとっては神を愛しなさいと言うのが第一にしなければならな
い戒めであり、神以外のものを礼拝するということは、出来ないのです。
ただ、相手の心を理解する心に欠けていたという自責の念はあります。

14 :一クリスチャン:02/12/27 20:59
ただ、阿弥陀仏などの概念が私の思う神に近いものであるならば、
それを受け入れよう、積極的に信じられなくても互いに尊重することは
出来るかもしれないとは思っていました。

15 :名無しさん@1周年:02/12/27 21:09
>>13
私は、神より人を第一だと考えています。
人を愛することが出来ないで何が神でしょうか。

16 :一応真宗門徒:02/12/27 21:12
 実家が真宗の門徒で坊さんと親しいので返事します。
@抵抗ありません。すべて人は仏の子ですから。
A幽霊も水子もありません。人はすべて死んだら仏に救われるからです。(絶対他力)
B守る力はありません。この家族は誤解してます。阿弥陀如来によって救われるのです。
C死者を拝むということもありません。
 以上ですが、この家族はなにか間違えているのです。
 ちなみに南無阿弥陀仏とは「計り知れない仏の教えに帰依します」の意味です。

 なお私は新興宗教の信者ですが、キリスト教と浄土真宗はその精神性において
 同一傾倒としていmす。
 

17 :名無しさん@1周年:02/12/27 21:17
>以上ですが、この家族はなにか間違えているのです。


そういう人は実際多いとおもわれ。



18 :西方浄土のアミダ仏♪:02/12/27 21:19
阿弥陀仏は古代人の迷信の所産です。
ブッダはそんなドン臭いものを説いていません。

19 :名無しさん@1周年:02/12/27 21:19
>>15
クリスチャン、......(中略).........の一方的な押し
付けがましい書き込みはご遠慮ください。

最初に言っておいたはずですが。

20 :名無しさん@1周年:02/12/27 21:22
>>18
大乗非釈迦説。

21 :名無しさん@1周年:02/12/27 21:23
>>19
しかし、実際に1さんが苦しんでおられます。
別の見方もまた必要だと思いますが。

22 :毒素僧正 ◆nii25iN9ag :02/12/27 21:27
死者(水子を含む)を「拝む」っていうのは、仏教ではないよ。
現実的に仏式の葬儀や法事は「亡者供養」ではないかといわれても
仕方がない状態だけど、それにしても「供養」と「拝む」のは違う。
クリスチャンの1さんがこのあたりを知ろうとするとき
本来の仏教と日本の(あるいは東アジアの)祖霊信仰を
区別して考えないと大きく誤解してしまうので要注意。

とくに↓の部分は、仏教とは分けて考えるべきまったくの祖霊信仰。

>1
>彼女の母親、そして彼女の
>中ではお墓参りをして、その妹を拝んでいるので、その妹が例えば交
>通事故を起こしたときも奇跡的に人身事故にならないですんだとかい
>う思いがあり

23 :名無しさん@1周年:02/12/27 21:44
じゃー淨土系は、自分自身と関係なく、アミダ仏が存在すると説いているんですね。
一回聞きたかったんだけど、淨土系の僧侶また在家信者の目指す境地は何ですか?

24 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/27 23:07
うちの近所では、臨済宗の寺でが水子供養してるよ。
水子なんて文句ナシに迷信なんだけどね。
以前、僕にも水子の霊が憑いていると言われたことがある(w

1.カトリックの人なら、むしろ歓迎ですね。ただ、倦怠期になったら泥沼の家庭宗教紛争になるかも知れないけど・・。福音派信徒は友達までで止めておきたい・・。彼らのどれほどがノンクリと友達になってくれるかどーかは、怪しいけれど・・。
2.水子は仏教的な観点(無記の思想、あるいは中有⇒輪廻の思想、あるいは極楽往生の思想、のあらゆる思想的立場)からは、如何なる詭弁を弄しても、迷信です。
3.迷信なので、そんな力はありません。
4.死者を拝むという風習は、世界中どこでもあったと思います。仏教にもそういう風習が入り込んだんでしょう。カトリックの聖人崇拝だとか、或いはイエス・キリストにしても根っこは同じようなものだと思われます。スケールは違うけど。

>1
>彼女の母親、そして彼女の中ではお墓参りをして、その妹を拝んでいるので、その妹が例えば交通事故を起こしたときも奇跡的に人身事故にならないですんだ

これは奇蹟ではなく、単なる自然の摂理でしょう。または偶然、あるいは事故った時点で呪われているんですよ(w








25 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/27 23:15
>日蓮宗の人に話を聞きましたが、何を信じているのか何を礼拝しているのかがいまいちわかりません。

久遠実成の釈迦如来。
まあ、生身の釈迦ではなく、法身の釈迦、つまり永遠の仏としての釈迦を信じてると考えたらいいと思われ。
キリスト教的に言うなれば、「人としてのイエス」ではなく、「主なるキリスト」を信仰しているのだ、と考えたらいいかと。
法華経の16章に書いてある。
因みに、日蓮正宗(&創価学会)は、日蓮本仏論を取るので、日蓮宗とはちょっと考えが違います。


26 :名無しさん@1周年:02/12/28 01:16
全知全能の神はたかが人間の考えなど知ったことではないし、それに沿うこともない。
神が真にいるなら全世界で同一の認識を持った存在への信仰が生まれただろうが、そんなことはない。

つーかさ、ユダヤ教やキリスト教信じてる奴のコンマ何%の奴が、その前にあった宗教を取り込んでいったという
事実を知ってるのかねぇ。

結局同じ考え方をした団体の中で安心したいってのが本音なんだから奇跡だの、
信じない奴にはサタン(これも迷信なんだがシラねえ奴ばっかだしな)が付いてるだの言うんじゃねー。

そんなもん信じて人を第一に考えられねえ様な奴が結婚とか言うな!!

27 :名無しさん@1周年:02/12/28 07:19
>15,26
おっしゃることわからないでもないのですが,
うつろい易い人の心に絶望し,(私の心も含めて)自殺したいと考えたことのある
私にとっては,聖書に書かれているイエスの愛をまず第一にし,それを規範に
家庭を築いて行きたいという思いがありました。彼女にとってそれが阿弥陀仏なら
問題はないと思っていたのに,実はそこが問題ではなくというのが,すごく戸惑い
を覚えたところでした。
>22
まさにその点かもしれません。
日本の(あるいは東アジアの)祖霊信仰というのが問題だったと彼女の別れのとき
になんとなく思いました。阿弥陀経とか無量寿経とか経典のあるものなら,調べて
理解し,話し合うこともできるのでしょうが,最後まで気づきませんでした。

28 :一クリスチャン :02/12/28 07:23
27は1です。

29 :名無しさん@1周年・15:02/12/28 21:36
>26さんに同意いたします。

普通の女性がキリストとか阿弥陀仏とか言わないものでしょう。
私の家は、浄土真宗ですが阿弥陀仏とかなんとか言ったことなど
ありません。
例えば私だったら「キリストの教えを第一に考え家庭を築きたい」と
言われたらやっぱり嫌です。
「仏の教えを第一に・・」でもやっぱり嫌です。
彼女のことをなぜ第一に考えなかったのでしょうか?




30 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:00
日本の仏教は仏教ではないので。

31 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:18
既に
水子供養がごく最近に寺の銭儲けの為に始まった
ということが周知されてると思ってたよ。

まだ、こんなのに騙されている愚か者がいようとはね。

32 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:28
>>31
http://ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/column6.html

水子供養なんてのは、佐藤栄作首相時代に人口を増やせば国力が上がると考えたウヨが石材屋とつるんでデッチ上げたモノに過ぎないのです。


33 : :02/12/29 01:49
すんません。
スレとは直接関係ないのですが、仏教の迷信?がらみで
質問させてください。
いわゆる”業”についてです。

1.先天性の身体障害
2.後天性の身体障害
3.出生地が被差別部落関係

はいずれも仏教(日本仏教?)では“前世の悪行”が原因
と教えられているのでしょうか?
私は以前からこの考えに疑問を持っておりました。
実際のところ迷信・因習の類なのでしょうか?

話の腰をおってしまい申し訳ありませんが、
くわしい方が多そうなので質問させていただきました。


34 :名無しさん@1周年:02/12/29 02:04
>>32
>かもがわ出版  
ブサヨ出版社。


35 :名無しさん@1周年:02/12/29 02:05
>>33
迷信。

36 :名無しさん@1周年:02/12/29 02:09
そのサヨに手も足も出ず愚痴るカルト

37 :名無しさん@1周年:02/12/29 06:07
>>33
迷信ですね。

昔の人は、怨霊とかに振り回されていましたから浄土真宗のような考え方
が生まれたものだと思います。

38 :名無しさん@1周年:02/12/29 06:07
>33
それは仏教本来の思想にはない
インドの輪廻転生思想が混入したことによるもの
それと縁起が結びついて、因果応報の思想になった。

39 :名無しさん@1周年:02/12/29 06:53
ではなぜ幸不幸が起こるのか

40 :名無しさん@1周年:02/12/29 07:30
>39
神の気まぐれだ。

41 :一クリスチャン:02/12/29 07:30
>29
なぜ?といわれても,答えに窮してしまいます。
彼女の母親が反対しだすまでは,特にこれといった波風は立ちませんでした。
で,彼女の母親が反対したのは,クリスチャンで家は仏教だからなのです。
では,仏教とは何かを曲がりなりにも調べ,クリスチャンとは何かを知っても
らおうと思ったわけです。

私が彼女に対していったことは結婚したら私の命はは貴女のものだということがメイ
ンでした。「夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられ
たように、妻を愛しなさい。」と聖書には書かれている,キリストが私のために命
を投げ出したように私もあなたのために命を使いたいと語るのがそんなに悪いこと
だったのでしょうか? 「キリストの教えを第一に考え家庭を築きたい」と微妙に
ニュアンスを変えないでくださいね。「イエスの愛」が私の言った言葉です。

42 :名無しさん@1周年:02/12/29 08:10
>>40
 神がきまぐれで幸、不幸を決める、そんなのアリ?
神のせいにしても不満が消えることはないけど、
自分の問題とすると、不満とかそういうものはなくなる。
謙虚な気持ちで物事を見つめられるようになる。心が落ち着く。

43 :名無しさん@1周年:02/12/29 08:55
>自分の問題とすると、不満とかそういうものはなくなる。

 まあ、こういう考え方は周囲に迷惑をかけずにいれるけど、
神経症的になっちゃったりしないかなあ?いつも自分を責めて
いると頭痛持ちになっちゃったりして・・・。周囲の人が、
自分を抑えているあなたを見て、客観的に理解しづらい人だ
と勘違いしちゃったりしないかなあ?自分を責めたりして、
感情の相克が激しい、裏表の激しい性格になっちゃったり
しないだろうか?
 たとえば、自分の幼い子供が突然肺炎で亡くなったりした時、
自分の問題として処理できるかなあ?神様に悪態ついたりも
して、徐々に起こった出来事を受け入れていくなんてのも
アリなんじゃないかなあ?

44 :名無しさん@1周年:02/12/29 09:45
>>38
>それは仏教本来の思想にはない
>インドの輪廻転生思想が混入したことによるもの
>それと縁起が結びついて、因果応報の思想になった。
輪廻思想は仏教の根幹だろう。
輪廻からの脱出を目指す宗教なんだから。
もし、輪廻がないのなら、この世がいくら苦に満ちていても死ぬのを待てば後は苦
しまないし執着もないですんでしまう。それなら、修行を積んでまで成仏する必要
がなかろ。成仏=入涅槃とは、執着を離れる事により苦から逃れる事なんだからさ。



45 :名無しさん@1周年:02/12/29 09:51
>>1
キリスト教でも、教派によっては死者の為の祈りってあるよね。
死者を拝むのではなく、死者が神に許されていますように、と神に共同祈願や代願
するという形で。
カトリックの死者のためのミサ(レクィエム)とかオーソのパニヒダってそんなも
のでしょ。プロでも聖公会なんかは祈願の際に「特に今週の逝去記念者○○さんを
憶え」なんて祈祷を神に奉げているよ。
(確かに一部のプロテスタント新保守派には 死者のために祈る事すら嫌悪する教
派があるのは知っているが・・・・ そっちがマイナーな気がする
――もっともカトが加わった側が常にメジャーになっちゃうんだがね、圧倒的に信
徒数多いから)

46 :名無しさん@1周年:02/12/29 09:53
>>42
> 神がきまぐれで幸、不幸を決める、そんなのアリ?
キリスト教的にはアリ
神は創造者だから被造物の行く末を自由に決めておく権利がある。
ついでにいえば、すっげー悪い事をしたヤシを天国入りさせ、マザーテレサ
みたいな人を地獄に落とす事を、天地創造の前から決めておくのもあり。

47 :名無しさん@1周年:02/12/29 10:15
>>14
>ただ、阿弥陀仏などの概念が私の思う神に近いものであるならば、
その心根は尊く感じるけど、阿弥陀はユダヤ=キリスト教の神からはかなり遠いよ
もともと人であった者が功徳で、世界の真理を覚り他人にもその救いの内容を教え
かつ助けてくれる(自分が説教している場所=浄土に導いてくれる)というんだか
ら。
どっちかつーと、聖人に近いんじゃないか?(阿弥陀が成仏できたのは真理の力の
源である大日のおかげ、聖人が聖性に満たされて一生を貫けたのは神の恩寵 とい
う考えだから。
その点汎神論的ではあるが、大日如来の方がまだ阿弥陀如来よりはユダヤ=キリス
ト教的創造神に近いと思う。

48 :名無しさん@1周年:02/12/29 10:53
>>47
本来的な仏教の目的は「自己の完成」だからね。
平たく言えば「自分が良く在るためにはどうすればいいか」ってことが主眼で
この世界を誰が作ったかとか死んだら極楽へとかいうのは本旨ではない。
悪く言えば単なる「生活の知恵」なんで、キリスト教の如く強烈に一神を
信仰するべきと叫ぶものとは最初から立ってる場所が違う。

仏陀は悟りを開いた「人」であり、イエスは「神の子」。全然違うのだな。

49 :名無しさん@1周年:02/12/29 11:39
>>44
輪廻は、あらがい難いもの(と信じている人)を説得するのに、
→→→それから出ることが可能と言った。

こういう言い方をして、納得してもらったんじゃない?

輪廻自体が、人の側にかかっている←←これこそ理念の大転換
これを突き詰めるのは納得したあとでってなもんで。

で、突き詰めたら、輪廻は生まれではなく死に方にかかっている
→→→輪廻を階級差別から切り離し、死に方を決める生き方に重きを置く
→→→輪廻は生き方を決める要因ではなく、生きている者が思い悩むものではない。つまり、
→→→輪廻からの解放。

50 :名無したん ◆jbl6actWF. :02/12/29 12:33
何か書いていないかと思って、中公新書の法然賛歌を読み直したけれど、水子
供養、まして死者の力を求めるのは、浄土教の考え方じゃない。
阿弥陀如来は死者じゃないのかよと突っ込まれると困るが。

真言宗僧侶で人智学者の西川隆範師によれば、死者を送り出すには、故人の人
生を語って聞かせるのが最良(この辺は、チベット仏教の影響だと思われ)だ
が、語って聞かせるだけの人生を過ごしていない子供には、宗教的儀礼をもっ
て送り出すのが良いとされるそうで、水子供養の考えは、この辺に立脚するの
だと思われ。

儀礼によって、死者の力を求めるというのは、道教や神道との習合によるもの
で、本来の仏教にはない思想だと思われ。宗教学より民俗学が扱うテーマだと
思われ。

頭が煮詰まっているので、妙なカキコかも知れず。スマソ。

51 :名無したん ◆jbl6actWF. :02/12/29 13:26
浄土宗出版室のホムペに、先祖のまつり方Q&Aという本が出ていたので、安
い本だし、買ってみてはどうかと。
ttp://press.jodo.or.jp/list/namu.html

漏れは、お手紙からみる法然さま、という本を注文しようと思われ。

52 :ひみつ:02/12/29 13:33
根本的に、浄土真宗とキリスト教は、同じだと思うんですけど・・・
ミトラ信仰の影響もありますが、
西本願寺の奥深くには、親鸞聖人直筆の聖書があると、
昔からいわれていますね。
少なくとも、八世紀には中国で、景教(キリスト教の一派)が、
大流行したのは歴史にも残っていますしね。

53 :名無したん ◆jbl6actWF. :02/12/29 13:37
浄土真宗つうか、中国の浄土教が、アッシリア教会と習合したという説
ですな。同意だけれども、法然上人の手で組み替えられた時点で、日本
の浄土教は、キリスト教とは一線を画したものになったと思われ。

54 :ひみつ:02/12/29 13:53
そうですね。
まして、日本の浄土教の中でさえ、
法然の念仏と、親鸞の念仏、一遍の念仏は、
それぞれ意味が違いますからね。

55 :名無しさん@1周年:02/12/29 13:56
水子製造器


http://www.phoenix-c.or.jp/~phantom/cgi-bin/pv/pv/img-box/img20021226000600.jpg

56 :ひみつ:02/12/29 14:01
水子なんか、仏教にも神道にも無いですよ。
商売ですね。宗教商売。
戦後の産物です。


57 :名無しさん@1周年:02/12/29 16:34
>44
仏教の根幹は、異論もあろうが四諦だな。
仏教の根幹と誤解するのも理由がない訳でないけど。
本来の仏教には無かった思想なのは間違いない。
生死は無記だからな。

それにしても、
死ぬのを待てなんて言うか?
それじゃあ、生きてないも同じ。
仏教は今を生きる教えなんだけどね。

58 :一クリスチャン:02/12/29 21:36
みなさん,いろいろとありがとうございます。
仏教の側から見ても,彼女の母親の考えは迷信ということのようですね.
すごく悔しいです。そんな迷信のゆえにお互い好意をもったまま別れた
のかと思うと・・・

59 :名無しさん@1周年:02/12/29 21:46
>>58
もう一回アプローチしてみたら?心残りでしょう、今のままでは。

>クリスチャンは神様だけで死 んだ人を拝まないのだと言う点で
かなりの反対を受けたのでした。

そう、確かにキリスト教では、死者を「拝む」ということはしません
よね。死んだ人が神になる、仏になる、という考え方はしない。

でも、死者も生きている人も、神様のこども、という点では同じ。
宗派にもよるのですが、亡くなった方の為に、「神に祈る」という
ことはする宗派が多いと思います。亡くなった方をないがしろにしたり、
もう「関係ないひと」と考えているのではない、生きているときと
同じように大切に考え、神様のもとで安らぐことの出来るよう、祈る
のですね。

結局、教義どうこう、は置いといて、こういう「優しさ」を
元恋人のご家族と共有できるなら、何の問題もないと思うのですが。

元恋人のご家族に、その点をよく話してみるというのは??




60 :名無しさん@1周年:02/12/29 22:30
>>43
>自分を責めて
>理解しづらい人
>感情の相克が激しい、裏表の激しい性格に

自分を責めるという無駄なことはしなくていいです。
「自分の責任で全てが起こっている」これが真実であると私は思っています。
そうすれば誰を責めるということもないです。
自分のあり方、心持ち次第で全ての見え方が変わってくるということも言えます。
すべては自分に掛かっているといえます。

>神様に悪態ついたりもして、徐々に
>起こった出来事を受け入れていくなんてのもアリなんじゃないかな

どこに責任を持っていこうと、それも自分次第ということです。
神様が間違ったことをすると思っていれば、自分たちにはいい加減な力が
働きかける世界にいることになりますが、これでは不安になってくるでしょう。


何かを責めても何も変わりません。余計に心を病んでしまいます。
どういう心になった時に人間がどうなっていくか、それをよく見ます。

自分が受ける結果は、その原因を作っているのは私たち自身でしかないということ。
これが分かれば、自分を責め、自分で暗くなったりもしませんし。

また、神の働きとして、私たちに試練を与え、それによって私たちを向上させよう
という場合にも不幸や幸運を体験させられると聞いています。

61 :名無しさん@1周年:02/12/30 21:11
>>58
一つ聞いてもいいですか?
普通のキリスト教ですか?それとも新興宗教系の
キリスト教ですか?

62 :33:02/12/31 00:33
みなさんありがとう!

63 :一クリスチャン:02/12/31 07:30
普通のキリスト教プロテスタントです。
彼女の母親が最初墓参りもしないんでしょ?といわれたようで,墓参りはする
祖父や祖母の思い出を思い出し,神の元で安らかに,と神に祈ることはする
とは言いました。



64 :名無しさん@1周年:02/12/31 20:17
祈るだけではなくて、率先して花を買ってきて、墓石に水かけてきれいに掃除でもしな。
そうすれば円滑だよ。

つっかさ、ドイツの教会墓地では死んだ人に語りかけてた奴いたけどな(藁
あと花も普通に供えてるし(飾ってるだけか)。
理屈はいろいろあるんだろうが、人間のメンタリティはそんなに変わらんとゆーことか。


65 :名無しさん@1周年:02/12/31 20:27
難しいですね。
思想の硬直したガチガチのキリスト教徒の場合も考えましたが
貴方は悪くありません。

彼女のことを忘れることが出来ませんか?

66 :一クリスチャン:02/12/31 20:42
>64
それくらいのことは抵抗なくやりますよ。
>65、59、45
もう一度話し合ってみました。
彼女の母親がどうこう言うこともあったですが、彼女の本音の部分で、
宗教うんぬんよりも、普通の恋愛がしたかったようで、わたしが、
イエスがどうこうというのが重かったようです。
これがイエスではなくて、普通の人生の師の話だったらきくだろうに、
なぜイエスじゃだめなのだろうか?と正直思います。
結婚と言うこともお互い考えていたので、単なるドライブしたり食事したり、
キスしたりの恋愛もしましたですが、お互いの人生観を語り合うこと、
非常に大事だと思っていましたので、折に触れ話したり、塩狩峠のビデオを見
たりとかもやったわけです。私としては彼女の付き合いの中の20%くらいが
それで、残りは普通の恋愛だったと思っていますが結局そういうことか、と
感じました。彼女が若くまだそこまで成熟していなかったのかなとも思います。
聖書の中に「全てに時がある」という言葉がありますがその時ではなかった
と考えることにいたします。
皆さん、どうもありがとうございました。

67 :NB ◆YIoCB90ZbI :02/12/31 20:58
こんなスレが…。

とりあえず読まずにカキコ。なんまんだ。

68 :一クリスチャン:02/12/31 21:02
まあ、結局彼女の本音に気づかなかった私がお間抜けでした。
宗教以外の部分ではすごく好きなことは確かだと言っていました
(最初の告白も彼女からだったし)がなぜ、宗教の部分ではだめ
なんだろう?


69 :名無しさん@1周年:02/12/31 21:02
>>66
キリストのことを話されたのですか・・。
彼女の親は心配したでしょうね。

自分が貴方と同じ立場だったらと考えると・・。
難しいですね。
なんとか一度、キリストから離れることができませんか?

70 :一応仏教徒:02/12/31 21:19
 愛情不足が別れた理由じゃないの。宗教じゃなくて。
仏教であれキリスト教であれ、他宗との結婚を禁じてるわけじゃないんだから。


71 :名無しさん@1周年:02/12/31 21:28
>>66
あなたも彼女も真面目な人だ・・・。



72 :名無しさん@1周年:03/01/02 19:51
なんだかんだいって、自分には基本的に非は無いと主張してるように聞こえるね。
彼女も別れた方がいいかもね。

73 :一クリスチャン :03/01/06 19:51
>72
そうかもしれない。主よ、罪深い私をお許しください。

74 :山崎渉:03/01/20 08:22
(^^)

75 :なんちゃってラッパー:03/01/26 22:23
>>1
たまたま、スレ見つけたので答えさせてもらうぜ!
 この俺様は日蓮正宗だがそんなには詳しくないので、そこんとこヨロシク!

Q1.キリスト教徒との結婚には抵抗があるか?(自分の場合と家族の場合)
A1 んーどうだろ?やっぱりあるかな?結婚する前に話し合うだろうな。
  で、折り合いがつかなかったら「ではっ!」と別れるんだろうな。

Q2.水子の教えがあるとしたらどのようなものなのか?なんと言う経典に
 基づくのか
A2スマン、知らないや。教えってよりも、習慣・風習に近い物じゃないか?
 どうなんだろな?

Q3.無力な赤ちゃんが亡くなって、生きている人間を守る力があるとするならば、
 何故にそのような力を持つことが出来るのか?
A3無いだろう、その様な力は。頼られても赤ちゃん困るだろーな、きっと。 

Q4.そもそも死者を拝むと言う教えがあるものなのか?真宗の場合阿弥陀仏へのみ
 の信仰だと言っていました(不十分な理解かもしれません)
A4拝むって言うよりも供養するだからなー。正宗の場合は御本尊への信仰だろうな。

以上、簡単に答えさせてもらったが、あんまり参考にならんかもな。
クソレスだと思ったらスマン、謝っておく。
んじゃな!

 

76 :名無しさん@3周年:03/01/26 22:39
>>1
カトリック信者の立場としての答え。
>1.キリスト教徒との結婚には抵抗があるか?(自分の場合と家族の場合)
これは、浄土真宗の人が答えるしかないね。

>2.水子の教えがあるとしたらどのようなものなのか?なんと言う経典に
> 基づくのか
ルカ 1:44 あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。
とあるように、カトリックでは、胎児にも人格を認めています。ですから、人工堕胎などは大罪になります。
また、洗礼を受けずに死んだ子供は、リンボというところに行き、
原罪の清めが終わると救われることになっています。

>3.無力な赤ちゃんが亡くなって、生きている人間を守る力があるとするならば、
> 何故にそのような力を持つことが出来るのか?
もし、リンボで清められ救いに与れば、地上の人間を執り成すことぐらいはできると思います。

>4.そもそも死者を拝むと言う教えがあるものなのか?真宗の場合阿弥陀仏へのみ
> の信仰だと言っていました(不十分な理解かもしれません)
浄土真宗は阿弥陀如来のみならず釈迦如来も拝んでいたはず。なぜなら同じ仏教徒だから。
また、阿弥陀如来に救われた人は、誰でも如来に近い状態になるのではないのでしょうか。
だから、死んだら仏(=如来)になるとか、成仏するとか言ってるんでしょう。
拝むのは無理ないでしょう。私たちは死者を敬うだけですがね。

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)