2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■神の言葉と新福音書■■■

1 :イエス・キリスト:03/01/22 01:50
わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。
平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。
わたしは敵対させるために来たからである。
人をその父に、
娘を母に、
嫁をしゅうとめに。
こうして、自分の家族の者が敵となる。

2 :イエス・キリスト:03/01/22 02:10
隣人を自分のように愛しなさい。

3 :名無しさん@3周年:03/01/22 02:12
こんでええちゅうに‥

4 :ブッダ:03/01/22 02:15
愛する人をつくるな。
愛する人を失うのはわざわいである。
愛する人も憎む人もいない人々には、わずらいの絆が存在しない。

5 :マホメット:03/01/22 02:28
まことに、信仰ある人々、ユダヤ教を奉ずる人々、キリスト教徒、それにサバ人など、
誰であれアッラーを信仰し、最後の審判の日を信じ、正しいことを行なう者、
そのような者はやがて主から御褒美を頂戴するであろう。
彼らには何も恐ろしいことは起こりはせぬ。
決して悲しい目にも逢うことはない。

6 :名無しさん@3周年:03/01/22 02:30
あの、
赦すという事と、指図されるという事の関係を教えてくれませんか?

7 :クリシュナムルティ:03/01/22 02:36
外なるものも内なるものもありはしない。
ただ全体があるだけだ。

8 :クリシュナムルティ:03/01/22 02:37
思考する者は、思考そのものだ。

9 :クリシュナムルティ:03/01/22 02:38
蝶の色が、蝶だ。

10 :分裂者:03/01/22 02:45
赦すという事じたい、思考という事ですか?

11 :クリシュナムルティ:03/01/22 02:49
自由とは、あなたが自分自身にとって光りになることだ。
その時、自由は抽象ではない。
思考によって組み立てられたものでもない。

12 :グルジェフ:03/01/22 02:51
生は<私が存在し>て初めて真実となる。

13 :ブッダ:03/01/22 02:57
自己こそ自分の主である。
他人がどうして自分の主であろうか?
自己をよくととのえたならば、得難き主を得る。

14 :分裂者:03/01/22 05:38
つまり、自分にもう一つ自信が無いという事ですか?

15 :イエス・キリスト:03/01/22 17:09
空の鳥をよく見なさい。
種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。
だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。

16 :イエス・キリスト:03/01/22 17:12
野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。
働きもせず、紡ぎもしない。
しかし、言っておく。
栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

17 :ブッダ:03/01/22 17:19
旅に出て、もしも自分よりもすぐれた者か、または自分にひとしい者に出会わなかったら、
むしろきっぱりと独りで行け。
愚かな者を道づれにしてはならぬ。

18 :サルトル:03/01/23 17:32
地獄とは他人のことである。

19 :ラエル:03/01/23 17:50
はじめにエロヒムは天と地を創造された。

20 :名無しさん@3周年:03/01/23 18:01
新福音書とは、モルモン書のこと?それとも原理講論のこと?

21 :彰晃:03/01/23 18:21
わたしは解脱はしたがニルヴァーナには入らないつもりだ。
すべての魂をニルヴァーナに送るのがわたしの使命なのだから。

22 :イエスキリスト  :03/01/23 18:53
丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招く
ためでなく、罪人を招くためである。

23 :イエスキリスト  :03/01/23 18:56
わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。

24 :ブッダ :03/01/23 19:05
この世またはかの世におけるいかなるかたちでも、空中に現れる光り輝きや
彩色でも、これらはすべて悪魔[ナムチ]のほめたたえるところである。
人を釣るために餌が投げ込まれたのである。

25 :老子:03/01/23 21:27
道、これを生じ
徳、これを蓄う
物、これに形れ
勢、これに成る。
是を以て万物は、道を尊びて徳を貴ばざるは莫し。


26 :遊女:03/01/23 23:02
遊びをせんとや生まれけん
たわむれせんとや生まれけん
遊ぶ子供の声聞けば
我が身さえこそ揺るがるれ


27 :ジョン・レノン:03/01/24 18:40
神なんて
ぼくたちが苦悩の度合いを
はかる観念なんだ
くりかえして言おう
神なんて
ぼくたちが苦悩の度合いを
はかる観念なんだ

28 :ジョン・レノン:03/01/24 18:45
ぼくは魔術を信じない
ぼくはアイ・チンを信じない
ぼくは聖書を信じない
ぼくはタロット・カードを信じない
ぼくはヒットラーを信じない
ぼくはイエスを信じない
ぼくはケネディを信じない
ぼくは釈迦を信じない
ぼくはマントラを信じない
ぼくはジタを信じない
ぼくはヨガを信じない
ぼくはキングスたちを信じない
ぼくはエルヴィスを信じない
ぼくはディランを信じない
ぼくはビートルズを信じない
ぼくは自分だけを信じる
ヨーコとぼくだけを
それが現実なのだ

29 :ジョン・レノン:03/01/24 18:48
夢は終わった
何を言えばいいんだろう?
夢は終わった
昨日までは
ぼくも夢を追っていたけれど
でもいまぼくは生まれ変わった
ウォルラスだったけど
でもぼくはいまジョンなんだ
だから親愛なる友よ
君たちもがんばろう
夢は終わってしまった

30 :名無しさん@3周年:03/01/24 18:50
家族一緒になりなさい
家族一緒に成り始めている
           林 メリイ

31 :ブッダ:03/01/24 18:54
上にも下にも横にも中央にも、およそ苦しみの報いを受ける行為を回避して、
よく知り尽くして行い、偽りと慢心と貪欲と怒りとを滅ぼしつくせ

32 :名無しさん@3周年:03/01/24 18:58
争いはだめですよ!キリスト君!

33 :イエスキリスト:03/01/24 19:59
愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、無作法を
しない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばなで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

34 :ブッダ:03/01/24 20:11
また全世界に対して無量の慈しみのこころを起こすべし。
上に下に、また横に、障害なき怨みなく敵意なき慈しみを行うべし。
立ちつつも、歩みつつも、座しつつも、眠らないでいる限りは、この
慈しみの心づかいをしっかりとたもて。
この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。

35 :イエスキリスト:03/01/24 20:14
わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない

36 :ジョン・レノン:03/01/25 22:55
天国というのはないと想像してごらん
むずかしいことじゃないよ
おなじように地獄もないと思ってごらん
ぼくたちの上にはただ空があるだけ
その下でみんなが
日々暮らしているにすぎないのだと

37 :ジョン・レノン:03/01/25 22:58
国というものないと想像してごらん
できないことではないよ
殺す名目も犠牲になる理由もないのだと
それに宗教というものもないのだと
ただ、人間が
平和に暮らしているだけだと

38 :ジョン・レノン:03/01/25 23:00
ぼくのことを夢想家だと思ってる?
でも、こう考えてるのはぼく一人じゃない
いつの日かあなたもわかってくれたらな
そうしたら世界は一つなんだけどな

39 :ジョン・レノン:03/01/25 23:02
所有というものはないと想像してごらん
あなたにはできるかな
ガツガツすべきことはなにもないと
人はみな兄弟だと
みんなが分かち合い
助け合っていくのだと

40 :ジョン・レノン:03/01/25 23:05
ぼくのことを夢想家だと言うのかな
でも、こう考えてるのはぼく一人ではない
いつの日かあなたもわかってくれたらな
そうしたらみんなが一つになるんだけどな

41 :ブッダ:03/01/25 23:06
内に怒ることなく、世の栄枯盛衰を超越した修行僧は、この世とかの世と
をともに捨て去る。

42 :ブッダ:03/01/25 23:27
わがものとして執着したものを貪り求めている人々は、憂いと悲しみと物惜しみ
とを捨てることができない。

43 :ニーチェ:03/01/26 01:08
神は死んだ。 

44 :かみ:03/01/26 10:10
ニーチェ曰く
> 神は死んだ。 
神曰く
お前も死んだ。

45 :イエスキリスト:03/01/26 23:16
ああ、信仰の薄い者たちよ。だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは
何を着ようかと言って思いわずらうな

46 :ブッダ:03/01/26 23:23
すなわち「わたしは何を食べようか」「わたしはどこで食べようか」
「昨夜はわたしは眠りづらかった」「今夜はわたしはどこで寝ようか」
―家を捨てて道を学ぶ人は、これらの憂いに導く思慮を抑制せよ。

47 :ゲーテ:03/01/27 19:06
十字架に薔薇をからませたのはいったい誰か

48 :佐藤弘夫:03/01/27 21:21
そもそも日本の神は、どこか特定の社にいて人の願いを聞くために厳(おごそ)かに待っているものではない。
何の前触れもなく突然に意外な場所に出現し、勝手に人々に指令をくだし、そしてパッと消えていくのが日本の神なのである。

49 :佐藤弘夫:03/01/27 21:23
したがって神の出現を予測することも、どんな指令がくるかを予測することも不可能である。
その指令に従わないばあい、いったいどんな災いがくるかも予測できない。
日本の神には「意思の不可測性」があったのだ。
これを「命ずる神」とよぶ。

50 :佐藤弘夫:03/01/27 21:25
こうして古代、日本の神はまずもって「祟り」(タタリ)としての神という力を示した。
災いをもたらすことが祟りなのではなく、神そのものの存在が「祟りという神」だった。
これを日本の民俗学や宗教学では神霊という。

51 :佐藤弘夫:03/01/27 21:26
やがて祟りを騙るものもあらわれる。
たとえば生霊や死霊や邪気やモノノケだ。
これは神霊とちがって個人に祟る邪霊であった。

52 :ニーチェ:03/01/28 20:12
わが友よ、のがれなさい、あなたの孤独のなかへ!
かなたの、荒く雄々しい風の吹くところへ!
蝿たたきとなるのはあなたの運命ではない。

53 :ブッダ:03/01/28 20:15
牡牛のように結縛を断ち、くさい臭いのする蔓草を象のように踏みにじり、わたくし
はもはや母体に入ることはないであろう。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、
雨を降らせよ。

54 :ウイリアム・ブレイク:03/01/29 02:20
新しい天国が始まっている如く、
そしていまはその到来以来三十三年目であるが、
永劫の地獄も復活している。

そして見よ、
スエデンボルグはキリストの昇天した跡の墓場に坐していた天使である。
彼の著書は脱ぎ捨てられた屍衣である。
今はエドムの世で、アダムは楽園に帰る。
イザヤ書三十四章及び三十五章を見よ。

55 :ウイリアム・ブレイク:03/01/29 02:23
対立なくては進歩はあり得ない。
陽と陰、理と力、愛と憎しみとが人間の存在に必要である。

56 :ウイリアム・ブレイク:03/01/29 02:25
これらの対立から宗教家の所謂善悪が生じた。
善とは理に従う受動的なもの、悪とは力より生ずる能動的なものである。
善は天国、悪は地獄である。

57 :ウイリアム・ブレイク:03/01/29 02:55
If the doors of perception were cleanseds every thing will apear to man as it is , infinite

「知覚の扉が拭い清められる時、万物は人の目にありのままに、無限に見える」


58 :マハーバーラタ:03/01/29 19:14
「その時、英雄アスワタマンは自らのヴィマナに断固とどまり、水面に降り立って神々すら抵抗しがたいアグネアの武器を発射した。神殿修道騎士団長の息子は全ての敵に狙いを付け、煙を伴わぬ火を放つ、きらきら輝く光の武器を四方に浴びせた。」
「矢の雨が空に放たれた。その矢の束は輝く流れの星のように落下し、光となって敵を包んだ。突然、濃い闇がパンバヴァの軍勢を覆ったそのため、敵は四方の感覚さえ失ってしまった。
恐ろしい風が吹き始めた。戦獣(戦闘用の象)は恐れおののき、鳥たちが騒ぐ、空に雲がうなり、地の雨となって降りそそぐ。自然の秩序そのそのものが、かき乱されたようだ。
太陽が揺れ動く。宇宙は焼け焦げ、異常な熱を発している。象たちはあの武器のエネルギーに焼かれ、炎から逃れ出るべく、恐怖にあえぎながら駆けまわった。水は蒸発し、その中に住む生き物も焼けてしまった。
あらゆる角度から燃える炎の雨が激しい風とともに降りそそぐ。雷よりも強烈に爆発したこの武器に、敵の戦士達は猛火に焼かれた木々のように倒れた。この武器に焼かれた巨大な象達は辺り一面に倒れ、
もの凄い叫びをあげた。やけどをした他の象達は恐怖に狂ったように水を求めて辺りを駆けまわった」


59 :マハーバーラタ:03/01/29 19:17
その武器の両翼には、風が坐し、その刃には太陽と火が燃えさかる。
その体は青白く輝き、その重さは2つの山からなるもののようであった。
これは天地のあらゆる元素より成るものであった。
自ら炎のような火を発して進み、轟々と鳴り響き、金鉄よりも堅く、
この世界のあらゆるものをたちまち破壊する力を持っている。
その恐ろしい光り輝く強大な槍が放たれたとき、
30万もの軍勢が、一瞬のうちに滅び去った。


60 :ブッダ:03/01/29 19:24
内面的にも外面的にも二つながらの白く浄らかなものを弁別して、清らかな智慧あり、
黒と白(善悪)を超越した人 ― このような人はまさにその故に賢者と呼ばれる。

61 :名無しさん@3周年:03/01/29 19:42
永遠の真理はブッダによって検証され、
偽真理はキリストが説いている。

62 :さて問題です:03/01/29 20:19
「汝の敵を愛しなさい」「右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい」、、なのになぜミサイルを打ち込むんですか  それは人間欲からです なるほど。



63 :名無しさん@3周年:03/01/29 20:41
>>61
う〜ん。
言えてるような・・・。

64 :イエスキリスト:03/01/29 20:43
御言葉を聞くが、世の心づかいと、富の惑わしと、その他いろいろな欲とが
はいってきて、御言葉をふさぐので、実を結ばなくなる。

65 :名無しさん@3周年:03/01/29 23:23
悟りはね、「ラーメンの味」にたとえる事が出来るんですよ。
つまり、味を言葉で説明するよりも、食べたほうが納得できる。
悟りを極めるには、食べ歩きをした方が早道なんですね。
で、一応自分では極めたつもりで、「悟り宣言」をするわけです。
そうしますと「君それは間違っているよ」とか言われ面食らってしまう。
つまり、正しく悟ったか、間違って悟ったかはあまり意味はない。
ようは、本人が「美味しい」と感じればそれでいいのです。
悟りの極意は、経験です。その積み重ねで本質が見えてきます。
二元論ではありません。悟りの中にも迷いが内在しています。
極論すれば、セックスのエクスタシーにも悟りは内在しております。



66 :理趣経:03/01/30 04:29
男女交合の妙なる恍惚は、清浄なる菩薩の境地である。
欲望が矢の飛ぶように速く激しく働くのも、清浄なる菩薩の境地である。
男女の触れ合いも、清浄なる菩薩の境地である。
異性を愛し、かたく抱き合うのも、清浄なる菩薩の境地である。
男女が抱き合って満足し、すべてに自由、すべての主、天にも登るような心持ちになるのも、清浄なる菩薩の境地である。
欲心を持って異性を見ることも、清浄なる菩薩の境地である。
男女交合して、悦なる快感を味わうことも、清浄なる菩薩の境地である。
男女の愛も、清浄なる菩薩の境地である。
自慢の心も、清浄なる菩薩の境地である。
ものを飾って喜ぶのも、清浄なる菩薩の境地である。
思うにまかせて、心が喜ぶことも、清浄なる菩薩の境地である。
満ち足りて、心が輝くことも、清浄なる菩薩の境地である。
身体の楽も、清浄なる菩薩の境地である。
目の当たりにする色も、清浄なる菩薩の境地である。
耳にするもの音も、清浄なる菩薩の境地である。
この世の香りも、清浄なる菩薩の境地である。
口にする味も、清浄なる菩薩の境地である。


67 :名無しさん@3周年:03/01/30 06:48
うーん、ジョン・レノンが一番良いことを言ってる気がする・・・

68 :名無しさん@3周年:03/01/30 14:57
>>67
同感。

69 :メキシコの格言:03/01/30 23:03
“人間の計画を神様は笑う”

70 :ネ申:03/01/30 23:52
ミニニ タコガ デキル

71 :モーセ:03/01/31 19:55
目には目を。
歯には歯を。

72 :名無しさん@3周年:03/01/31 21:49
死を想え。

73 :名無しさん@3周年:03/01/31 21:50
木が倒れる。
大雨だ。

74 :ヘラクレイトス:03/01/31 21:56
万物は火だ。

75 :忌野清志郎:03/01/31 22:17
ベイビー、逃げるんだ!

76 :ル・プロンジェオン:03/02/06 06:55
ある時は筆舌に尽くしがたい美の世界であり、
はたまた言語に絶する恐怖ともなり得る、
この精霊の現実という世界。

77 :ル・プロンジェオン:03/02/06 06:57
マヤ人はアトランティスを「ムー」と呼んでいる。

78 :聖アウグスティヌス:03/02/06 07:19
時間とは何か?
その問題を考えてないときだけ、
私にはその答えがわかる。

79 :ピタゴラス:03/02/06 07:24
π=22÷7

80 :名無しさん@3周年:03/02/20 11:28
万物は虹でできている。

81 :名無しさん@3周年:03/02/20 12:19
>>72
想うな。感じるんだ。

82 :ルドルフ・シュタイナー:03/02/24 20:23
たしかに昔のそして最近の予言にはマイナスの側面があった。
しかしこの予言の中には……つまり未来へ歩んでいくための示唆を受け取ろうする努力と認識の中には……重要な核が含まれている。
この核は認識や好奇心のために形成されたものではない。
この核は私たちの意志を燃え上がらせるための炎として重要な意味をもつのだ。


83 :エドガー・ケイシー:03/02/24 20:32
十二人の中で一番の美男子は、もちろんユダだ。
一番若いのはヨハネで----卵形の顔に黒い髪、すべすべした顔だ----ヨハネだけが髪を短くしている。
ペテロ、荒っぽくて気が短い奴だ----硬く、とても短いひげをたくわえている。
とても揃っているとはいえない。
アンデレはそれと正反対だ。
それほど濃いひげではないが、顔の両側もあごの下の方も長く----唇の上のところも長い。
着ている物はいつも灰色っぽいものか黒っぽいものである。
腰布は縞模様になっている。
ピリポとバルトロマイの腰布は赤と茶色だ。


84 :藤原新也:03/02/27 00:21
太陽があれば国家はいらない。

85 :名無しさん@3周年:03/03/10 00:14
だれもいない。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)