2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆◆冨士大石寺顕正会 Q&A(問答編)◆◆◆

1 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 07:38
冨士大石寺現役会員ときちんとした問答で白黒をはっきり付けたいと思います。
問答の条件は以下の通りとします
・現役会員側は顕正会本部でも先輩にでも問いに対する回答を求めてよい 但し会の回答として捉えられる。
・当スレ側質問者も複数名(数名)となることができる。
・必ず前回の問いに対しては回答する義務が生じる。
・新しい問いに対しては回答する義務が生じる。
・次回回答までの間隔が長くかかりそうな場合は、あらかじめ次回回答期日の目安を告げておく。
・不慮の回答不能の場合でも3日以内に回答ができなければ、負けを認めた事になる。
・回答不能の場合も負けを認めた事となる。
それでは進めていきましょう

2 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 07:40
本スレ
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1043373622/l50

3 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 07:56
早速問いに入らせてもらいます。いきなり深い話で申し訳ないのですが・・・
現在、顕正会では血脈について、はっきりした方向性を明示するようになりました。
すなわち「相承授受断絶」と。
細井管長は相承の授が出来ず、阿部管長もまた相承の受ができなかった、と。
これは御遺命破壊の罰だとしています。
しかし、相承授受断絶問題は当時から言われていたことでもあります。
阿部管長登座時、正信会が中心となり大問題として躍起になって宣伝していました。
つまり「阿部管長には相承がない」と。
この時妙信講の公式見解は「相承断絶などあるはずがない」と断言していました。
ところが現在になって「細井管長は授ができず、阿部管長は受ができなかった」と180度指導が転換してしまっています。
・どうして指導が一変してしまったのでしょうか?
・また相承断絶という事態の詳細をまず教えて下さい。

4 :小田原会館:03/02/10 08:13
その前に、私の勉強不足でROMの意味が分かりません。
教えて頂けないでしょうか?

5 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 08:15
ROMはread only memberの略
つまり”見てるだけの人”ということです。
トリップはつけて下さいね。 ”小田原会館”の後に”#????”(?の部分は御自分でお好きな文字を作って下さい)
よろしくお願いします。

6 :小田原会館:03/02/10 08:34
>>3
この時間なので今先輩の幹部などが仕事にでてしまったので、私が出来うる限り答えたいと思いますが(追って正式に答えます)
>どうして指導が一変してしまったのでしょうか?
それは、その時妙信講ではその事実を知りえなかったからでしょう。
実際、その当時妙信講は細井管長(当時)を信じていましたし、創価学会のことですら信用していました。
正直、富士大石寺内にこれだけ魔が入っていたとは想像していなかったのでしょう。(事実、創価学会前会長、前々会長は立派な人でした)
浅井先生は何度も細井管長(当時)や創価学会会長(池田大作)に話を持ち掛けました。
御遺命を守ってくれ、考え直してくれと。
しかしまったく聞く耳を持たない会長に公開法論を持ちかけたと事、なんだかんだと言ってはぐらかされました。
それでも妙信講は強硬な姿勢を崩しませんでした(仏法上の事は譲れません)。
細井管長(当時)の最後や創価学会が完全におかしいと気が付いたのは妙信講解散処分を受けて富士大石寺顕正会を設立した後でした。
ですから、顕正会では発足当時から、今に至るまでその主張と姿勢を崩していないのです。
妙信講とは名実共に違うのです。


7 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 08:37
>>5
ありがとうございます。

8 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 08:43
>>6
>細井管長(当時)の最後や創価学会が完全におかしいと気が付いたのは妙信講解散処分を受けて富士大石寺顕正会を設立した後でした。
少々会の経緯が詐称されているのではっきりさせておきたいのですが・・・
細井管長や創価学会がおかしいと気付いた、つまり大石寺は完全に逸脱していると顕正会が決定付けていたのは、いつでしょうか?
「冨士大石寺顕正会」と名乗る前の「日蓮正宗顕正会」の当時からですか?それともそれ以降からですか?
ここが明確にされていないと、話が先に進みません。
・冨士大石寺が逸脱していると決定している時期はいつか?
・これについての会の見解はどのように表現されているのでしょうか?(機関紙等で可)
よろしくお願いします。


9 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 08:55
度々すみませんがROM完全公開とはどういった意味なのでしょうか?
今までのスレッドとどういう点が異なるのですか?
もしよろしかったら詳しくお願いできますか?

10 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 08:59
手元に新聞しかないので(理論書は貸し出し中です)いまお答えする事はできませが、3日以内にきちんと回答します。


11 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 09:07
>>9
要するに公開法論のようなものだと思って頂ければ結構です。
>>10
了解しました。
それではそれはそれとして、>>6で言われている点についてお聞きします。
>細井管長(当時)の最後や創価学会が完全におかしいと気が付いたのは妙信講解散処分を受けて富士大石寺顕正会を設立した後でした。
というのは、小田原会館さんは、解散処分された時から顕正会は宗門・学会の完全否定した、という事でよろしいのですか?
それとも冨士大石寺顕正会、と名乗った時点からなのでしょうか?
解散から改名までのこの間、ブランクがありますが、この点をお聞きしたいのです。
よろしくお願いします。

12 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 09:27
>>11
>要するに公開法論のようなものだと思って頂ければ結構です。
えーと、今までは公開していなかったのですか?

解散処分を受けた直後(または最中)だと思いますが、正式声明を出したのは日蓮正宗顕正会と名乗った後だと思います。


13 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 09:47
なるほど。了解しました。
しかしそれでは辻褄が合いませんね?
解散処分後、もしくは日蓮正宗顕正会改名後に宗門の完全否定が始まったといわれていますが、これは解せません。
なぜなら折伏理論解説書(初版)には血脈否定は含められていないからです。
小田原会館さんが現在所持されているであろう理論書には実は初版にあって現行版にはないものがあります。
初版ではこう記載されています。
・日蓮正宗が唯一正しい理由として三つある として
1 本門戒壇大御本尊が在すこと
2 血脈相承があること
3 国立戒壇を目的としていること
と記載されていますが、現行版にはこの記載が削除されています。
ということは、この時点では日蓮正宗は正しいと顕正会では認識していることになります。
そこでお聞きしたいのが以下の点です。
1 現行版でこの文が削除されてしまった理由
(唯一正しい3つのはずなら、敢えて記載するべきである。
初版発刊当時は既に国立戒壇を宗門は否定しているわけですし、それでも敢えて掲載しているのですから。)
2 これは血脈否定をする為の依文に当たると思われますが、これはどう考えるのでしょうか?
3 つまり初版時代はまだ血脈は否定しなかった、という事になります。
すると、貴殿がいわれる宗門否定はごく最近の事であって、解散処分から血脈否定に至るまではかなりの時間を要した事になります。
そしてこの間は会員には正しい事が明かされていなかったことになります。
証拠として事実、血脈否定を公式宣言するまでは阿部管長、細井管長の御本尊等は会員の間でも使用されていました。
否定後、一切の取替えが行われた事実があります。
論が飛び火しそうなので、ここまでにしておきますが、まずこの点の認識について回答願います。

14 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 10:15
そうですか、
>血脈否定を公式宣言するまでは阿部管長、細井管長の御本尊等は会員の間でも使用されていました。
といった事があったのですか。(まだ確認はしていませんが信じます)
ということは、私の憶測は間違いで、日蓮正宗(後に改名)顕正会の発足後、血脈を否定したのでしょうね。
なにか、安部、細井両管長のご本尊を使用した時に(人に)、明かに罰だと言えるような現象が出たのでしょうね。
それで、もしや……という事になったのではないでしょうか?
仏法は三証で示されていますが、文証はよっぽどの専門家でない限り解らないし、
理証は現証や文証がなければ理論が成り立たないので、最終的に正邪の確認できるものと言えば現証だけだと思われます。
ですから、後は罰、功徳の証拠を持って証明していくしかないと思います。(私はそのつもりです。)

それと、ROMについてですが、もしかしてスレ題に「冨士大石寺顕正会 Q&A(問答編)」と付けるという意味ですか?
私は、こう解釈したのですが?


15 :名無しさん@3周年:03/02/10 10:25
ロムってのは参加せずに見ているだけの人達ってこと。
その人達に完全公開ってことね。

それと、
>えーと、今までは公開していなかったのですか?
公開はしていたが法論ではないという事。
ルールも決められていないし、
会員さんの発言も公式の物とは言えないし。
義務も責任も無い。
そこが本スレとの違い。

16 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 10:36
>>15
……よく判りました。ありがとうございます。

17 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 10:39
>>14
ご存知ありませんでしたか?
小田原会館さんは現証を以て、会は両管長の御本尊撤去をした、という発言をされていますが、これは小田原会館さんの憶測でしかありませんよね?
現証が全てと解釈していますが、文証を以て明確にする義務があるのが会長となります。
その会長発言として以下の通りの説明が当時されました。
「御遺命を曲げた法主の御本尊を拝むのは躊躇する者がいるから、寛尊御本尊と交換する」と。
これ以外に公式発言らしきものは見当たりません。
しかしとすると、次のような問題が挙がってきます。
1 細井・阿部両管長の御本尊は功徳があるのか、ないのか?
1−2 功徳がないとすると、入信勤行ですら阿部・細井両管長の御本尊の前で入信(自宅拠点入信)した者が、
例えば現在退転していた場合、正しい御本尊の前で入信勤行を出来なかった事になる。
つまり、下種を受けられなかった事になるが、その場合どう解釈するのか。
1−3 功徳があるとすると、なぜ換える必要があるのか。
つまり、御本尊の個別蔑視となり、これは謗法と考えられるがどうなのか。

会長はこれ以外のことは一切公言していないので、小田原会館さんは憶測で物事を言わないように願います。
こう考えるべきではないのか、とかこうなるはずです、というのは仏法の理屈から外れます。
思い違いで、それは知りませんでした、というのは法論にはなりません。
つまり人を教導していくことはできないことになります。


18 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 10:50
さて、問いが多くなったので一旦ここで整理させて頂きます。
次の問いに回答を願います。
・血脈相承問題について
 1 血脈相承否定を宣言するまで、解散処分からかなりの時間が経過していますが、なぜ突然言い出したのか。
 2 それ以前は相承問題などについて公式見解として”相承断絶など有り得ない。そんな事を言うものは無間地獄に堕ちる”と言っているが、とすると顕正会は無間地獄に堕ちるのか?
・御本尊問題について
 1 細井・阿部両管長の御本尊には功徳があるのか、ないのか?
 1−2 功徳がないとすると、入信勤行ですら阿部・細井両管長の御本尊の前で入信(自宅拠点入信)した者が、
例えば現在退転していた場合、正しい御本尊の前で入信勤行を出来なかった事になる。
つまり、下種を受けられなかった事になるが、その場合どう解釈するのか。
 1−3 功徳があるとすると、なぜ換える必要があったのか。
つまり、御本尊の個別蔑視となり、これは謗法と考えられるがどうなのか。

憶測ではなく、事実確認の上解答を願います。
また、論はあくまでも文証に依ります。
現証は曖昧なものでしかありません。受け手の主観に大きく左右されますので。
まずは上記の件、よろしくお願いします。

19 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/10 10:52
>>17
>文証を以て明確にする義務があるのが会長となります。
もちろん、会長にはその責と力があると思います。
あくまで、私は、ですから。
>小田原会館さんは憶測で物事を言わないように願います。
ですから、正式な事は3日以内に発表いたします。
それとも、正式な事が判るまで私は発言しない方が良いのですか?
だとしたら、私は今はこの議論から抜けますが?


追伸;また憶測ですいませんが(しかし私は教学試験にも合格していますし、支隊長でもあります)
>その場合どう解釈するのか。
私はその場合当然、功徳は薄いと思われます。
>これは謗法と考えられるがどうなのか。
これは、謗法ではありません。
あくまで日蓮大聖人の教えに背く事が謗法なのですから。

20 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/10 11:01
了解です。
正確な解答は事後に廻して頂いても結構です。

>功徳が薄いというのはおかしくありませんか?
顕した上人によって御本尊の功徳が濃いとか薄い、というのはありえません。
ある場合は、例によってそれを解説した大聖人若しくは上人の文証が必要となるでしょう。

>これは謗法と考えられるがどうなのか。
これは、謗法ではありません。
あくまで日蓮大聖人の教えに背く事が謗法なのですから。

これはどこからそういった判断になるのでしょうか?
謗法については御歴代上人が詳細に解説されています。
御本尊を書写上人によって区別する事は顕正会でも禁じられているはずです。

ちなみに教学試験と申されても5級かよくて4級ですよね?
支隊長と申されても、千差万別です。
役職で申すならちなみに私はあなたよりも上の幹部でしたし、教学試験でいうなら、
現在廃止されている上級試験もパスしていますが。

21 :万年救護大本尊の朴蓮:03/02/10 11:50
いくら上級試験だかをパスしても日蓮の本物の掛け軸を見た事の
ないあなた方は日蓮の弟子ではないの(藁)

−−−糸冬 了−−−

22 :タロウ ◆TJ9qoWuqvA :03/02/10 12:54
>>21
非会員の信仰をとくに持ってない人には本物の掛け軸も
偽物の掛け軸も何も関係ないのです。水を差さないで欲しいです。


23 :もとけん ◆.SLM6z.rsE :03/02/10 15:25
え〜、現在隠居中のもとけんです。ここ1カ月ほど何も書いてませんけど、
顕正会スレは時々読んで楽しませてもらってます。
時々書こうかなあと思いますけど、もう自分の出しゃばる必要性がないだろ
うということで、一応ROMモードを保っています。

最近の本スレは、どこかの隊長とか小田原会館さんの登場で質問の嵐なので
混乱してますので、自分が余計なことを書いたら益々混乱してしまいます。
けど、このQ&Aにはちょっと書いてもいいかな?と思った次第で書かせて
もらいます。

小田原会館さん。
真面目に対応する姿勢は他の書き逃げ会員?に比べれば立派です。
さて、ここで是非読んでもらいたい書き込みがあります。
教学的なことですが、第16回のスレの最後の方から17回のスレの最後にか
けての顕正会改革同盟さんと名無し講員さんとのバトルを読んでみてください。
教学的なやりとりがとても興味深いです。
そのバトルでは、自分も最後の方で少しだけ出しゃばっています(w。
ちなみに名無し講員さんは17回スレの途中から「名無し講員」と名乗ってい
ます。それまでは単なる名無しさんなので判別しづらいですけど、まあ書き込
み内容から分かるでしょう。

そういえば今月になってから改革同盟さんが法華講員になられた、との報告が
本スレに書いてあって正直驚きです。マジでビックリしますた。
これについて小田原会館さんの感想をお願いします(バトルの内容を読んだ後
で書いてください)。

また暫くROMモードに入りますけど、本スレは混乱してるので何かあったら
こっちのスレに書くかも。

ではでは。

24 :名無しさん@3周年:03/02/10 23:52
小田原会館さん

この他にも顕正会員が再び繰り返してきそうなやりとりを(例えば「それでは功徳が起きるのは何故ですか?」とか)先に書いておけば永久ループしないで済むかも
それ、やらせてください。
功徳関係については、議論が出尽くしたと思います。1〜13のスレに出てきたことや、僕が思ったことをまとめてみました。
@偶然ではないか。
つまり、起こった良いことと勤行の因果関係が、極めて曖昧なのではないか。結局、会員がそう感じた、という程度の「印象」でしかないのではないか。
そして印象とは、他人には違って見えることも多く、まして他人に押しつけるものではない。
A必然ではないか。
つまり、起こって当然のことや、あらかじめ達成されることが予測されることを功徳としているのではないか。当人や、周囲の人の努力の結果ではないか。
例)あなたの病気が治ったのは、あなたが治ろうとし、医者が治そうとしたから。
  あなたが出世したのは、あなたが頑張ったからか、上司がぼんくらだったから。
  あなたが合格したのは、あなたが勉強したか、受かる程度の学校を受けたから。
B言うところの功徳は、見方を変えればちっとも功徳になっていないのではないか。
 B’大不幸の中に起こった小幸福を持って、功徳と呼んでいる。
  例)バスが崖から落ちたが、軽傷で助かった。
    軽傷で助かったのは運が良いが、そもそもほんとに運がいい人は崖から落ちない。
 B”起こった良いことと起こった悪いことが複雑に関係しており、一概に良いとも悪いとも言えない
例)塞翁が馬のことわざ
C他宗教の、似た事例とどう違うのか。
魔障の働き、と言うが、非信者にはその区別が付かない。顕正会員のみにしか通用しないことに、証拠能力はない。
D功徳を発表する際、上役の手直しがある、という事実をどうとらえるか。
E功徳を見誤っていることがあることをどう説明するのか。
 例)勤行したら癌が小さくなったことを功徳とし、発表したものの、結局は死んでしまった。

25 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 04:33
こちらは、可也高度な話題になっているのですね。
今来てびっくりしました。

26 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 04:35
>>23
>第16回のスレの最後の方から17回のスレの最後
では、これから見てきます。

27 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 04:39
>>24
@〜Eまでの各問い……。
う〜ん。
非常に考えさせられますね。
これは、私も感じる問いではあります。
しかし、一つ一つ仏法に照らし合わせて答えていきましょう。


28 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 04:47
>>20
「一刀両断」さんは最初、顕正会以外の日蓮正宗系団体の人だと思っていましたが、
>役職で申すならちなみに私はあなたよりも上の幹部でしたし、教学試験でいうなら、
>現在廃止されている上級試験もパスしていますが。
これには、参りましたね。
随分と、難しい事になって来ました。
という事は、隊長ですか?
大聖人も敢えて、困難に立ち向かえと言われますが、これは可也困難そうです。
頑張って返答していきたいと思います。


ところで、
>支隊長と申されても、千差万別です
と言うのはどういった意味ですか?
支隊長ごとに考え方が違うと言う意味ですか?
もし、そうだとしたら、どういうところが違うのですか?
(正直知りたいところです。)


29 :名無しさん@3周年:03/02/11 05:11
一刀両断さんって何隊です?
そこまでの幹部になってなぜ辞めたんですか?功徳はありましたか?

30 :名無しさん@3周年:03/02/11 05:24
うーむ・・・
一刀両断さんは以前、現役会員だと言われてたと思いますが、
その後辞められたのでしょうか?
それとも 浅井会長お得意の除名処分のうきめに遭ったのですか?
でも、詳しく書くと会員には本人が特定されてしまいますね。
愚問でした 失礼。

31 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 05:49
いま、第16回のスレの最後の方から17回のうち、17回スレの17まで来ました。
ここまでで、気が付いたところを記して置きますけども、
>13
>しかし史実は違います
とありますが、どんなサイトをご覧になったのか知りませんが、熱原の法難については御書にも載っているのですよ。
また、
>14>15
なのですが、
一貫不変という言葉を間違って捉えています。
一貫不変というのは、大元の教え(日蓮大聖人に絶対帰依する)というのが一貫不変だという事で、何もかもが一貫不変と言う訳ではありません。
また、国立戒壇建立に対する姿勢などが一環不変と言う意味です。
私も何年か前、20年以上も前の顕正会資料を見る機会があって、(その20年前には浅井先生への一問一答という記事システムがありました)
そこで、一問一答されている浅井先生のご回答を見て、今現在とまったく変っていないことにびっくりしました。
まったく、同じでした。それが、見せてもらって最初の感想でした。
そういった、教学の根本的なところが一貫不変なのであって、その他のシステムや(これは、随分改革されました)社会情勢に対する浅井先生の意見(これは、首相の交代などでどうしても変ってくるのは当然です)
それから、宗門などに対する意見などは終始変って行くべきものだと思います。
それとも、全てを予測して何一つ変更を加えるなといわれますか?

32 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 05:50
貴方が入信した時、顕正会はそのような団体(なんでも当てる預言者がいて、世界は全てその通りになってゆく、そういう宗教)だと説明を受けましたか?
多分、共に功徳を掴んで幸せになろうと言われて入信したと思います。
なんでもかんでも一貫している事がその本意ではありません。(もし、そうであったら既に妙信講からの名前変更で矛盾があり、貴方は入信していない事になります。)
なんでもかんでも一貫している訳でないことは、貴方も了解ずみで入信したはずです。
でありますから、浅井先生の宗門(も変化するので)に対する捉え方が変化していっても何の問題もないのです。
少々長くなりましたが、最後に。
世界中の如何なる宗教といえども、その根本の教えは兎も角として、参拝や礼拝の仕方や、予測していなかった事態に対しては、さまざま分派にわかれて教義についてもめています。
もし、全てが一貫不変でなければいけないのであれば、この世の如何なる宗教もインチキだという事に即決してしましますが。

ただ、しかしやはり看板に偽りありというのは良くありません。
全てが一貫不変とうような折伏は控えさせましょう。

33 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/02/11 05:54
それから、「無宗教」さんというのは、顕正会員なのでしょうか?
もし、あれだけ顕正会の心を分かっているのであれば、もう入信後の可能性も大ですが。

あ、それと本スレのほうに「隊々長」さんというネームが度々でて来ますが、どういった人なのでしょう?

34 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/11 14:16
小田原会館さん
一貫不変については、貴方の言葉は詭弁としか解釈できようにありません。
日蓮大聖人に対し奉る信心が一貫不変なのであれば、会としての公式宣言等は悉く覆されてもよいのでしょうか?
180度方向転換してしまう指導を徹底するのは、まさしく創価学会と同じではありませんか?
宗門在籍時には対顕正会法論の場で「法主」を傘にしていたのが、破門になるや、「法主」を罵倒してしまったあの様です。

そして小田原会館さんは、その論を以て説明してしまった内容から、逆に顕正会は公式発言に一貫不変ではない、と暗に認めてしまっていることになりますよ。


35 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/11 14:22
支隊長も千差万別
わずか数年程度の信心活動の者と様々な角度から数十年にも亘って信心活動をしている者などとの違いですよ。
勿論若輩の支隊長がいけないわけではありません。
信心は年月ではないのですから。
しかし私が見ていた限りでは、信心は年月ではなくとも、役職は年月がある程度必要だと思います。
化義に乱れが生じている者もいれば、根本の信心が弱い者もいる。
弘通の数では語れない支隊長の差がはっきりとある、ということです。


36 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/11 14:36
ところで他のスレを読んでいるうちに、熱原法難で思い起こしたのですが、顕正会では事実と違う内容を掲載しているのですが、小田原会館さんはこの事はご存知ですか?
もし知らないのであればご指摘いたしますが。
そして熱原法難程の大事な事すら内容を改ざんしている事実をどう受け止めるべきだと考えるでしょうか?

37 :名無しさん@3周年:03/02/11 17:08
>浅井先生はまた、中国とつるんでいる国賊なる政治家は排除すべきとも言われます

もしこのことについて問題意識を持っているのであれば、実名を挙げて批判してください。
それともこの発言は信仰心を煽るためのダシですか?

38 :名無しさん@3周年:03/02/12 09:41
i-modeじゃないとカキコできないよん

39 :名無しさん@3周年:03/02/12 09:43


40 :名無しさん@3周年:03/02/12 10:38
さあ、いよいよ本日から、七十七万をめざす疾風怒濤の前進の開始であります。この七十七万が成れば、もう百万は目前。
大聖人様が建長五年に宗旨建立あそばしてより七五〇年目の年に、末法濁世の日本国に、国立戒壇のご遺命を奉じて立つ百万の仏弟子の大集団が出現するということは、もう只事ではありません。
(浅井昭衛会長一月度総幹部会講演、顕正新聞平成十二年二月五月号)
文面読むと逆に750年目に100万達成できなかった事も只事ではないですよね?
どうですか?小田原会館さん

41 :乱(゚听)人:03/02/12 10:46
霊能者の方に霊視していただくスレ 16
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044932988/l50
??
>39
日蓮は、九星気学を使って、吉方位に向かい
布教しました。
日蓮の予言について、いずれ公開したいと思います。
 
スレ違いで申し訳ないのですが、、これ、ほんとですか?
この霊能者、自分の前世だか・守護霊が「日蓮」だと思っているみたいなんだけど。
(勿論、誰も信じていないけど)


42 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/12 16:10
サーバの負荷が大きいようなのでカキコミがなかなか上手くいかないみたいですが、小田原会館さん、是非お待ちしています。

43 :名無しさん@3周年:03/02/12 16:32
ちょっと前に顕正会の功徳を報告するスレッドが立ったけど一件も功徳が報告されないまま消えていった。
顕正会に功徳がないことはリアルに証明されたと思うが。

44 :悪魔:03/02/12 17:13
そんなことを屁ともおもわない犯罪者に怒りのウイルスをまきましょう

ben-y@muabiglobe.ne.jp


45 :善人:03/02/12 17:52
犯罪者には怒りのウイルスを送りましょう

 byama@livedoor.com

ben-y@mug.biglobe.ne.jp

46 :善人:03/02/12 18:07
部落差別の書き込みを平気でする差別者に抗議しましょう

byama@livedoor.com

ben-y@mug.biglove.ne.jp

47 :名無しさん@3周年:03/02/12 22:30
age

48 :名無しさん@3周年:03/02/13 00:00
age

49 :名無しさん@3周年:03/02/13 01:13
age

50 :名無しさん@3周年:03/02/13 01:26
南無・・・

51 :名無しさん@3周年:03/02/13 06:53
age

52 :独言 ◆Itg72cImuw :03/02/13 07:25
>36
一刀両断さん
久しぶりに本スレを覗いてみたら、新スレが立ち上がっていたんですね。
お疲れ様でした。
>熱原法難で思い起こしたのですが、顕正会では事実と違う内容を掲載しているのですが、
ROMしているかたにも分かるように、史実と顕正会の説明の対比を
整理していただけるとありがたいです。簡単で結構です。



53 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/13 08:36
できれば小田原会館さんの回答をお待ちしてから、詳細を明らかにしたいと思っております。
およそ現在の顕正会員はこの事を知る人はほとんどいないと思われるからです。

小田原会館さんの回答をまず、お待ちしてみたいと思います。

54 :独言 ◆Itg72cImuw :03/02/13 11:14
>53
>小田原会館さんの回答をまず、お待ちしてみたいと思います。
了解です。

55 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/13 11:32
あげられてないとブラウザからのカキコミができないみたいですね。
仕方なく、専用ソフトを落としてそこから参加してます。

56 :名無しさん@3周年:03/02/13 16:18
読めない人のためにage

57 :名無しさん@3周年:03/02/13 23:41
小田原会館さん

>>24はどーなりました?

58 :名無しさん@3周年:03/02/14 00:40
小田原はカキコしてたことがバレて指導が入ったんだろう。

59 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/14 06:42
小田原会館さんは週末、特に土曜日のがカキコミしやすいんでしょうね。
お待ちしています。

60 :名無しさん@3周年:03/02/14 13:41
***けんしょう会は鬼畜宗教

創価が放棄した国家征服主義を再興する危険団体

ぜったい潰す

61 :名無しさん@3周年:03/02/14 14:02
創価の中の過激派がけんしょう会。

キチガイ・確信犯・DQN

腐れそうかは死ね

62 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/02/14 14:44
>>59
あ、いえ、支隊長(小田原会館)は出張のため、中国の黒竜江省まで行かなくてはならないので、副長である私が代わりにお答えします。
出発以前に解答したかったようですが、負荷(人大杉?)の為かないませんでした。
くれぐれも、よろしく言って置くようにに言われました。
「小田原会館」あてに来た質問等は私が代わりに(時間の許す限りですが)解答します。
(私は少し今忙しいので)

支隊長は3月の中ごろ、帰国する予定ですが、正式解答はその後また行うということです。

63 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/02/14 14:46
>>58
何故ですか?

64 :名無しさん@3周年:03/02/14 15:56
>>62
>支隊長は3月の中ごろ、帰国する予定ですが、正式解答はその後また>行うということです。

顕正会の支隊長たる者が1カ月も日本から離れる?
よくまあ許されたものよ。顕正会活動が困難だろうに(藁)。

だいたい小田原会館当人からの断り書きがないってのは非常識じゃないのか?何で横浜会館氏がそんな断り書きするんだよ?本人が断り書きを書くべきだろ?それが常識だろ。

いやそれよりも問答ってのは、当人が席を空ける時間が長くなっては
支障を来す。
ってか、横浜会館氏が本当に小田原会館の代わりを務められるのか?
ってか、小田原会館氏みたいに「出張」とかの言い訳せずに間を空けず
にコンスタントに回答できるのか?


65 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/02/14 16:11
>>64
>よくまあ許されたものよ。顕正会活動が困難だろうに(藁)。
あなたは、顕正会について知っているのですか?
彼は仕事でいったので、これは仕方のない事です。(あなたが代わりに行ってくれますか?)

>だいたい小田原会館当人からの断り書きがないってのは非常識じゃないのか?
断り書きは、約二日に渡って書き込みが不可能だった(人大杉と表示されてしまった)為に出来ませんでした。

>コンスタントに回答できるのか?
いえ、出来ません。
前にも言った様に私は代役なので、多分今日明日限りになると思います。(私はコンピューターを持っていません)
ですから、なるべくコンスタントなどと言わず、今質問があればいって欲しいのです。

>顕正会の支隊長たる者が・・・
ところであなたは、顕正会員ですか?
一応知りたいので。

66 :独言 ◆Itg72cImuw :03/02/14 16:17
しばらくの間、一刀両断氏と横浜会館氏のやり取りを静観したらどうか?


67 :名無しさん@3周年:03/02/14 17:06
小田原会館さん横浜会館さん

>>24はどーなりました?

68 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/14 17:45
横浜会館さん はじめまして。
まあ、何とも言いようがありませんが、仕方ないでしょうね。
3日後には必ず確認してカキコミしてくれるという連絡が入ったのですが、突然出張ですか。
有り得ませんね。
出張すら法の為に拒否するでしょう。支隊長ならば。
しかも本年100万がかかっている大事な法戦なのに。
ましてやどんな会社か存じませんが、突然2日前に中国出張が言い渡される会社など、聞いた事ありません。
それでも出張というなら致し方なしですが。
あまりに問答としては無様な結果になってしまいましたね。
私は少なくとも小田原会館さんはきちんと問答をしてくれると思いましたので、一瞬諦感を持ってしまいました。
それでは、少なくとも小田原会館さんから引き継がれた以上、小田原会館さんと同等として問答をお願いします。
今日は何時位までやりとりできそうですか?

69 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/14 17:52
では横浜会館さん 早速
>>36の問いについてお答え願います。

70 :64:03/02/14 19:39
>>65
俺様だって2度も!!勧誘されたことがあるから、顕正会スレッドを去年から読み始めたって次第。
ここのスレッドを何ヶ月も読んでいれば、いくらアホな俺様だって多少はわかるってもんだろ。

小田原会館氏がカキコ出来なかった事情については了解。
正直スマンカッタ

けど、一刀両断さんが書いてるように、突然の海外出張ってのは変だぜ。
とはいうものの横浜会館氏がその代理を務めるのなら構わないんだが。
だけどこりゃ何だよ!
>前にも言った様に私は代役なので、多分今日明日限りになると思います。

こんな調子だから会員は書き逃げが多い、ってバカにされるんじゃないか?代理を務めるというのなら、継続的に出来る条件が必要だろ!
これじゃまた暫く誰も回答する香具師が現れないってことじゃん。
このスレッドを立てた意味がなくなる。
だから横浜会館氏が責任を持って代理を探しな。



71 :名無しさん@3周年:03/02/15 00:28
内部粛清が入ったか…
ご愁傷様。

72 :名無しさん@3周年:03/02/15 01:03
>>24の問いについてお答え願います。

73 :名無しさん@3周年:03/02/15 02:45
人殺し犯を半年ごとに出す。それも一万人ほどの団体が・・・
1件/5000人・年

これでも危険な団体ではないと言えるか?

74 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/15 09:25
小田原会館さんが誠意ある回答をくれると思ったので、せっかくスレを立ち上げたのですが・・・
横浜会館さんもお待ちしていても来られないようですし。
無駄スレ立てた、と他の方からのお叱りを受けることになってしまいますね。
どうか、心ある顕正会員の方で顕正会の論と私の自論とをぶつけて、顕正会の正当性を証明したい方、いらっしゃいませんか?
お待ちしています。

75 :名無しさん@3周年:03/02/15 09:32
一刀両断さんって何故入会し、何故
やめたのですか?支隊長以上までの幹部になって、気になるところですね。
功徳と罰の体験を聞いてみたいものです。


76 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/15 10:26
誰も問答する方がいらっしゃらないようなので、>>75の質問に身勝手にもふれさせてもらいます。
長文、失礼します。
私の進退理由はある意味、みなさんからあちこちで出てくる問題とは別次元なのかもしれません。

私が顕正会で活動してきた理由は、国家救護という観念から、顕正会が唯一正しい組織であり、これ以外にないと思ったからです。
私が顕正会に入会する前に知り得た限りで感じた人生論は「今後世界は滅びる以外にはない」という諦めでした。
どうして諦めたのかといえば、それまでの人生の中で吸収した歴史書や科学書、一般雑学から総合判断したところ「やがて世界は滅ぶ、しかも近い将来戦争によって」という結論だけでした。
その憂いを持っていた私には、国家及び世界を救済する法がある事は「救い」であり、だからこそ内部の先頭に立って戦いに参加してきたのです。
こういった大事を為す場合、犠牲というものは必然的に存在するものだと思っていましたので「仏法では無駄がない」などというのは机上の空論であっても構わないと思っていたわけです。

77 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/15 10:26
こんな考えを持っていたので「功徳」「罰」に関しては特に考えた事はありませんでした。
こんなものは所詮人間の主観に左右されるものであって、誰がどう判断するかで呼び方が変わるだけのものでしか有り得ないからです。
唯一国家救済に対する観念が私と顕正会会長のそれと一致していただけでした。
だから一事のためなら誰から罵倒されても何も恐れる事を感じない(実際にそう見えていた)会長の態度に傾倒していたわけです。
しかし、初めて知った仏法を年月をかけて自分なりに勉強していった結果、事態が急変するような事実に至ってしまったわけです。
それは、日蓮正宗の信仰事態に欠陥があったという事でした。
また内部上位から見る顕正会内部も、何者をも恐れぬはずの顕正会が、外部を恐れ、末端会員を大事を伏せて扇動させ、非常にぼかした活動内容でしかなかった事。
更には一国広宣流布だけを目指している、ある意味外部へはストイックな様に見える会が、実に保守的な概念を以て運営をされていた事です。
そうした総合的判断から、私は以下の結論を出し、退会する事になったわけです。
1 顕正会は日蓮正宗信仰という観点からは最も優れている
2 しかしそもそもの日蓮正宗信仰事態が欠陥がある
3 ゆえに日蓮正宗信仰では国家救済は不可能である

78 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/15 10:27
1 宗門・創価学会などが存在した日蓮正宗内部では、凡そ顕正会はどこにも負けないでしょう。
現在の宗門、創価学会などは本来の日蓮正宗信仰から現在の民主主義へ迎合していった変形(進化といえば進化かもしれません)信仰に過ぎないからです。
だから日蓮正宗の信仰の本来の姿はある意味、原理的主義を貫いているように見える顕正会の方が内部で論判した場合、勝っている結果が出てくるでしょう。
2 しかしその日蓮正宗信仰事態がそもそも欠陥教義でしかないことはよく仏法を学んでいくうちに掴めてしまいました。
日蓮聖人の仰せられた信仰とは、日蓮正宗信仰が究極ではない、と断ぜざるを得ないのです。
3 だから国家救済を訴える日蓮正宗信仰(本門戒壇建立)ではそもそも国家を救うという事は不可能であると結論せざるを得ませんでした。

ご存知のように現在民族と民族、宗教と宗教、利害と利害がぶつかり合って、様々な国際問題に発展しています。
やがてはこのままでは大戦争も起こるでしょう。そして未曾有の戦乱状態を迎えつつあるようにも思えます。
しかし、顕正会が両手を挙げて「顕正会の主張のままになった」という混沌とした世界状況になっても、その後の顕正会の主張する全世界広宣流布は「顕正会の主張のままになった」という事は有り得ないでしょう。
そもそも顕正会にも殉死発想があります。
これの過激さが増したものがイスラム教国家だとすると、ともに殉死教義がある宗教同士がぶつかりあって、相容れる事は考えられません。
つまり、顕正会の主張するままの全世界広宣流布は、イスラム教国家及び他宗教国家の滅亡を意味するものであります。
すると顕正会の究極の主張とする全世界広宣流布とは、人類滅亡の危機に瀕して日蓮大聖人を信仰する顕正会員だけが生き残り、それ以外の信仰をする者(無宗教者を含む)が絶滅する以外に広宣流布は到達できない、と考えられます。
一主義のみを尊重し、他を排他する限界がここにあると考えられるのです。
私は、だから現在は新たな信仰ではなく、机上理論ではない平和の実践理論を考えている状態である、ただの人、だというスタンスを取らせてもらっています。
少々論点から外れてしまいましたが、つまりは私はそうゆう発想から顕正会の限界を感じた次第です。


79 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/16 08:40
とりあえず横浜会館さんのためにあげておきます

80 :独言 ◆Itg72cImuw :03/02/16 10:19
>>68
小田原氏、もう出てこないでしょう。
法論の前提をのんでおきながら、急な海外出張、帰るのは3月中旬というのは、常識的には考えられない話。
横浜氏も、もっともらしい理由をつけていますが、まったくすっきりしませんでしたね。代理を任されたからには、
小田原氏本人と同等の対応をすべきです。常識、約束とはそういうもの。印象的には「ずるい」、「逃げた」です。

一刀両断さん、尻切れトンボ的な結果は非常に残念です。が、正宗系宗派には謀略的体質もあります。案外
陰でシコシコ充電中というのもあり得る話で、個人的には「しばらく静観」を望みます。

>>76->>78はとても興味深く読ませていただきました。特に
>1 顕正会は日蓮正宗信仰という観点からは最も優れている
は僕も感じていたところ。正本堂以来の「流れ」という点では、分は完全に顕正会にあるでしょう。しかし一方で
綻びを指摘されているのも事実。それも基本的な部分で。「正宗3すくみ」的様相は解消不能です。

81 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/16 10:53
顕正会の体質は即日蓮正宗の体質を指す事になるでしょう。
日蓮正宗の論述展開は言い訳することと、絶対権威を持たせることで成り立っています。
顕正会の浅井氏、創価学会の池田氏、宗門の阿部師。
いずれも絶対権威を組織内で徹底する事により、疑問を打払うという体質が出来上がっているわけです。
そこが限界でもあるわけです。

82 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/16 17:25
さっぱり会員らしき人は見えませんね。
もちろん今日は忙しいのでしょうけれど。
平日中期待します。

83 :64:03/02/17 03:14
横浜会館様は「書き込みは今日明日限り」とか仰っていらしたのに、
土日にはまったくいらっしゃいませんでした。

結局書き逃げだったわけね。

84 :趣味創価学会:03/02/17 20:28
学会マンセー。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shumisou

85 :うらはら:03/02/17 20:39
ちょっとまじめに、上の文章拝見いたしましたが、一念三千を知らない人には仏教は結局わからないでしょうね。

立正安国論にしてもその背景にある一念三千についての考究がないと、なにを言っているのかすら全然わかりませんからね。
で、私の知る限り顕正会には、この一番の肝心を語れる人材がおりません。
よって一刀両断氏の考究も失礼ながら底の浅いものとみました。
m(__)m
基本的には大変まじめな御仁だとお見受けいたしましたので、残念に思い書いてみた次第。
失礼の段はお許しくださいませ。
m(__)m

なお、気が向けばこちらにもどうぞ。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=00638174

86 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/18 07:50
ぜひ一念三千理論まで会員と到達してみたいですね。
しかしその論あっても少々無理がありますよ。


87 :名無しさん@3周年:03/02/19 02:08
>>86
小田原会館も横浜会館も逃げちゃったから、今度は>>85の人と質疑応答
してみたらどうよ?

88 :NB ◆YIoCB90ZbI :03/02/19 20:58
>>85
実際に顕正会に関わって受けた、痛みや悲しみや怒りやらに対してなんの気遣いもコメントも
なしに、いきなり「一念三千を知らない人には仏教は結局わからないでしょうね。 」っすか?
で、
>立正安国論にしてもその背景にある一念三千についての考究がないと、
>なにを言っているのかすら全然わかりませんからね。
と続いて
>よって一刀両断氏の考究も失礼ながら底の浅いものとみました。
っすかああ!??

1.つまり、顕正会は「(一念三千という)この一番の肝心を語れる人材がおりません。」
ところが宗教団体としての問題点であると?
2.逆に言えば「この一番の肝心を語れる人材」がいれば、顕正会の存在は正当化できると?
3.更に言えば「この一番の肝心」を心得なかったから顕正会に恨みを抱いてやめるはめになったと?
4.おまけに言えば「日蓮系(正宗系)」の団体は体質的には同質であるが「この一番の
肝心を語れる人材」の有無によって正邪が分かれると?

こういう論であると見なしていいのかな?だとするなら、ひじょーに興味深いね(w

ちなみに、「私の知る限り」を「よって」でもって結論付けるのって、ほとんど詭弁だね。この場合。
よって、「一刀両断氏の考究」も、底の浅いものだとは全然認められない。

「残念に思い書いてみた次第。」なんて言ってるけど、痛いとこつかれて(?)
イチャモンつけたかっただけちゃうんかと小一時間(略
よって、長文スマソ。

89 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/19 21:43
NBさん
いえ、いいんです。
ここの場合はNBさんすらも私がNH変えて書き込んでる、位にしか云わないでしょうから。

うらはらさんはおそらく法華講かとも思えるのですが、私の場合は正宗自体を疑問視している立場なので、
突っ込んで言わせてもらえれば、一念三千の理程度で全てを語れると思えません。
ここではとりあえず、論を外したくないので、あくまでも顕正会員との法論を望む場でありたいと思っています。

90 :NB ◆YIoCB90ZbI :03/02/19 22:22
>>89
いえ、すいません。

どっちサイドにせよ、当事者以外の人間が煽るようなレスをつけるのはいかがなものか?
と思ったもので…。特に、あんた何様?って感じなのは激しく嫌いなもんで…。
(自己嫌悪の一種なのかもしれませんが…。たはは。

でしゃばってしまいました。

いつも、大変興味深くロムさせていただいております。>両サイドとも。

まあ、部外者の立場はお気楽で、、、申し訳ありません。ロムにもどります。

91 :かず:03/02/20 01:34
顕正会は日蓮正宗および富士大石寺とは全く関係ない別物です.
それを一刀両断さんは、

 ・本来の日蓮正宗の教義=顕正会の教義
 ・正宗系の中では顕正会はもっとも優れているが、そもそも正宗の教義自体が 
  欠陥教義であるので、顕正会を含むすべての正宗系教団の教義は空論である
 
という具合に括ってしまうのはいかがなものかと思います。

一刀両断さんが学んだ本来の日蓮正宗の教義=顕正会の教義とやらは
過去に日蓮正宗の講中に何度か論破されその都度敗走しています。ということは、
顕正会の教義は日蓮正宗の教義に劣るということです。

この掲示板の趣旨はあくまで顕正会の教義などに関する問答ですよね?
であれば、それ以外の批判は避けるべきだと思います。


92 :一刀両断 ◆OIAVtxIJWE :03/02/20 13:14
ふむ。かずさん。確かにその通り、ここでは正宗義か顕正会義かを論ずるのは適切ではありませんでしたね。ご容赦下さい。
しかし会員は今月の締めが近いからか、完全に沈黙しましたね。暇を持て余すのも何ですから、会員が反論できない、一般の方でも折伏の場で簡単に否定できる内容でも掲載しようかと思案しています。

93 :名無しさん@3周年:03/02/20 13:58
しつこく勧誘された上に断ったら「帰り道に死ぬかもよ」
っていわれました。
完全なおどしですよね。
最低な宗教


94 :名無しさん@3周年:03/02/21 08:27
会員でインターネットするやつは みんなめちゃくちゃ大きな罰が出てるよ


95 :名無しさん@3周年:03/02/21 08:44
>94
コピペ鬱陶しいです。あとスレ違いなのでお引き取り下さい。

96 :名無しさん@3周年:03/02/21 10:06
>95
会員でインターネットするやつは みんなめちゃくちゃ大きな罰が出てるよ


97 :名無しさん@3周年:03/02/21 20:23
ところで顕正会は何で他宗派と公開討論しないんだよ

98 :仏法とは?:03/02/22 19:56
初めまして、一刀両断さん。私は半年前に顕正会を辞めたものです。
いつもロムってばかりいましたが、顕正会に対して素朴な疑問があるのですが
それについての、一刀両断さんの意見を聞いてもいいですか?

99 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/23 08:03
>>98
はい 私の知る限り。
お答えできる限り頑張ってみようと思います。

100 :仏法とは?:03/02/23 12:34
ありがとうございます。いくつかあるので1つずつ聞きたいと思います。
一刀両断さんは長い間、顕正会で活動していたようですが、ビデオ放映等で見る
浅井会長への凄く長い拍手や頭を下げる行為をどう思われますか?
それを、あたりまえのように(私にはそう見えるので)受け入れている態度に
あなたは仏様ですか?とつっこみたくなるわけです。
私は勤行をすること事態は好きなのですが、ビデオ放映や座談会がとても嫌いでした。

101 :仏法とは?:03/02/23 12:39
>>100
事態は自体の間違えです。すみません。

102 :仏法とは?:03/02/23 14:18
一刀両断さん、わたしの素朴な疑問は、もしかしなくても教義以外のことになるかも
しれません。それでもいいですか? 教義のことはまったくわかりません。顕正会
として活動をしたことがないからです。(12年前に友人に折状されて以来)

103 :仏法とは?:03/02/24 01:24
レベルの低い疑問だったかもしれませんね。なんだか恥ずかしくなってきました・・
ただ、このスレを見ている教学の無い顕正会の方が同じ疑問を抱いていたら、洗脳される
(あまり使いたくない言葉ですが・・)前に教義以前に顕正会の体質が変だと気づくかなと
思ったわけです。
あと、いつもわかりやすいレスで共感を抱いていた一刀両断さんが>>76での悲観的な考えが
以外だったので、ちょっとレスする気になったのでした。もう遅いのでおわりにします。



104 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/24 13:05
仏法とは?さん
しばらく出張だったのでレス拝見できませんでした。
>>100 について
まず顕正会側の論

・御遺命を守護されたたったお一人の大聖人の御意を拝し奉るお方だから。
・広宣流布を為される方だから。

というのが顕正会側の論でしょうね。
私も当時はその内部にいた側でしたのでよく、新入信者に質問された時には戸惑ったものです。
仕方なく色々な理由をつけて押し込めておりました。
しかしまことに変な事です。
長い拍手などは時として”まだ続くのか”と思いながら空気がそうなっている以上続けながら思っていたものです。
或いは礼をする、極端に言えばビデオに向かってすら礼をする、というのは直接聞いている、という観念を持たせる為なのでしょうが、実に変な事ですよね。
そもそも登壇などを聞かれれば分かると思いますが、全体に共通した会の体制の間違いがこういった部分に出てくるわけです。
例えば”浅井先生の驥尾に付し”とか”先生に断じてお応えする決意であります”などはどう捏ね繰り回して考えてもおかしいわけです。
信じる対象は日蓮大聖人と言いながら、”会長に驥尾に付す””会長にお応えする”というのは、信仰対象をすり替えてしまっているわけです。
顕正会が日蓮大聖人を信仰対象としているのなら、驥尾に付すのは大聖人であり、お応えするのも大聖人でなければならないのです。
ところが”先生の弟子でよかったと改めて思う”とか”先生の指さすままに”という会長の指導を金言(仏の言葉)のように受け取ってしまう登壇を平然とし、
また本部はそれを容認している。
更にはそれを聞いて会長はうなづいているわけです。
大聖人信仰ではなく会長信仰を暗に強要していることになります。
違うというのであれば、会長はそんな事を言われたら普通”あくまでも大聖人に対する信仰だから、
私に対してはそういう表現はするな”と指導するでしょう。
ところがうなづいている。(笑)
そういった体制が出来上がっているから、どれだけ論理的に会員を破折しても
”先生は絶対”という訳の分からない回答しか出てこないわけです。

105 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/24 13:05
なんだか最近思うのは内部にいた当時を思うと
隣国の”将軍様 首領様”というのに物凄く似ている感じがありますね。
平成九年頃行った体育文化祭という催しなど全く隣国と同じマスゲームなどで会の統率力をアピールし、
空手の演舞で力をアピールし、会員には”浅井先生のお言葉に断固お応えし”という文言を登壇させる。
かつてドイツがヒットラーを中心に労働党ナチスが国家を支配していた時、会議で幹部が作戦に疑問を抱いても
言葉を発せずYESしか言えなかったのと同じように、どれだけ会長がひん曲がっても幹部会員はYESしかないわけです。
そうゆう統率の仕方しかできない、という会の方針なのでしょうね。

今の私から言わせてもらえば、日蓮大聖人信仰であるわけだから、
戒律など必要なく、ましてや暗黙の了解など必要もないわけです。
疑問に思った事を聞いても完全確立されているという仏法なんでしょうから、
明確に回答してあげればいいわけです。
そっちのがもっと会の求心力を強めるはずなんですがね。

106 :仏法とは?:03/02/25 02:57
>>104 >>105
一刀両断さん、凄いです。私の思った通り・・それ以上の回答かもしれません。
私は、感情が先にで出てしまうので、友人とそのことで討論すると、思考が感情に
負けてストップし「とにかくおかしい」としか反論できず、最後に友人は決って 
「顕正会の活動をやらないからわからないんだよ」になるわけです。
私は、顕正会のすべてを否定しているわけではありません。前にも言ったように
勤行は好きですし大聖人様の「南無妙法蓮華経」には不思議な力があると確信さえして
います。ただ、顕正会の「功徳」と「罰」を言う所や絶対顕正会が正しいという変な教えが
嫌なのです。そこで2つめの疑問なのですが、友人は折状の時「功徳」と「罰」を
言い切らないとダメだから言うと言っていましたが、普通に考えて仏様の境地にまでなった
大聖人様が「功徳」はともかく簡単に「罰」を説きなさいとおっしゃったと思いますか?
顕正会の「功徳」「罰」の捉え方もちょっと違うような気がするのですが・・

107 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/25 16:01
>>106
結論から先に言えば顕正会員は「功徳」、罰」の捉え方が間違っています、というより分かってないと言った方がよろしいでしょうね。
>>106の発言から受け止めるところ、仏法とは?さんは
仏法は何か力があるように見えるが、顕正会という団体が奇異に見える、と考えられているようですね。
私はその友人に以下の質問をしてみたいものです

>最後に友人は決って「顕正会の活動をやらないからわからないんだよ」になるわけです。

なぜ顕正会の活動をしないとわからないのでしょうか?
「理屈じゃないんだ」と言われるかもしれませんが、仏法には理論があります。
その友人の言い方だと、さもその友人は一切宗教の全てを実践した上で顕正会で活動しているように聞こえるのですが、
そうでないとするとその方の言っている根拠は何なのでしょうか?

>友人は折状の時「功徳」と「罰」を言い切らないとダメだから言うと言っていましたが、

なぜ「功徳」と「罰」を言い切る必要があるのでしょうか?
「大聖人がそのような御振舞いをされた」というのでしょうが、そうではく、
「功徳」と「罰」を言い切るとどうなるのでしょうか?
それはどこにどのように書かれているかお聞きしていてみたいです。
では「功徳」と「罰」の本質とは何なのでしょうか?
お聞きしてみたいものです。

108 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/25 16:02
およそその友人は先輩からの受け売りでそういった言葉を”使用している”だけでしょう。
理論などなくただ使っているだけなのだと思われます。
「功徳」と「罰」というのは非常に当事者の主観で左右されるものだと思います。
本人が自覚として「功徳」だと思えばそれは「功徳」になってしまうわけです。
客観的に見て「功徳」だとはっきり分かる現象でなければ、それは”本人の思い込み”以外にありません。
昔、顕正新聞にこんな事が載っていました。
「信心してアマレスリングで銀メダルを獲得」
本人が功徳と言うのならそれは勝手なのですが、それを新聞に載せた時点で押し付けているわけです。
信心した結果が銀メダルになるはずがないのです。
当人のレスリングに対するひたむきな努力が実って始めて結果を出せるわけですから。
こんなことは当たり前なのに、信心した、その結果銀メダルが獲得できた、
と結びつけてしまうことによって、信仰が即自分の願いの適うものだという錯覚が入ってくるわけです。
では信心していない他の選手が金メダルを取ってしまった事はどう受け止めるべきなのか。

109 :名無しさん@3周年:03/02/25 16:02
【マジで】  ブ ツ バ チ 【教えて】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1031661372/

110 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/25 16:02
少し俗っぽい言い方なのですが、こういった事が記事になって「功徳」だという。
顕正新聞に関わったので少し話を飛び火させます。
あの新聞というのは非常にマインドコントロールに向いているわけです。
なぜなら第三者ではなく内部の者が情報誌として会員に頒布しているわけですから、
都合の悪い記事は100%出てこないことになります。
政党が出す新聞に政党の批判はないわけです。
会社が出す新聞に会社の批判はないわけです。
一般誌が良くも悪くも批判を加え、賛美を含める事は情報を冷静に分析する目を私たちに持たせてくれます。
ところが団体の発行する新聞に自身の批判は決して載らないわけです。
という事は他団体が発行する新聞の方のがまだ、自らが所属する団体の真実を明かしている、とも言えるわけです。
顕正新聞を見て下さい。
創価学会、宗門批判は物凄い勢いで行っております。
或いは、真実では無い事すらも誇大表現されているかも知れませんが、
少なくとも学会発行の新聞よりも学会の真実に近い部分は情報として提
供している可能性があるわけです。
同様に学会の新聞の方がまだ顕正会の真実を伝えている可能性がある、ということでもあるわけです。
こう考えると、新聞の強化などはまさしくマインドコントロールとしか言いようがありませんね。
結局自画自賛してそれを会員に思い込ませる、こういった事が続けられているわけです。
話がそれましたが、もっと根本的な仏法の在り方、日蓮大聖人の仏法とはどういったものなのか、考える必要があるのではないでしょうか。
詰まる所、顕正会の言う論では日蓮大聖人の仏法は真実かどうか判別つきません。
先に問答としていずれ提示させて頂きます、と申し上げていた理論書の内容も
事実と全く違うとんでもない事が書かれているわけでして、
そういった所が顕正会の情報操作、マインドコントロールとしか呼べないと思うわけです。

111 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/25 16:03
小田原会館さんがいなくなってしまったので、公開しますが、
実は理論書には実に不的確な内容が載っていると思われます。
熱原法難について記されている部分なのですが、あれを読んでみて下さい。
あの文面から読み取れる事は、熱原法華講衆の三人が不惜身命に立って斬首され、
それを日興上人が大聖人に告げて「戒壇の大御本尊」を建立された、
となっているのですが、史実は全く違います。
戒壇の大御本尊が建立されたのは弘安二年の十月十二日なのですが、
熱原三烈士が斬首されたのは、弘安二年十月十五日なのです。
つまり御本尊を建立した三日後に三人は斬首されたわけです。
これを顕正会はさも三人が首を切られた後、戒壇の大御本尊が建立されたように書かれているわけです。
最近の会員の方は知らないと思いますが、最新版ではない「南無日蓮大聖人」という今の版より相当薄い出版物があったのですが、それには斬首日が記載されています。
ところが厚手の出版物になった時からこれが摺りかえられてしまっているわけです。
熱原斬首日の論は未だ不明のままです。
しかし公式には十月十五日が一般の認知されているところなのですから、
これをわざわざ隠して戒壇の大御本尊が建立される前のように書いているのが
情報操作、というのです。
こういった風の事柄が多数あるのが、私は外部に立った時、非常に不愉快な思いをしたのです。

112 :名無しさん@3周年:03/02/25 20:47
>>111
よく知らないんですが、どうも顕正会では熱原の法難=三烈士が殺されたこ
と、と捉えてるんですか?
法難に関しては、少なくとも聖人御難事(10月1日)の後半部分とか伯耆殿御
返事(10月12日)に記されていますね。
熱原の法難とは、熱原の法華講衆が権力によって弾圧された全体的総称。
三烈士の斬首は、その法難の代表的事象であって法難が生じて何日か経ってからの結果論にすぎません(別に軽々しく扱っているわけでなく)。
信徒の法難ということを機として、法華講衆の代表たる三烈士を願主として大
御本尊を顕されたというわけ。斬首されたのを機としたわけではないのです。
だから斬首された日が大御本尊を顕された日よりも後でも矛盾が生じないと
いうことです。

113 :仏法とは?:03/02/25 21:48
>>107
>なぜ顕正会の活動をしないとわからないのでしょうか?
顕正会の活動をしないと教義もわからないし、顕正会の御遺命守護の戦いの凄い歴史
もわからない、あと折状を実践していくことにより大聖人様の偉大さを命で感じる事が
できるからと言っていたような気がします。
>さもその友人は一切宗教の全てを実践した上で顕正会で活動しているように聞こえるのですが・・
友人曰く初めて出合った宗教が、絶対の教えをもつ顕正会で凄くラッキーなんだそうです。
他の宗教をやる必要がないしやってみようとも思わないそうです。

>なぜ「功徳」「罰」を言い切る必要があるのでしょうか?
末法の特に私たちの時代は、三毒に冒されすぎていて優しい言葉ではダメなんだそうです。
「功徳」と「罰」という現象をもって大聖人様の仏法が絶対だとわかることが出来るし
信心にも確信がもてるんだよと言っていたように思います。


114 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/26 12:16
>>112
その通りで顕正会は三烈士を熱原法華講衆の代表ながら、彼等の斬首が戒壇之大御本尊建立の起点と断じているわけです。
日蓮正宗の論から見れば考えられないですよね。
ところで>>112の方は日蓮正宗の方でしょうか?
もしそうなら現在は戒壇之大御本尊願主を熱原法華講衆と捉えているのでしょうか?
ちなみに私はこの熱原法華講衆願主論も懐疑的に受け止めています。


115 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/26 12:25
>>113
やはりその程度の回答しか期待できないでしょうね。
他の宗教信者が同様のことを言ったら、その友人は何と破するのでしょうかね?

>顕正会の活動をしないと教義もわからないし、顕正会の御遺命守護の戦いの凄い歴史
もわからない、あと折状を実践していくことにより大聖人様の偉大さを命で感じる事が
できるから
>初めて出合った宗教が、絶対の教えをもつ顕正会で凄くラッキーなんだ
>「功徳」と「罰」という現象をもって大聖人様の仏法が絶対だとわかることが出来るし
信心にも確信がもてるんだよ

これを浅原のオウム真理教に置き換えてみましょう。

>オウムの活動をしないと教義もわからないし、尊師の法守護の戦いの凄い歴史
もわからない、あとオウムへの勧誘を実践していくことにより尊師の偉大さを命で感じる事が
できるから
>初めて出合った宗教が、絶対の教えをもつオウムで凄くラッキーなんだ
>「功徳」と「罰」という現象をもって尊師の法が絶対だとわかることが出来るし
信心にも確信がもてるんだよ

笑ってしまいますね。
こんな論で通用させてしまう会員の無教学さが露見されています。
他宗教を邪教と呼ぶ以上、論を以て破するべきです。

116 :仏法とは?:03/02/26 22:22
>115一刀両断さん、そーなのです。他の宗教でも同じような事を言っていますよね。
でも、顕正会の絶対という言葉は他宗の全てを否定しきれない絶対とは違い唯一無二の
絶対なのです。絶対という言葉には大聖人様の仏法を信じきる揺るぎない信念みたいなものが
込められているような・・だから何度も絶対という言葉がでてくるし、その言葉から
逃れられなくなっているような気がします。「功徳」「罰」にも同じようなことが言えるんじゃ
ないでしょうか。大聖人様を信じきる信心ができれば「功徳」があり退転したり、軽んじたり
すれば「罰」があると・・友人とその事で討論するたびに悲しくなります。




117 :仏法とは?:03/02/26 22:56
一刀両断さん3つめの疑問なのですが、会員が一生懸命になってやっている折状が
ありますよね、浅井会長も自ら折状を実践しているのでしょうか?していないとしたら
何故だと思いますか?

118 :仏法とは?:03/02/27 00:24
>>116について少し補足させてください。
自分の心の中で絶対だと思うことは良いと思います。特に信心する上でこの思いは
必要不可欠ですよね。自分以外の人に発する絶対という言葉が良くないと言いたかった
のです。失礼しました。

119 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/27 09:13
>>117
会長は昔は折伏をしていた、と聞いた事があります。
それは子息にも言えることですが、現在折伏をしている事はないでしょう。
今は書物等を以て一国全体に対する折伏を行っている、あるいは大勢の指揮を執っている、ということになるのでしょうね。
個人折伏は多分していないでしょう。

これは会員にも同様の事が言えます。
顕正会員の中には幹部になる者がいます。
その人達はどうやって幹部になるのか。
延々と個人の対象者を出して折伏をしている限りは、限度があります。
友人知人という枠から、次第に同校卒業者等拡大され、更には全然縁もゆかりもない者にまで及ぶわけです。
これではいつか自分が苦しむ事になるわけです。
そこで個人対象で折伏した者を、折伏する人材に育てて組織化する、という効率的なやり方が望まれるわけです。
これなら常に新しい者が折伏する側になり、更にその下も折伏する側の者にすれば延々と伸びていくわけです。
すると元々の人は今度は折伏する側に指導する立場となり、それが一まとまりで班、その班を複数持つと支隊とか総班、
になってくるわけです。
つまり支隊長や総班長クラス以上になってくると、個人的な折伏はなかなかやりません。
言い方を悪くすると、下にやらせていく、という事になります。
そしてその折伏の数が劇的に飛躍すると、その組織の責任者が褒め称えられ、それが弘通一覧や登壇、
更には大きな組織の長になったりしてくるわけです。
すると会内では”あの人は人を引っ張る力がある、魅力あるからだ”と尊敬評価になるわけですね。

120 :仏法とは?:03/02/28 02:04
>>119 わかりやすい回答をありがとうこざいます。
私は宗教を認めていますが、宗教団体となると懐疑的になります。そこにはお金や地位
人間関係が絡んでくるからです。でも、もしその団体の指導者が今の自分の立場に甘んずることなく
一人でも多くの人を導きたいと、自ら会員の手本となってすばらしい教えを伝え歩いているのであれば
真の宗教者といえるし、会員から集めたお布施の使い道を公表する事ができる団体があれば、
私の見方も大きく変わるのですが・・・

4つめの疑問なのですが、「南無妙法蓮華経」とは「妙法蓮華経」に帰依するという意味ですよね?
大聖人様の教えは「法華経」が基本となっているのでしょうか? そうであれば顕正会の
大聖人様>釈尊となる道理がわかりません。仏様に優劣などあるのですかね。時代が違っても
教え(仏法)は1つだと思っているのですが、それとも何か別の意味があるのでしょうか・・

121 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/02/28 10:28
あくまでも顕正会の論として答えさせて貰います。
今の私自身はもっと別次元の論を持っていますから。

仏様の化導(凡夫を仏の道に導く行為)は一般に元は釈尊から始まる、とされています。
しかし日蓮正宗仏法は五重相対という法門を根底にして、時間論を説いているんです。
難しいゴチャゴチャした事は抜いて簡単に言います。
仏の化導を別で例せば畑の作物のようなものだと言うわけです。
作物は我等凡夫。
仏は最初、畑に種を蒔きます。そして熟した実になった時点でこれを取るわけです。
この時釈尊は実を取った、つまり刈り取る作業をする仏、という立場に当たる、というわけです。
刈り取る作業は、結局種を蒔く、という行為がないと実らないわけですから、種を蒔く行為をした仏のが尊い、とされるわけです。
これが日蓮大聖人。
時間的に見ると、釈尊が刈り取る前にやっぱり仏がいた。その種を蒔いた仏が大聖人だと。
そして刈り取った釈尊が歴史上出現しているから、最初の仏だと思っているのが一般で、実は違うんだと。
そして釈尊時代の仏法で悉く脱した次に来る時代が末法で、この時代に入るとまた種を蒔く根本の仏が出現するんです、と言ってるわけです。
これが鎌倉時代の日蓮大聖人だとされているわけです。
だから釈尊(仏種を刈り取る仏)<<<日蓮大聖人(仏種を植える仏)という式が日蓮正宗では成り立っているんです。
あくまで凡その内容を簡潔に示しただけですので、悪しからず。

122 :仏法とは?:03/03/01 12:37
>>121 仏様は種を蒔く時期と刈り取る時期に出現するということですね?
種を蒔く時期=末法=仏法が伝わりにくい
種を刈り取る時期=正法=仏法が伝わりやすいと解釈した上でレスしますね。
↑に書いたことは生命がこの世に誕生してからこの世から消滅するまでずっとくり返されるので
あれば種を刈り取る時期がないと蒔く時期もこないということになると思うんです。
種を蒔く仏様も刈る仏様も、その種=仏法を悟った方であり、釈尊も大聖人も永遠に命をもたれた
仏様なのですから、出現される時期で優劣をつけるのはどうなんでしょうね・・
あと大聖人様が法華経の信仰者ならば 仏法=法華経 で成り立ちますか?一刀両断さんの意見を
聞きたいです。


123 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/01 17:54
>>122
顕正会論でいえば種は一度蒔かれてしまえば、あとは発芽して成長して実をつけるだけです。
例えば今回の人生には過去の記憶というものがありません。
ところが仏種は命に蒔かれてさえいれば、育たせて実をつける事は簡単に出来るわけです。
これを人にしていえば、未だ末法ではない時代の人は過去に仏種を植えられている者(本巳有善)が生まれてくるわけですが、記憶にはありません。
しかし過去に仏種を植え付けられているので、少々の水をやったりすれば、すぐに命が過去の仏種を観じることができる、というわけです。
だから釈尊はダイレクトに法華経の観心を説く事なく、水をやるような作業で過去の仏種を育てて実らせてあげればいいわけです。
ところが末法は未だ仏種を植え付けられた事もないわけですから、ダイレクトに仏法の観心を説いてやらなければいけない。
これが折伏と表現されるものです。対して釈尊仏法は摂受といって、仏種は既にあるわけだから、やわらかく最終的に実るように導いてあげれば良い、という事なのです。
しかし仏種を過去に受けたことのない者には、ダイレクトに説く法に拒絶反応を示してしまう、これが逆縁である、というわけです。

124 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/01 17:55
しかし強烈な拒絶反応をすればする程、その者には確かに仏種が備わった証明でもあるとするので、仏法とは?さんの友人のような発想になってくるわけです。
素直に仏法を聞き入れるのであれば、またそれは”君には宿縁があった”などと言うことになります。
しかし過去に仏種を一度も受けていないのだから、命に宿った仏法の縁などあるわけがないのですが、そこで
”君には自覚がないが、実は本化菩薩といって末法の衆生を救う側の者として、過去に仏種を植え付けられていない者のように装って、やがて目覚めて凡夫を救う側になるんだ”といわれるのです。
つまり元々御本仏の弟子としてこの末法に派遣させられてきた、というわけです。
これが法華経に説かれる「湧出品」に説かれる地湧の菩薩、流類を指している、とするわけです。
そう言われると、何だか仏法を実践しはじめた者は何の事はないと思っていた自分の人生がとても意味あるもののように思えてくるわけなんです。

仏法=法華経ですが、顕正会論で言えば”法華経の観心”となるわけなので、=法華経とはならない理解をしていると思います。
法華経の観心は即、戒壇本尊を指し、人法体一という考えから日蓮大聖人、となるわけです。

今の私は上記は全く違うと考えておりますが。


125 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/01 17:59
追記
>これが折伏と表現されるものです。対して釈尊仏法は摂受といって、仏種は既にあるわけだから、やわらかく最終的に実るように導いてあげれば良い、という事なのです。
つまり、やわらかく導いてやる事が出きる訳で、最初は相手の言葉も尊重してあげ、次第に導いてあげられる事と、
相手が怒りまくろうが、とにかくダイレクトに仏法を説いてあげられるか、ここに差がある、といっているわけです。
そして種がなければ実はならない。
だから種を植える仏こそ、仏の中の仏「本仏」ということになるわけです。
そして釈尊自身もまた大聖人の仏法によって成仏が出来た、とされているわけです。

126 :仏法とは?:03/03/02 11:45
>>123>>124>>125 顕正会の論だと種=仏法そのものが大聖人さまということですかね?
それだと、その論はなんとなく理解できるのですが・・
でも、人は誰でも仏性が備わっていると法華経には説かれています。つまり生まれる以前に
種は植えられているということになりませんか?
法華経でいう本仏とは「宇宙全体の真理」であり、それを苦しみに満ちた私たち娑婆世界に
伝えるために、人間としてこの世に出現されるのがしゃく仏となっていませんか?
もし、大聖人さまが本仏であるならば、法華経にめぐり合う前にご自分で真理を説かれている
はずですよね?だけど、大聖人さまも法華経によってご自分の使命にお気付きになられたのであれば
時代によって伝えることの困難さは違うかもしれませんが、釈尊も大聖人さまも法華経という真理を
伝えた仏さまなので=となるのですけど・・
大聖人さまが、ご自分を崇めよといったのでしょうか?そのような事を、ご自分で書き記された書物が
あるのですか? 
>法華経の観心は即、戒壇本尊を指し、人法体一という考えから日蓮大聖人、となるわけです。
法華経の観心とは、どういう意味ですか?すみません、わからないので・・

127 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/02 16:10
>大聖人さまも法華経によってご自分の使命にお気付きになられたのであれば
時代によって伝えることの困難さは違うかもしれませんが、釈尊も大聖人さまも法華経という真理を
伝えた仏さまなので=となるのですけど・・

示同凡夫といって、さも本仏自身も凡夫と同様に法華経によって釈尊を拝みまいらせているように見えているだけ、という解釈らしいですよ。

>大聖人さまが、ご自分を崇めよといったのでしょうか?そのような事を、ご自分で書き記された書物が
あるのですか?

日蓮大聖人は凡夫にとって主・師・親の徳を備えている、といわれています。
或いは釈尊は一品二判を依経とし、末法の仏法はただ題目と言われ、また釈尊仏法は脱(熟脱)、大聖人仏法は種(下種)といっています。
更には「日蓮によりて日本国の有無はあるべし」として主・師・親の三徳たる大聖人に帰依すべき教示をされています。

衣文は原文によるので、出先の手前、略させて記載させてもらいました。

128 :名無しさん@3周年:03/03/02 16:27
カエレ(・∀・)

129 :名無しさん@3周年:03/03/02 16:34
http://www.amicom.com/~kmen/
春頃になるとここの馬鹿顕正会の被害にあう人が増加しています。
みなさん個々を見て正しい知識を得ましょう。そしてこのカルト集団を
世から葬り出しましょう。

そして幹部へ:公共の場所で集会いてんじゃねーぞ!
邪魔なんだよゴキブリどもが。日本国憲法もわかんねーのかこのドキュソが!


130 :仏法とは?:03/03/02 20:05
>>127 >示同凡夫といって・・・
それは、大聖人さまがそのような発言をされたのでしょうか?それとも信者がそう解釈しただけなのでしょうか?

>日蓮大聖人は凡夫にとって主・師・親・の徳を備えている、といわれています。
或いは釈尊は1品2判を依経とし、末法の仏法はただ題目と言われ、また釈尊仏法は脱(熟脱)、大聖人仏法は種(下種)
といっています。
更には「日蓮によりて日本国の有無はあるべし」として主・師・親の三徳たる大聖人に帰依すべき教示をされています。

釈尊も我、凡夫の父なりと言っていたし、大聖人さまは、日々お題目だけを唱えていたとおもいますか?
何故、「南無妙法蓮華経」なのでしょうね。私はその題目に不思議な力を感じるし心も惹かれます。
そこから、法華経に興味をもったのですが・・そこで疑問なのですが、顕正会のご本尊でないと成仏できないと、
よく言いますが、法華経にもこの経を実践するならば成仏は叶うとされています。顕正会でしか成仏できないという
道理はなんですか?


131 :DQN叩きでお腹いっぱい:03/03/02 20:17
   ( (パラッパラッパ〜ラ♪パラッパラッパ〜ラ♪) ドッドッDQNで大爆笑〜♪
    `ー‐―V―――――――――――――――――――――――――――――
           ;:'´ ( カールト宗教ぶっ潰せ♪
        _....._{{ 〃`ー―――――V―――――――――――――――――――
      , - ' ,..、、.ヾ{{フ'⌒`ヽ、        (   強制勧誘逝って良し♪       
    /  ,:', -‐‐` ´ '´⌒ヽ ヾ:、   _....、、、、`ー――――V―――――――――――‐
.   ,'   ,'´ ,ィ ,ィ ,' ,   `ヽ',  ',-<´ ,     `ヽ.      ______        ..._
    ,'   .i  /|. /.| { i,  i,  }.  }_,,)) lニ二二ミヽ.、 ':, ,.: '´ ,_.....__`ヽ、    ,..-‐-、),...._
   ! |  ! .,'-.{ ! !|; |`、.}゙!.! |.  ! ヽ.l ./ ,!  ,,`ヾ:、 ':,  ./'´ ̄`ヾ、、ヽ,.:'´ ,:‐:、 ,.-、 ヽ.
   ', ', |Vァ=、゙、 `゙、!-_:ト,リ', l ! |   ゙レ__,〃_/リ  !.'; .} ./l_|___ノ! l `、 ',  / //`''} }.'; ',
    ヽ、', l:!Kノ}.     f:_.)i゙i: リ ! l ル' ̄`` ´-、,ノノ l l .!,;:=、`:.`:>=、.j,} |__人(( _ノノノ  |
     | l!iヾ- ' ,   .!__:ノ ゙ ,リ l リ'´ .|' ̄ヽ   __ `><ノ | {;:'ノ ノtrテ;、.Y ! ,--、   __`彡 ノ


132 :DQN叩きでお腹いっぱい:03/03/02 20:33
   ( (パラッパラッパ〜ラ♪パラッパラッパ〜ラ♪) ドッドッDQNで大爆笑〜♪
    `ー‐―V―――――――――――――――――――――――――――――
           ;:'´ (   カールト宗教逝って良し♪
        _....._{{ 〃`ー―――――V―――――――――――――――――――
      , - ' ,..、、.ヾ{{フ'⌒`ヽ、        (   強制勧誘逝って良し♪       
    /  ,:', -‐‐` ´ '´⌒ヽ ヾ:、   _....、、、、`ー――――V―――――――――――‐
.   ,'   ,'´ ,ィ ,ィ ,' ,   `ヽ',  ',-<´ ,     `ヽ.      ______        ..._
    ,'   .i  /|. /.| { i,  i,  }.  }_,,)) lニ二二ミヽ.、 ':, ,.: '´ ,_.....__`ヽ、    ,..-‐-、),...._
   ! |  ! .,'-.{ ! !|; |`、.}゙!.! |.  ! ヽ.l ./ ,!  ,,`ヾ:、 ':,  ./'´ ̄`ヾ、、ヽ,.:'´ ,:‐:、 ,.-、 ヽ.
   ', ', |Vァ=、゙、 `゙、!-_:ト,リ', l ! |   ゙レ__,〃_/リ  !.'; .} ./l_|___ノ! l `、 ',  / //`''} }.'; ',
    ヽ、', l:!Kノ}.     f:_.)i゙i: リ ! l ル' ̄`` ´-、,ノノ l l .!,;:=、`:.`:>=、.j,} |__人(( _ノノノ  |
     | l!iヾ- ' ,   .!__:ノ ゙ ,リ l リ'´ .|' ̄ヽ   __ `><ノ | {;:'ノ ノtrテ;、.Y ! ,--、   __`彡 ノ
.     ',|!!、    r‐┐   ` ノ' /,イ  !   __ , ⌒'/!| |  !.`ー‐'´, ゙じ' ノ ! h.   ._: ´ ソ).(
      'i!゙、ヽ、 ゙ー'  _, ィ,:',:''´ !  !、  ー'  ノイ ! | | !、  !フ `フ'リ ! ル'ヽ.._ _..、(ン ノ )
      ゙:、ィ、jヾー::: 'iヘ ノ',リ./! .| |ー`┬、' ´ 〃 l. トヾ、.゙`ィ'' ´ヽ、/// \二|`\ー‐‐'´
   ,、- '´ ヽ、゙、   { `>"、  !  ! !   | `>-、 | |、 ________∧______
  /\\    ',   }   //`ヽ|  ',.!゙、 !// ゙!/  ! ( 浅井ーはDQNなスケベジジイ♪


133 :名無しさん@3周年:03/03/02 21:12
とんとんとんからりっと隣組〜♪

134 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/03 06:34
>>130
>示同凡夫について
これは日蓮大聖人を本仏として仰ぐべき、と御書を解釈した日蓮正宗の論だと認識しています。
>顕正会でしか成仏できないという道理はなんですか?
こんなバかな道理があるはずないでしょう。
だから日蓮正宗理論というのは解釈暴論だというわけです。
戒壇本尊のみが一同帰依の御本尊であり、それ以外は大聖人の究極ではない、という。
勿論一機一縁本尊は個人授与だから、意味合いは別としても、拝む対象ではないという。
末法の法華経の行者だから、釈尊の示す上行再誕説の人となり、白法隠滅の仏法の教主という。
しかしそもそもを考えていけば、釈尊の経典自体私は怪しい、と今は思っています。
ようするに解釈する側でいかようにもできる、というものだと思っています。

135 :仏法とは?:03/03/04 00:53
>>134 >こんなバかな道理があるはずないでしょう.
わたしもそう思います。顕正会での成仏とはなんでしょう?

>釈尊の経典自体私は怪しい、と今は思っています
>ようするに解釈する側でいかようにもできる、というものだと思っています。
原本を訳する人の解釈によってということですか?そんなに違いがありますかね?
私は、初めて法華経を読んだとき、感動と同時にすごい安心感に包まれました。
顕正会を辞めるきっかけにもなったわけですが・・

次の疑問なのですが、会長はじめ顕正会員は、よく終末思想を煽りますが、
何故、わざわざ苦しみの種をまくのでしょう?(聞いた人は不安になりますよね)




136 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/04 08:55
>顕正会での成仏とはなんでしょう?
様々な論があるのでしょうが、その第一の理由はやはり”御遺命を守護し奉った唯一の団体”という事なのでしょう。
同じ妙法を実践していても、仏の御意に叶わぬ”行”は表面上等しく見えても中身が違うんだという理由でしょうね。

>顕正会員は、よく終末思想を煽りますが、何故、わざわざ苦しみの種をまくのでしょう?
これは二極性が見られると思います。
会員に聞けば以前の話のように「相手の命に刻み込む行為」だと思われますが、実は会員の心の中にはもう一つあると思っています。
それは”相手の命に響く事を言ってあげる”=”功徳の話よりも身に迫る緊張感は末法思想”=”入信しやすい”
ということだと思います。
大義上では極論は言わないと思います。
しかしこの末法思想を断言することによって、相手から見ればさも”当然のように仏法に説かれている”=”自分達の実践法しか助からない”と
聞こえてくるわけです。
勿論会員はそう思って言っているのでしょうが、実際心の奥底では意識・無意識の差はあるが、
”これを言えば相手は恐怖を感じて入会しやすい”という感覚があるわけです。
恐怖は人を冷静な判別機能を鈍らせます。
話を聞いて恐怖を感じている人は結局その時点でマインドコントロールされつつある状態だという事になるわけです。
また続きを書きます。

137 :小田原会館 ◆IYzzHAH3TI :03/03/04 22:03
kjljljljl;

138 :名無しさん@3周年:03/03/04 22:06
>>137
もちつけ

139 :名無しさん@3周年:03/03/04 22:07
この他にも顕正会員が再び繰り返してきそうなやりとりを(例えば「それでは功徳が起きるのは何故ですか?」とか)先に書いておけば永久ループしないで済むかも
それ、やらせてください。
功徳関係については、議論が出尽くしたと思います。1〜13のスレに出てきたことや、僕が思ったことをまとめてみました。
@偶然ではないか。
つまり、起こった良いことと勤行の因果関係が、極めて曖昧なのではないか。結局、会員がそう感じた、という程度の「印象」でしかないのではないか。
そして印象とは、他人には違って見えることも多く、まして他人に押しつけるものではない。
A必然ではないか。
つまり、起こって当然のことや、あらかじめ達成されることが予測されることを功徳としているのではないか。当人や、周囲の人の努力の結果ではないか。
例)あなたの病気が治ったのは、あなたが治ろうとし、医者が治そうとしたから。
  あなたが出世したのは、あなたが頑張ったからか、上司がぼんくらだったから。
  あなたが合格したのは、あなたが勉強したか、受かる程度の学校を受けたから。
B言うところの功徳は、見方を変えればちっとも功徳になっていないのではないか。
B’大不幸の中に起こった小幸福を持って、功徳と呼んでいる。
  例)バスが崖から落ちたが、軽傷で助かった。
    軽傷で助かったのは運が良いが、そもそもほんとに運がいい人は崖から落ちない。
B”起こった良いことと起こった悪いことが複雑に関係しており、一概に良いとも悪いとも言えない
例)塞翁が馬のことわざ
C他宗教の、似た事例とどう違うのか。
魔障の働き、と言うが、非信者にはその区別が付かない。顕正会員のみにしか通用しないことに、証拠能力はない。
D功徳を発表する際、上役の手直しがある、という事実をどうとらえるか。
E功徳を見誤っていることがあることをどう説明するのか。
 例)勤行したら癌が小さくなったことを功徳とし、発表したものの、結局は死んでしまった。

140 :仏法とは?:03/03/05 00:23
>>136 一刀両断さん、私の問い方が悪かったです。
顕正会では、成仏するとどうなるといっているのでしょう?と問うべきでした。
レスするの大変のにすみません。


141 :仏法とは?:03/03/05 00:31
>>140 ×大変のには
   〇大変なのにです。失礼しました・・   

142 :名無しさん@3周年:03/03/05 04:32
>>137
あれ?小田原会館さん帰って来たの?
また一刀両断さんとのやり取り、楽しみにしてますよ。

143 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/05 09:25
>>140
成仏するとどうなるって、きっと成仏が終着点なんでしょうね。(笑)
理論書通りに言えば「最高無上の幸福境界を手に入れる事ができる」わけです。
つまり現世の無上の功徳により、来世以降永遠の仏果を得る、としか書いてないですね。
その永遠の仏果を得た証拠として人が臨終の時、色白くして軽やかなることはやわらかいソバのようだ、というわけです。

144 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/05 10:30
訂正
>軽やかなることはやわらかいソバのようだ
>柔らかなることはソバのようだ

145 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/05 20:38
久しぶりに、横浜会館です。

146 :名無しさん@3周年:03/03/05 20:51
小田原会館さんはどうした?

147 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/05 20:52
いやあ、やっとカキコできました。

2週間以上もブランクが空いてしまいました。
この前はこの前で(同じ社内のコンピュータなのに)「ブラウザが変ですよん」とか言われてしまうし。
(それにしてもこっちは真面目なのに人大杉とか「ですよん」とか………。
やっと、コンピュータ(料金定額でネットができる)持っている人見つけてやらせて貰ったら、「ヤフーBBからのアタックが多いのでヤフーBBは規制しています」とか言われて書き込めないし。

目の前では「負け犬決定まで12時間」とかになっているしで。
やっと、数々の魔を押しのけてこうして書き込みできるようになりました。
質問への解答を再開したいと思います。

昨日、パソコンに詳しい人を連れてきて、試しにカキコして見た(>>137)のですが、(こっちもヤフーなのに)一発でカキコできたので、やれやれでした。
やっぱり、東京と神奈川では違うのかな?
支隊長(小田原会館)は今日の夜にはこっちに到着する筈(少し早めに切り上げて来た)です。

148 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/05 21:09
>>139
>偶然ではないか。
偶然も度重なればその奥に何らかの法則性を見るものです。
>必然ではないか。
癌で死を予告されていた人が癌が直り、寿命が2〜3年延びたのは必然ですか?
また、学校合格などの例で言うと、顕正会の功徳は、受かりそうもないと思われていた(それも距離やお金などの制約というなかなか変えにくい状況の)学校へ合格した。


149 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/05 21:22
>言うところの功徳は、見方を変えればちっとも功徳になっていないのではないか。
例えばやくざに取り付かれて困っていた人が、そういった災いから急に開放された人がいますが、見方を変えても功徳と呼べるのでは?
>’大不幸の中に起こった小幸福を持って、功徳と呼んでいる。
その人は本来なら大不幸のままであったのに、それを僅かではあるが克服した。
これは、功徳でしょう。

150 :名無しさん@3周年:03/03/05 21:23
>>148
とりあえず復帰おめでとう。本スレもよろしくね。


151 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/05 21:28
>功徳を発表する際、上役の手直しがある、という事実をどうとらえるか。
それは、文章のかけない人もいるし、不慣れな人もいるので(発表を聞く人が)分かり易いように、慣れた人が手直しするだけ。
だって登壇の時、支離滅裂だったり(本人は伝えたい一心でも)、てにおはが間違っていたりしたら困るでしょう?

ちょっと席はずします。

152 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/05 21:41
横浜会館さん、復帰お待ちしてました。
本スレの方も活発なようなので、こちらも負けじと頑張ってみたいと思います。
またよろしくお願いします。


153 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/05 22:08
>>151
けど明らかに事実と違う事を事実として発表してるよね。
賽翁が馬さんのサイトに当事者の方が発表してましたが?
これは手直しではなく「改ざん」になってしまうのでは?
これ↓見て下さい。
http://saiou-horse.hp.infoseek.co.jp/accuser02_1.html

154 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 00:58
>>153
>けど明らかに事実と違う事を事実として発表してるよね。
http://ime.nu/saiou-horse.hp.infoseek.co.jp/accuser02_1.html
↑見てみました。
親権についての裁判の方ですよね。
しかし、赤字の部分は前後を繋げるには説明不足であったため、登壇者が勝手に付け加えたのではないでしょうか?
これは顕正会の責任とはなり得ません。

ただ、少し気になる所がありました。
>折伏に子供を利用?
のところです。
ここに書いてある事がもし事実であるならば、それは仏法以前の問題です。
折伏の為に保育園を転々としているなどという事があっていいはずはありません。
子供の立場に立てばすぐわかる事だと思います。
公宣流布成し遂げたのに、子供は心を病んでしまった、では元も子もありません。
(もしそれが事実ならば)その人には早く気がついて貰いたいものです。

155 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 01:05
つづき
登壇の内容については、登壇者の体験発表という形を取っている為、その内容の正しさについては本人任せです。
本人しか分からない事を登壇で話す為です。
個人の体験談ですから、間違っていたとしても顕正会では確かめようがありません。
それは、どこの団体の体験談でも同じだと思います。


156 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 01:09
一刀両断さん、久しぶり。
こちらこそ、よろしくお願いします。


157 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/06 01:22
>>154
>赤字の部分は前後を繋げるには説明不足であったため、登壇者が勝手に付け加えたのではないでしょうか?
>これは顕正会の責任とはなり得ません。
これっておかしくない?明らかに間違ってる訳だし、たとえ本人が勝手にやったとしても
裁判所の記録に残る訳だし、赤字の部分のところは名誉毀損になる可能性があるわけでしょ。
顕正新聞に載ったという事で読んだ人間は信じてしまうだろうし、
載った事で本人から抗議等がきたら会としてどう対処するの?
>>155
それじゃ、顕正会の部分を例えば別の宗教団体(オウム、法の華、幸福の科学等)に
置き換えても一緒になってしまいますよね。
それじゃ、顕正会の功徳とやらが正しい証明となる
体験発表はあいまいなものと非会員に判断されても致し方ないのでは?

158 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/06 01:45
追加ね。
>>折伏に子供を利用?
>のところです。
>ここに書いてある事がもし事実であるならば、それは仏法以前の問題です。
>折伏の為に保育園を転々としているなどという事があっていいはずはありません。
>子供の立場に立てばすぐわかる事だと思います。
>公宣流布成し遂げたのに、子供は心を病んでしまった、では元も子もありません。
>(もしそれが事実ならば)その人には早く気がついて貰いたいものです。
信憑性は高いと思いますよ。小さな子供が父親に嘘つく可能性は低いですし
嘘つくメリットがない事は子供だって本能でわかりますよ。
問題なのはこの女性がこのような方法で勧誘をして、
子供の居場所を無くしていってる事に気付かない。
女性の顕正会での立場はわかりませんが彼女の上の人間は注意もしてないと推測されますよね?
横浜会館さんはいけない事と言ってるのにこのような勧誘をしてる、
団体として指導が統一されてない、または徹底されてないと判断しますし、
会長はどのような指導をしてるの?何もしてないの?と思われても仕方ないのでは?


159 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 02:18
あくまで会長は舵取りですので。
そういった事は本来その直属の上の人がなすべき事です。
あと、間違った事をすれば当然罰で気づく事になるので問題ありません。

私が、もし事実ならと言ったのは、その父親が捏造しているかもしれないし、本当に実在する人なのかという事も確かめ様がないのでそういったまでです。


160 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 02:23
>顕正新聞に載ったという事で読んだ人間は信じてしまうだろうし、
しかし大筋ではあっているんだし、中間文がいらなかったといった程度ではないですか。
話そのものは偽っていません。
もちろん、中間文を付け加えて言い訳ではありませんが。
ただ、やり方が本末転倒なのでいずれ罰となって気づくと思いますが。


161 :仏法とは?:03/03/06 09:01
>>143 かならずしも、顕正会員になって活動しても、成仏するとは限らないと言っていました。
強い信心でないとダメとかなんとか・・成仏するのは、とても難しいそうです。
それでいて、年月ではないと言います。
例えば顕正会の仏法に、早く出会えば出会うほどラッキーだと言いますが、
成仏するのは、困難になります。死ぬまで、強い信心でいられることは、並大抵ではないですよね。
年月が長いほど、魔が入り込んでくる回数や可能性が多いわけですから。
でも、命を脅かされる病気の人や、老人などは、死に直面しているため、強い信心が保て、
成仏しやすい感じがするのです。成仏を最終目標とするなら、早く出会えることが
ラッキーだったとはいえないと思うのですが・・・
一刀両断さん、これで最後のレスにします。私の、拙い文章にも丁寧にわかりやすく
答えて頂きありがとうございました。たいへん勉強になりました。
後、横浜会館さん、本当の功徳とは、仏法に縁したことにより、自分が日々成長している
事の気付き、又は確信できることだと思います。
それでは、一刀両断さんとの討論を楽しみにしています。失礼しました。


162 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 09:20
おはようございます。
>>111
熱原法難の史実隠蔽及び改竄について

この点についての明確な回答を願います

163 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 10:37
横浜会館さん
質問の内容を簡単に申し上げます。
歴史的事実として熱原法難は起きたが、通説では熱原三烈士は弘安二年十月十五日斬首であるにも関わらず、
戒壇本尊建立日は弘安二年十月十二日になっている。
斬首前に戒壇本尊を建立したことになるが、これはどう考えるべきか?
顕正会では熱原斬首を日興上人が大聖人に報告して戒壇本尊を建立したとあるが、これはどうしてか?
日付だけ前にした、というのであれば、弘安二年十月十五日の斬首日を日付に充てると思われるが、十二日になっている。
この日に何があったと考えるのか。
まずこの点についてお聞かせ下さい。

164 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/06 12:52
>>159
>あくまで会長は舵取りですので。
>そういった事は本来その直属の上の人がなすべき事です。
現実問題それができてないからその上の浅井がやらなきゃ仕方ないのでは?
わかっててやらないなら怠慢だし、わかってないなら知らせて正すように促すのが
人としての道では?顕正会では浅井に意見するのは許されないのですか?
>あと、間違った事をすれば当然罰で気づく事になるので問題ありません。
そういうオカルトちっくな返答はいりません。実のある答えを下さい。
>私が、もし事実ならと言ったのは、その父親が捏造しているかもしれないし、
>本当に実在する人なのかという事も確かめ様がないのでそういったまでです。
実在する人物です。過去ログ見ればわかりますが本スレで何度か書き込みがありましたし、
彼の発言は信用できると思います。
信じられないならあなたが塞翁が馬さんに問い合わせれば済むのでは?

165 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/06 12:59
>>160
>しかし大筋ではあっているんだし、中間文がいらなかったといった程度ではないですか。
発言の内容が問題なの。ストーカーだなんて人権侵害でしょ。
>もちろん、中間文を付け加えて言い訳ではありませんが。
言い訳です。
>ただ、やり方が本末転倒なのでいずれ罰となって気づくと思いますが。
だからそういうオカルトちっくな話はいいの。
末端であれ会員が「改ざん」してた事は事実なんだから。
あなたが>>151で述べてた事は事実ではないのが判明したのですから。

166 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 14:07
>>165
失礼、これは打ち間違えです。
もちろん、〜言い訳ではありませんが。
         ↓
もちろん、〜良い訳ではありませんが。



167 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 14:15
>>165
>あなたが>>151で述べてた事は事実ではないのが判明したのですから。
私が反論したのは、「上役の手直しがある」
という所です。
それと、オカルトちっくといわれますが、我々はそこのところを(功徳と罰を)強く信じるところに信仰がある訳ですから、オカルトちっくと見えるかも知れませんが、我々はこれが一番の方法だと考えています。(そうでなければ顕正会とは呼べません。)
ただ、「改ざん」についてはいずれ訴えられるなりして、顕正会の知るところとなるでしょう。
その時、その女性は指導されるでしょう。

168 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 14:23
>>162
111見てみましたが、では、「南無日蓮大聖人」の方には、出世の本願の願主についてはなんて説明されているのですか?
そちらの本には斬首日も記してあったのですから。

169 :組長スレ78 ◆7gpceMnULI :03/03/06 14:38
>・・我々はそこのところを(功徳と罰を)強く信じるところに信仰がある訳ですから・・
功徳と罰が客観的に証明されうる「法則」でも「絶対正しい」訳でもない事をお認めになったと理解してよろしいでしょうか。

170 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 14:42
>>161
「仏法とは?」さんのレスを読み遡ってみました。
なかなか鋭い質問が多いですね。
正直わたしも似たような事を時々考えたりします。
特に161では、
>成仏を最終目標とするなら、早く出会えることが
>ラッキーだったとはいえないと思うのですが・・・
とありますが、今のところこの問いに対して明確な答えを持っていません。
早く出会えた事によって他の邪宗に導かれる事もなくそういった点でみれば早く出会えたほうがラッキーなのですが、しかし成仏の事となると……。
入会だけしても活動をぜず、(勤行や折伏等)何十年も過ぎたとしても功徳には結びつきません、しかしこれも成仏の事となると…。
だらだらやっていた方がこれといった魔障もでず、死ぬ間際になって急に熱心にやれば成仏できそうです。
ただ、これは「駆け引き信心」と言って、結局知っててやらなかった訳ですから成仏は出来ません。



171 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 14:55

そこで、死ぬ間際に初めて仏法を知り、入信し活動し成仏してしまうのが一番ラッキーですね。
しかし問題はそこまで生きていられるか、という問題です。
人間の死なんていつ来るか分からないのです。
入信が間に合わないかもしれない。
たまたま死ぬ間際で入信できたなんてケースはよほど福運の量がなければ実現できません。
そこまで福運の強い人というのも稀なのではないでしょうか?
それに、若いうちから信心をする事によって生命力を授けられ、より本来の自分をいきいき出していけて、充実した人生を歩めるでしょう。
仏法は生活法なので、キリストの教えと違って死後の世界のみが祝福されているというものではありません。
また、死後の世界の為にこの世の人生を犠牲にして良いというものでもありません。
生命は連続していますが、記憶はなくなってしまうので、さんざんの人生の最後のところで成仏してもその人のその人生という事ではあまり意味がないと思います。
ご指摘の通り、「自分が日々成長している 事の気付き」が大事です。
ですから、若いうちに出会ってラッキー、という事なのです。

172 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 14:57
>>169
なぜそうなってしまうのか解りません。

ただ、科学的に絶対証明されうるといった類のものではありませんけどね。

173 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 15:22
反応がないようなのでここで終わります。

174 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/06 15:34
>>167
>「上役の手直しがある」という所です。
どっちにしても「改ざん」は事実です。
>それと、オカルトちっくといわれますが、我々はそこのところを(功徳と罰を)強く信じるところに信仰がある訳ですから、
>オカルトちっくと見えるかも知れませんが、我々はこれが一番の方法だと考えています。(そうでなければ顕正会とは呼べません。)
いつでるか、でるかどうかもわからないものを当てにしてるの?随分呑気な団体だこと(呆
それじゃ世間に通用しないよ。
>「改ざん」についてはいずれ訴えられるなりして、顕正会の知るところとなるでしょう。
>その時、その女性は指導されるでしょう。
改ざんは事実なのだから、提訴される前に処分しないの?それも「罰」が当たるからで終わり?
いい加減ですな。それとも「臭いものには蓋をしろ」という考えですか?

175 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 17:06
>>168
横浜会館さん。
顕正会初期「南無日蓮大聖人」(機関紙冨士版)では願主は熱原法華講衆となっています。
これはご自分でも確認して下さい。
そこで再度簡潔に問い直しますよ。
横浜会館さんはご存知ないでしょうけれど、熱原願主説など百年も遡る程度のごく近年に出てきただけの話なんですよ。
それをさも御在世当時からの説のように言い放っている。
だいたい熱原法華講衆願主説は誰が言い出したと思っていますか?
それに重ねて>>163の質問に回答願います。


176 :仏法とは?:03/03/06 17:09
>>170>>171 何故、顕正会の仏法でないと成仏できないと断言できるのですか?
そのような法則があるのでしょうか?
仏法とは宇宙の心理(法則)なのですから、いろんな形となって法を説いていると、
考えることのほうが自然だと思うのです。
ただ、そのことを自分で気付ける人と、宗教という活動によって気付ける人という違いであると思うのです
ボランティアなど自分の意志で、世の為人の為に活動している人々は、あんな事をしても成仏できないのに、
バカだなと思いますか? ある意味、菩薩行ですよね?その姿を通して、私達に何か大切な事を、
教えていると思いませんか?
仏様が、その人達を成仏させないという道理は、顕正会の正しき仏法を実践しなかったからで通るのですね?



177 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 17:44
>>174
わたしはその女性会員が誰であるか知りようもありませんし、(ですから)報告の仕様もありません。
また、実際に訴えられるなりしない限り、顕正会では知りようがないのは前にも話したとおりです。

178 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 17:48
>>176
前にも書きましたが仏法は法則なので、「バカだな」とはけして思いませんが、成仏とは無関係です。
本当の仏法を教えられたらなあ、とは思います。

179 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 17:52
>>175
わたしの手元には古い方の理論書はありません。
しかし、不思議ですね。
もし、斬首の日時が載っているのでしたら、その時点で「願主は熱原法華講衆」に矛盾が出ると思うのですが。
本ではなんとこの矛盾を説明されているのですか?

180 :名無しさん@3周年:03/03/06 17:55
日蓮本仏論の場合は、五百塵点劫の始めに下種を受けながら、成仏していなかった
「本已有善の衆生」が解脱益を得た時点で釈迦の役割は終わり、まだ一度も下種を
受けていない「本未有善の衆生」を救済するために、再び久遠元初の自受用身が
日蓮聖人として生まれ変わってくるという考え方であります。
 しかしそもそも仏というのは、輪廻から解脱しているのでありますから、
生まれ変わることは菩薩の場合は、衆生の救済という誓願をたてるわけですから、
永遠に生まれ変わってくるわけですけれども、解脱をした仏は生まれ替ってこない。
スタートラインからしてすでにおかしい

181 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 18:00
仏の場合正確には輪廻とは違います。
仏の場合、生まれ替わるのではなく、再度生れるのです。
また、その時期も決められています。

いろいろな意味で普通の生命の連続軸とはことなる動きをしています。

182 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:00
>>179
初版冨士では何の矛盾も説明してませんよ。
さて、横浜会館さんはこの事実を目の前にして、この法難と戒壇本尊との繋がり、どう考えますか?
冨士に話を振らず、回答願います。

183 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 18:10
>>182
しかしそれはどういったことでしょう?
一つの本で一方では十五日に斬首と説明しており、もう一方では十二日に戒壇の本尊建立と説明しているのですか?
それはおかしくないですか?

184 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:13
それはこっちが聞きたいくらいです。
本部に問い合わせて回答して下さい。
1 なぜ冨士掲載の南無日蓮大聖人版では熱原斬首の日付があったのに現在のにはないのか?
2 熱原斬首が十五日なのになぜ戒壇本尊日付は十二日になっているのか?
あなたに回答義務があるんですよ。
顕正会出版の本なんだから。

185 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 18:17
ええ私も確かめますが、あなたも顕正会幹部だったわけですから何故その時確かめなかったのですか?
あなたの時代のものですし、役職も私より上なのでいろいろ指導したり、折伏したりする機会も多く、矛盾に気がついたとおもいますが?

186 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:20
私は活動停止後に顕正会の事実を突き止めるべく資料調査を行った結果初めて発見した事なんですよ。
残念ながら活動当時には気づきもしませんでした。
というわけで、あなたに本部への確認を求めます。
更に話を戻した上で先の質問に回答を求めます。
お願いします。

187 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:23
>>163の内容をどう思いますか?
あなたは現在顕正会で活動している以上、熱原法難と戒壇本尊のいきさつは顕正会流の解説として知っているはずです。
その基本になる理論書には何と記述してありますか?
こちらが提示しましょうか?
それを基に素直に読むと矛盾が起きませんか?
回答願います。

188 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 18:25
了解しました。
ただ、浅井先生の事なので間違えたということはないと思います。
また、その様な明らかな矛盾を隠せると思うはずはないですから、なにか事情があったのだと思います。
別に、わざわざ嘘をつく必要のある所とも思いませんしね。

189 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:28
確認を承諾して頂き有難うございます。
それであなたはどう考えますか?歴史改ざんについては。
核心の部分について全く回答されないというのは、どうゆうことでしょうか。

190 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:42
回答がないようなので、顕正会の理論書の記述を提示しておきます。
一般の方は目にする事がないと思いますので、一読してどうゆう大聖人が戒壇本尊を建立される経緯がつかめると思います。
抜粋がネットにあったので掲載します。

折伏理論解説書 新版 P116から(旧版P112から)

大聖人が身延に入山されてより、若き日興上人の猛然たる折伏が、富士南麓にくりひろげられた。
この弘教により、弘安元年富士熱原地方に、神四郎、弥五郎、弥六郎という農民の三兄弟が入信した。
この三人は宿縁のもよおすところ、日興上人の説法を聴聞するや、直ちに熱烈な信心に立ち、次々と
入信する農民と共に「法華講衆」と名乗った。
法華講衆の折伏弘通が進むにつれ、地元滝泉寺の邪僧・行智を中心とした激しい怨嫉が巻きおこった。
彼等は幕府の権力者・平左衛門と連絡を取りつつ、法華講衆の壊滅を策した。
ここに門下の信徒が受けた法難としては今までにない「熱原の大法難」が起きた。
弘安二年九月、官憲と結託した謗法者らは、日秀(日興上人の弟子)の田の稲刈りを手伝っていた法華講衆の一同をあろうことか、
”他人の稲を盗んだ”として捕縛し、直ちに鎌倉へ押送したのであった。
(中略)
神四郎・弥五郎・弥六郎を中心とする二十人は、自若として臆することなく、一死を賭して「南無妙法蓮華経」と唱え、以て答えに替えたのであった。
(中略)
飯沼判官の放つ矢は容赦なく、一人一人をさいなむ。そのたびに平左衛門は「念仏を唱えよ」と威し責めた。
しかし、一人として退する者はなかった。かえって一矢当たるごとに唱題の声は庭内に高まった。
法華講衆はただ「一心に仏を見たてまつらんと欲して、自ら身命を惜しまず」の大信心に住していたのであった。
あまりのことに平左衛門は驚き、蟇目を中止させた。そしてのち、神四郎・弥五郎・弥六郎の三人を引き出し、ついにその頸を刎ねたのであった。
法華講衆の身を案じ、幕府を直諌せんと鎌倉まで出向いていた日興上人は、直ちにこのことを身延の大聖人に急報申し上げた。
大聖人は深く深く御感あそばされ、神四郎等法華講衆を「願主」として、御一代の最大事・出世の本懐たる「本門戒壇の大御本尊」を建立あそばされた。
時に弘安二年十月十二日、聖寿五十八歳であられた。

191 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/06 18:46
そしてその結末として

ここにおいて大聖人は、神四郎等法華講衆を「本門戒壇の大御本尊」の願主とし給うたのである。

と理論書では括っています。
どう考えても十月十二日以前に三人の斬首は執行されている、としか受け止められません。
しかし宗門史では斬首執行は十月十五日。
熱っぽく語った文が事実改ざんしてあったとは。
この文を読んで矛盾が起きない人はいないでしょう。

192 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 19:08
いま人が来ていたので、返事が遅れましたが、これについては、3日以内に返答いたします。
もし、ブラウザの関係などで書き込みできない状況でも、ネットカフェなどを利用して必ずお答えします。

193 :横浜会館 ◆kZK6Twf6v2 :03/03/06 19:13
それでは今日はこれで。

194 :名無しさん@3周年:03/03/06 22:36
南無妙法蓮華経
顕正会が無くなりますように・・・・

195 :名無しさん@3周年:03/03/06 23:53
名無し失礼。
「人大杉(だっけか?)」とかで度々書き込み不能になるようでしたら
2chブラウザを使うと問題なく書き込めるようになります。
全てお金かかりませんので一度お試しあれ。

monazilla.org(w
http://www.monazilla.org/

196 :名無しさん@3周年:03/03/07 01:20
age

197 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/07 02:20
ようやく書き込み再開できます。
また、以前のように何でもお答えしていくつもりです。

技術的な問題が原因とはいえ、負け決定とされたのはまったく仕方ないと思います。
批判は甘んじて受けます。
出張の事は前々から知っていたのですが、まさか最後の日に書き込めなくなると思いもよらなかったもので。
また、出張の事を前もって断っておくと「逃げ」の材料にしていると取られる可能性もあったので。(私はそれが一番怖いです)
それでは一刀両断さんが来たら討論を再開したいと思います。
また、一般の人でも疑問に思う点があればなんでも質問してきて下さい。
ものによっては時間のかかるものもありますが、基本的には即答したいと思います。

198 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/07 02:21
>>195
ご親切にどうも。
パソコンに詳しい人に依頼してそうしてもらいます。

199 :名無しさん@3周年:03/03/07 02:24
>>197
さっそくですが、本スレの前スレでの宿題だった、「龍口の法難」を客観的
に証明する幕府の記録などの日蓮系文献・伝説を除く証拠を教えてください。

200 :組長スレ78 ◆7gpceMnULI :03/03/07 02:28
小田原会館さん、いらっしゃいますか。

本スレでも、あるいはいくつかのマスコミでも、顕正会の強引な勧誘が問題になっていますよね。
私自身も、非常な迷惑を被ったことがあります。
あなた自身がそういった迷惑な勧誘をしているかは分かりませんが、
「小田原会館」でも「○田×太郎」でもなく「顕正会」が問題になってるわけですよね。
言い換えれば、強引で非常識で迷惑な勧誘を許してしまう「会の方針」又は「会の体質」のようなものが問題視されているのだと思います。
それについては、いかがお考えでしょうか。

201 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/07 02:44
>>199
分かりました。その事は3日以内にお答えします。(その他の問い合わせが必要なものも全てその時にちゃんと解答します)

>>200
顕正会の基本方針としては日本に天災やテロや経済崩壊などが起る前に何が何でも100万人達成しなければ国が滅ぶ、といったものです。
ですから、多少強引でも信者を増やす方がその人の為にもなる、と考える会員が多いのは事実です。
私自身それに近い事は考えています。
ただ、それはあくまでその人の為であって、思いやりのない行動は本来正しいやり方であるとは決して思えません。
ですから、他人に恐怖を与えたり、相手の不愉快な言動をしたりするのは、たとえ法のためであっても間違っていると思います。
この点についても隊長などと話していきたいと思います。
私自身も他の会員がやった事だからとは決して考えません。
顕正会員は何万名もいますが、それら一人一人に会自体が責任を持つと思います。
これからも、どんどん制度改革を通して、顕正会をより良いものにするつもりであります。

202 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/07 03:08
レスがないようなので今日はここまでにしたいと思います。
また明日、23時ごろには再開できると思います。
ではまた。

203 :組長スレ78 ◆7gpceMnULI :03/03/07 03:24
書き込もうとしたら、小田原会館さんは落ちてしまった様子。
僕も、明日を楽しみにしています。寝ます。

・・ところで、一刀両断さん。
ここは、教義関係の問答をするスレ、と捉えた方がいいのでしょうか。(勧誘関連のことを書き込んでおいて今更ですが)
だとしたら、主旨に反する事をしていることになり、申し訳なく思います。
主旨に反しているのなら、ご指摘ください。速やかに本スレか組長スレに移動したいと思います。

204 :名無しさん@3周年:03/03/07 03:52
> 顕正会の基本方針としては日本に天災やテロや経済崩壊などが起る前に何が何でも100万人達成しなければ国が滅ぶ、といったものです。
100万という数字には何の根拠もないし
国が滅ぶ、というのは具体的にどういう状況を言うのか
また経済崩壊などすでに起こっているとも言えるのでとっくにこの方針自体無意味と考えてしかるべきではないか
などなど当然の疑問を何故スルーするのかね
こうした疑問に突き当たれば会が私腹を肥やすために頭数を集めたいと思っているだけだという
当たり前の想像力も働こうというもの

205 :名無しさん@3周年:03/03/07 05:44
この時間帯になるとさすがにレスする人居ないな〜
この時間に来る事しか出来ない自分が恨めしい(笑)

小田原会館さんは必ず戻って来ると思ってましたよ。
残念ながら私は 顕正会の理論は信じることが出来ませんが
あなたの姿勢には好感を持ってます。
一刀両断さんとの討論を楽しみにしてますのでがんばってくださいね。

いずれコテハンを付けたいと思っていますがまだまだ勇気がでません(笑)
また数日後にカキコします。

ではでは

206 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/07 08:45
小田原会館さん
横浜会館さん
期待して待ってます

207 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/07 12:26
>>177
では、「改ざん」の事実は認めますね?
それと指導が統一されてない事も認めるという事でよろしいでしょうか?

208 :名無しさん@3周年:03/03/07 13:20
罰でみんな気付くって思ってるならいいじゃん 放っておけば!
なんであんな嫌がらせのような勧誘をしてるの?!
10年後には国教なんでしょ じゃあそれまで黙ってればいいじゃん
うざいから 活動するな!相手も、居座られたファミレスもみんなみんな迷惑かけてるYO


209 :小田原会館 ◆bhb.NJHtRg :03/03/07 16:39
はやく気付け魔民ども!!
もう解答は待っても無駄と思え!
なんでもかんでも逐一答えてもらえると思うな自己中心者どもめ!!
208はじゃあ、罰で死んでもいいと思ってるのか?つめたいねー・・・。
くわばらくわばら。

210 :名無しさん@3周年:03/03/07 16:46
答えられないなら勧誘活動するなよ!>209
分らないのによく人に勧めるなあ 無責任な集団だよ、顕正会は
罰なんかないって言ってるんだ ばか!小田原会館!

211 :名無しさん@3周年:03/03/07 16:53
逆ギレかよ
上のカキコとは別人だなまるで
だから信用できないつうの
場面場面で態度変わる人間なんぞ信用されないという宗教信仰以前の問題に気付けよ

212 :名無しさん@3周年:03/03/07 16:54
あ、小田原のトリップが違ってる・・・

213 :名無しさん@3周年:03/03/07 17:01
小田原会館  ◆IYzzHAH3TI さん

小田原会館 ◆bhb.NJHtRg のカキコをどう思います?

214 :名無しさん@3周年:03/03/07 17:20
◆bhb.NJHtRg
東京会館と同じトリップでやんの。
自爆しちゃったねぇ。

215 :名無しさん@3周年:03/03/07 19:02
>>209
トリップの意味分かってないでしょ、はっきり言って。
笑わせてくれるなぁ 東京会館は・・・

216 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/07 19:21
今日は忙しくてようやくアクセス可能状態。
本物の?小田原会館さん、横浜会館さん、待ってます。

217 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/07 19:22
今気づいたけど、凄いですね。東京会館さんって。
まるで顕正会の本部そのもの。
顕正会内謀略部隊の面目躍如って感じですね。

218 :組長スレ78 ◆7gpceMnULI :03/03/07 21:35
何もご指摘がないようですので、このまま書き込ませていただきます。
>>172
客観的に証明できうる事実なら、信じる必要すらないからですよ。
>>201
是非頑張って改革してもらいたいものです・・が、あなたもかつていた顕正会改革同盟さんと似た思考回路を持ってらっしゃるご様子。
「その人の為」になることは、基本的には「その人」しか決められないと思うのです。
他人が、勝手に他人の為になることを決めつけるなんて、そもそも僭越なことだと思いませんか?
他人であるあなたが、勝手に「その人の為」を決めつけている事自体、僕にはとても独善的に見えます。
その、根本にある独善と向き合わず、「思いやり」を口にしても、押しつけがましいものにしかならないでしょうね。

219 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/07 22:02
>>203
いえ、私はスレッドを立ち上げた意図は、顕正会の正当性を問うというのが主旨ですから、何の問題もないでしょう。
というか私には良いとか悪いとか言える権限ないですから。
ただ、このスレッドで真面目に回答をしてくれる顕正会を待ち、その誤りを一々に問いてみたいだけです。
その上ではっきりと顕正会の間違いは明確にされれば、と願っているに過ぎません。
すみませんでした、すっかり見落としてレス遅くなりました。

220 :◆iQyjVMPjms :03/03/07 23:03
>209 :小田原会館 ◆bhb.NJHtRg :03/03/07 16:39
> はやく気付け魔民ども!!
> もう解答は待っても無駄と思え!
> なんでもかんでも逐一答えてもらえると思うな自己中心者どもめ!!
> 208はじゃあ、罰で死んでもいいと思ってるのか?つめたいねー・・・。
> くわばらくわばら。
本物の小田原会館氏、この様な低俗な会員が貴方の名前を騙っていますが?
末端であろうとなかろうと、会員は会員ですね。
社会的に見ても常識が無いこの様な会員こそあなた方の言う”会の名を落とす”者なのでは?
創価の陰謀なんて下らない妄想ではなく、”現実には身内にこそ敵がいる”のではないでしょうか?
また、この様な低俗卑劣な会員を貴方はどうしますか?よく言う指導ですか?
横浜会館氏も昨晩低俗会員に名前を騙られ、「二度とさせない」と確約しながらも、
数時間後にまたその同会員による荒らし行為が再発しています。

この様な状況を見れば一般的に行われている折伏でも同じ事が言えます。
その事は本スレや他の板でも語られていますね?(知らない事は無いはずです)
では会の者として、社会的に常識ある会員とする為には何をするのか、
具体的に納得のいくように答えていただけませんか?

221 :◆iQyjVMPjms :03/03/07 23:09
追記:間違った会員には罰が下る、等は我々には納得出来ないので却下させて頂きます。
あらかじめ断っておきます。無限ループは時間の無駄ですので。

222 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/08 01:25
>>220
確かに内部にそういった問題があるのは、はっきり認めます。
しかしそれはどんな組織、国、団体にもいえるのではないしょうか?
どこにも非常識な人は存在するものだし、人間は不完全なものです。
たまたま仏法を聞き入れただけで、人格を見込んで入信してもらったわけではありません。
むしろそういった人達こそ仏法で救う必要があるのです。
罰によって気付くという理論が聞き入れ難いと言われるならそういった回答は避けます。
もちろん我々は信じていますし、そういった事も考慮に入れて組織作りをしています。
しかし、指導の徹底はもちろん顕正会の名にかけて行いたいと思います。
そういった幹部は数多くいると思います。
私もそういった実情を(他の隊の事も含めて)知りたいと思ったから、この掲示板に来ているというのもあります。
ここでは生の声を聞けますし、いろいろな人が討論できます。
ですから、(顕正会で)どういった被害にあったかを具体的に詳しく質問してきました。
どのような言葉を投げかけられ、どんな所で折伏をされたのか、と。
私の知る限りでは、何時間も人を監禁したり、かってに入信届に名前を書いたりということはありませんでした。
しかし、一刀両断さんのレスを見ますと、本部の対応は東京会館のようだとありましたので、そういった事も非常に気になっております。
正直以前のように仏法絶対とは言い切れなくなってきています。
しかし、やはり会への謂れのない誹謗中傷や誤解は解きたいと思いますし、なるべくなら仏法で人の福運を変えていきたいと思っています。
なんだか纏りの無い文章になってしましましたが以上です。

223 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/08 01:53
>>205
はい責任をもって答えたいと思います。
どうぞ見守っていて下さい。

224 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/08 01:57
小田原会館に代わります。

225 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/08 01:59
今晩は、小田原会館です。
予想外に会議が長引いてしまい、遅れました。
今調査中の質問以外に質問ある方はどしどし質問してきて下さい。
基本的になんでもお答えします。

226 :名無しさん@3周年:03/03/08 02:02
>>213に答えてね。

227 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/08 02:13
騙りですか。
確かに忌々しき事態ですがそれ以上に気になるのは私だと思われ、顕正会の幹部に失望され、顕正会自体に一般の人に失望される可能性があるという事です。
ただ、私はこういった事は無視するに限ると考えています。
だれも反応しないのに続けるとは思えませんからね。
もちろん顕正会としても彼と同意見の部分ももちろんあります。
しかし彼のやりかたは折伏でもありません。
目を覚まして欲しかったらそれなりに道理を尽くさなければなりません。
どちらにしろしばらく放置しましょう。

228 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/08 02:17
>もう解答は待っても無駄と思え!
あとここの部分は許せません。
彼はひょっとして学会か何かの工作員ではと思わせられるような発言です。
顕正会では決してあのような事はありませんから。
いま調査中の問題についても近日中に必ず誠意ある回答をし、さらに次の質問に答えていきたいと思います。

229 :◆iQyjVMPjms :03/03/08 02:48
>横浜会館氏も昨晩低俗会員に名前を騙られ、「二度とさせない」と確約しながらも、
>数時間後にまたその同会員による荒らし行為が再発しています。

横浜会館氏>
先日の本スレでのこの件についてはどうですか?

>彼はひょっとして学会か何かの工作員ではと思わせられるような発言です。

小田原会館氏>
それについては私が本文に書いた通り、創価の陰謀では無く、
”現実には身内にこそ敵がいる”と言うことは認めないのですか?
目を逸らさずに、事実と認識して下さい。”思わせられる”は転嫁でしかありません。



230 :小田原会館  ◆IYzzHAH3TI :03/03/08 03:49
>>228
の“思わせられる”というのはあくまで例えで、それほどひどいといったものです。
実際にそういった会員がいる事は認めます。
東京会館にはあった事はありませんが、似たような思考パターンを持つ会員も結構いました。
最初の折伏の時の理解が足りなかったのでしょう。
>現実には身内にこそ敵がいる
これはどこでもそうでしょう。
外にも内にも、そして場合によっては自分の心のなかにも敵はいるものです。
日々それらとの闘いです。
また、学会であっても正しい人は大勢いるでしょう。

231 :名無しさん@3周年:03/03/08 10:05
小田原会館、横浜会館よ
顕正会員装うのはやめなよ

232 :名無しさん@3周年:03/03/08 18:27
>>231 何がどうなってそう思うのか分かりません。小田原会館さんは顕正会員として真剣にレスしてると思うんですが。

233 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/08 21:26
横浜会館さん 小田原会館さん
本部、先輩幹部に聞くのは待つとして、貴方達の個人的な意見を聞いてみたいですね、是非。
正直に、たくさんの方々の話を聞いてどう思われるのか、そんなところを素直に出していく事も割と大事なことかもしれない、と思うんです。
私は少なくとも本スレを含めて、たくさんの批判者の方々の言い分もよく理解できます。
またかえって顕正会員として真剣に回答しようとしてくれている、貴方達の気持ちもまた理解できてしまうんです。
つまり、少し以前にこのネットに参加していたなら、貴方達と同じような事をきっと言っていた会員側であった私だったと思うのです。
だから多くの人から批難されながらも自分の信心に確信していきたいと思って頑張ってる貴方達の、そんな気持ちが痛いほど伝わってくるんです。
今正直に言えてしまう自分と、言えなかった自分、というよりそう確信しきっていた自分。
どちらも自分に変わりないわけです。
顕正会が正しいなら良、戒壇本尊が大聖人真筆なら尚可。
事実を突き詰めて考えて行く中で、正直な自分と偽りの自分がぶつかった挙句に、本当の自分の存在価値を見出してみたいものだと思っています。
結局は最後の一撃を下すのも自分、背負うのも自分、後悔も喜びも全ては自分にあると思います。
他人のせい、団体のせい、先輩のせい、折伏してくれた人のせいでもないわけなんです。
ふと思ってカキコミしてしまいました。
失礼しました。


234 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/09 03:31

小田原会館は隊長を崩したのと(寝不足なもんで)、ここから遠いところに職場と自宅があるため今日は書き込めません。
小田原会館の書き込みを期待していた人にはすみません。
>>233
一刀両断さん丁寧な批評頭が下がります。
さすがに元支隊長以上の人は違いますね。
わたしも確かに今とても揺れています。
それは一刀両断さんも同じみたいですね。
もし宜しければあなたの今の宗教観(または世界観)をお聞かせ願えませんか?
きっとすばらしいものだと思います。
わたしも子供の時から独自の世界観を持っていました。
顕正会にであってからはそこに仏法的世界観をミックスさせていきました。
家はキリスト教なのですが、どうしても信じる気持ちになれませんでした。
また、近くに寺や神社が沢山あったのですが、よく分からないままでした。
新興宗教はどれも底が浅いもので、金もうけに見える団体も多数ありました。
そんな折であったのが生命連続の教えと、一念三千の人間観です。
たしかに人間には色々な可能性(良い意味でも悪い意味でも)が備わっているように見えます。
いまどんなにいい人でも何かの切っ掛けでどんな悪人になってしまうか分からないと思いました。
ですからどんな人(自分も)油断は禁物だと思いました。
同じ事が国家にも言えると言われてハッとしました。
いまアメリカは明らかにイラクを爆撃しようとしています。
北朝鮮も何か軍事的に動く秒読み段階です。

235 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/09 03:31
やっと浅井先生の仰っていたことが実現に至りました。
確かに何年かずれましたが、2000年の歴史を持つ日本でたった何年かずれたところで浅井先生に非があるようには見えません。
結局、大筋ではご予言どおりになっています。(イラクなどはもうとっくに予想されていました)
地震についても小田原から東海に予言の場所が移動したと言われますがこの細長い日本で、ほとんど隣接している場所です。
疑おうと思えばなんでも疑えますが、何年か越しでみてみると如実に当っています。
バブルの時経済崩壊を予想したのは先生だけです。
政治家の堕落も然りです。
一刀両断さんも揺れているように見受けられますし、私も揺れています。
どうですか?揺れている二人で明日の日曜勤行、出なおしてみるというのは?
もしよろしかったら、レス下さい。(私は小田原or横浜会館に行くつもりですが)

236 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/09 03:35
なにか新しい発見を掴めるかも知れません。
信心とはやはり心の感激から成っていると思います。
元幹部の一刀両断さんにはこの意味が分ると思います。
理路釈然としていない文ですいません。
以上です。レス待っています。

237 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/09 08:54
横浜会館さん
残念ながら私が参詣に行く、というのは有り得ないことなんです。
理論的に(道理的・文証的に)説明のつかない以上は、そこに出現する現証を信じる事はできないからです。
私が揺れている、と書かれていますが、私はそのような意図で書いたつもりはないんです。
私は横浜会館さんの立場も気持ちも分かります、ただしその立場も気持ちも理解できる過去を持っている、と申し上げたのです。
その理解する能力(?)を少しは持ち合わせている私のつもりでしたので、横浜会館さんに事実と直面して欲しい、と思っていたわけです。

私の宗教観は、およその宗教は宗教という肩書きの旗の下、信じた者は何でも可になるものだ、という結論です。
メシア(救世主)発想的な宗教は誰でも受け入れ易いものだと思います。
自分の人生に道が見えるような気がするからです。

238 :名無しさん@3周年:03/03/09 09:20
一刀両断氏が勤行に行く事は無いでしょう。
まず今までの情報からも分かるでしょうが、
・会館に入らされれば会員に囲まれるのは目に見えている
・ほぼ軟禁状態は確実
・匿名性の高いネットだからこそ問答が成立するのに、
一緒に勤行しようとは論点がずれるだけ。
・基本的に一刀両断氏のスタンスは顕正会の間違いを明らかにする事
・もし横浜会館氏が個人的にオフで会うならば両断氏の指定場所で、となる
(↑身の安全を考えれば当然)
…と思うのですよ。
まあそもそも会う事自体に全く意味は無いでしょう。
横槍失礼(^^;

239 :名無しさん@3周年:03/03/09 09:39
横浜会館氏は今揺れている、と言われたが、浅井の予言からまず離れては?
結局そこで思考が止まると思うんですよ。
せっかく掲示板で生の情報に触れても、それでは…と思います。
あの程度の予言?は普通に考えれば誰でも出来る事だと気付いて下さい。
新聞やニュース見てれば「イラク情勢、北朝鮮、経済」程度は学生でも分かります。
発言力がある人間が話すから影響力がある訳で、
別に一学生でもあの程度の予言は出来ます。
それに私は浅井の他人を中傷して笑いを取る演説は聞いてて
虫酢が走りますけどね。
普通の人ならそれが当然ですが

240 :名無しさん@3周年:03/03/09 10:10
↓の者です。
良識ある思考であの演説を聞けば、
不快感極まり無い内容だと横浜会館氏は考えられますか?
それが出来ない、何処が中傷でないというなら、
それこそMCの成果と言えましょう。
逆に会員や会長の中傷には憤慨出来るならMC完璧です。
普通に誰を中傷するのも可笑しい事で、
ましてや会長が演説でそれをするのは間違っている、
そう思えませんか?
私は過去のそういう演説を聞いたり新聞を読んで
会員が笑っているのが恐ろしかったです。
人生の善き転換を願う集団が他人を中傷して笑っているのですから。


241 :名無しさん@3周年:03/03/09 10:37
そういった感覚 感情の停止が、
「勧誘を別件で呼び出す」
「半軟禁状態まで追い込む」
「ストーカー紛いの勧誘」
「ファミレス等での迷惑」
…等、問題となる原因ではないでしょうか?
これは信心している、いない以前に 人間としての問題だと思いますが。
浅井の演説に関してはあなた方の方が直接聞いているでしょうし、
そんな事実は無いと言うには書面(新聞等)ありますから。
私の方は勝手に送られた物なので全て捨てました。

242 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/09 12:22
追記です
>明日の日曜勤行、出なおしてみるというのは?

残念ながら出処が全く不明の本尊の前には出る度胸はないんです。
会長は布師、或いは寛師本尊であるとは説明していますが、掛けられた本尊がどういった経緯なのか、という説明が全くなされていないわけです。
その本尊へ向かって”即戒壇本尊と思え”というのは無理でしょう。
しかし会員は平然とできる。
ここが分からないんです。
”会長を信じる”は結構ですが、その会長が何ら解説しない本尊を即戒壇本尊だと思えというから思う。
こうゆう一事を以てもまた多くの人の指摘する会員の”滑稽さ”が浮き彫りになっているような気がするんです。
二百数十と当時はしっかり語っていた寛師本尊が今では七、八百はゆうに突破している。
何度も書かれている事なのですが、当時会長は大幅上人直筆本尊が七幅と寛師本尊が二百数十、と明確にしているのです。
それが数字が超過してしまった現在、尚一切の説明なく”寛師本尊は多数”とのみの解説に留まっている。
ではこの数字の違いを想像の域で以下、考えて見ます。

243 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/09 12:36
可能性がある条件として提示してみます。

一 日蓮正宗僧侶が顕正会に提供している
二 僧俗関係なく本尊所持者が顕正会に提供している
三 顕正会独自で作成している

一について考えれば、日蓮正宗から破門されている団体に本尊を勝手に下付するという行為は、日蓮正宗内では許されるはずもありません。
もし顕師自身が許可を内々に下している可能性があるなら、これこそ顕師は顕正会を認める発言をするでしょうし、顕正会自身も幹部会等で顕師へ悪態はつかないでしょう。
それ以下の僧侶が下付、或いは許可して顕正会に提供しているとすれば、そんなのはすぐにバレますから、これも考えられません。
法華講の関係者なら、この一の可能性は100%無い、と断言できるでしょう。
二にもし僧俗関係なく顕正会応援者が顕正会に提供していると考えても無理が発生してしまいます。
そもそも提供する人が顕正会のシンパならその人は本尊を手放すような行為はしないでしょうから。
或いは退転した者が所持していた本尊が顕正会に渡り、それを使用しているのだとすれば、これこそ興尊誹謗の大謗法者となってしまいます。
形木にせよ勝手に授与者を変えてしまう行為は許されません。
本当にそんな事ができるなら、完全に逸脱行為でしょう。
とすると三しか現在の所考えられないのです。
既に本尊数を当時発表してしまったわけですから、これを覆すには相当の無理が必要でしょう。
当時の発表以後に追加で提供された形跡があるならば、これをまた”不思議”として平然と発表できるでしょう。
しかしそんな事は聞いたこともない。
ましてや布師本尊があんなに数があるなんて、該当本尊が登場するまで幹部ですら誰も知らなかったわけですから。
そもそも布師本尊を黙って隠しておく必要なんてなかったのです。
状況証拠から見て、現在の顕正会の本尊数は信じられない位に以前の発表より超過してしまっているのは事実です。
その未だ正体不明の本尊へ拝む行為は、私にはできないのです。
まず会として本尊増加理由を公式発表してから、検証すべきだと考えています。

244 :名無しさん@3周年:03/03/09 16:31
>>235
>バブルの時経済崩壊を予想したのは先生だけです。
>政治家の堕落も然りです。
バブル期から、当時の好況はつくられたバブルであって破綻が近いことを
警告していた経済学者やジャーナリストはかなりいましたよ。政治家の堕落
なんて今に始まったことじゃないんじゃ(w? より小物になった感じはし
ますがね。それに経済とかの社会的な知識に基づく予想でなくても「諸行無常」
を根本の四法印の一つとする仏法者なら、日蓮系でなくても栄えるものは必ず衰え
、生あるものは必ず滅びるという道理は弁えているはずですがね。地震にしても、
日本列島形成前からの地球物理学的な問題で日本は地震国なわけだし(世界の火山
の一割が集中。プレートの図解なんかみると本当にわれわれは危なっかしい場所に
住んでるなあと戦慄させします。)だからこそ、平時は気候も温暖で自然に恵まれ
温泉も豊かで人が暮らしよいから古代から人が集まってきてるわけでいわば危険と
豊かは裏腹の関係ですよね。日蓮さんがどうのこうのよいう問題ではないでしょう?
そういう二律背反とかパラドックスのなかで生きてるのが人間だし、それだから苦と
楽は表裏一体なわけでしょう?四法印の残り三つは、「諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静」
ですよね。そういう真実を諦観するのが仏法なんではないですか?

245 :名無しさん@3周年:03/03/09 17:41
本尊を捏造する浅井教は謗法。大罰確定。

246 :◆iQyjVMPjms :03/03/09 20:05
>結局、大筋ではご予言どおりになっています。(イラクなどはもうとっくに予想されていました)
>地震についても小田原から東海に予言の場所が移動したと言われますが
>この細長い日本で、ほとんど隣接している場所です。
>疑おうと思えばなんでも疑えますが、何年か越しでみてみると如実に当っています。
>バブルの時経済崩壊を予想したのは先生だけです。
>政治家の堕落も然りです。

あの〜、244でも言われているけどもう少し”普通”に新聞やニュース見ましょうよ?
地震、イラク、北朝鮮、バブル崩壊、政治家の腐敗…胸張って「予言」と言うにはあまりに幼稚過ぎやしませんか?
この程度、こども新聞読んでる小学生でも言い当てられます。
あの当時からTVのニュース見てれば解る事です。
”聴く耳””見る眼””考える頭”があればあんな予言を有り難がるのが馬鹿馬鹿しく思えますよ?
もう少し客観的な眼を持たないと恥かくだけです。
今までの会員と違い、考えていると思ったのですが期待外れなのですか?

247 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/09 22:52
>>235
他の皆さんも突っ込んでるが一応。
>やっと浅井先生の仰っていたことが実現に至りました。
これは喜んでるんですか?悪い事が起きてるのに
>確かに何年かずれましたが、2000年の歴史を持つ
>日本でたった何年かずれたところで浅井先生に非があるようには見えません。
たったで済ませるのですか?日本の歴史は2000年でも現実を生きてる我々にとって
数年のずれは大事な事です。
>結局、大筋ではご予言どおりになっています。
>地震についても小田原から東海に予言の場所が
>移動したと言われますがこの細長い日本で、ほとんど隣接している場所です。
>疑おうと思えばなんでも疑えますが、何年か越しでみてみると如実に当っています。
>バブルの時経済崩壊を予想したのは先生だけです。
>政治家の堕落も然りです。
地震については>>244の方が述べてる通りですし、バブルの頃私は中学、高校だったので
詳しく知りませんから言明はしませんが
当時から『バブル』と言われてたのでいつか崩壊するのは皆どこかでわかってたんじゃないかな?
政治家の堕落はロッキード事件の前から言ってたのなら少しは信じてもいいかもしれないけど
ロッキード、リクルートの後で「政治家の堕落」なんて家の母親も言ってましたよ(藁
まぁ当時の世情と浅井の発言を見てみると新聞、テレビ等から得た情報をそのまま言ってると思いますね。
現在言ってる事も新聞、テレビ等を見つづけてる人間なら誰でも言えますよ。
>>244の方と風さんの言う通りもう少し世間から情報を見て、自分の頭で考えてみましょう。
私の>>207はお答えいただけないのですか?

248 :◆iQyjVMPjms :03/03/09 23:47
>たしかに人間には色々な可能性(良い意味でも悪い意味でも)が備わっているように見えます。
>いまどんなにいい人でも何かの切っ掛けでどんな悪人になってしまうか分からないと思いました。
>ですからどんな人(自分も)油断は禁物だと思いました。

そう考えられるなら、自分の所属する組織も絶対ではあり得ないともうお解りですよね?
今まで本スレやココで提供されている情報の殆どは事実です。
(確かに緑色の注射は滅茶苦茶怪しいですけど(笑))
>>238>>241 にもありますが、確かに内容は虫酸が走る他人の悪口が多いですね。
実際にテープでも聴きましたし、新聞でも同様に他人の誹謗中傷で笑い取ってます。
酷いのになるとボランティアで亡くなった人まで冒涜してます。
これらの演説の内容を知っていて、小田原・横浜両氏はどう考えているのか知りたいです。
下らない予言に縛られず、自分の心で感じた事をレスしてくれる事を希望します。

249 :名無しさん@3周年:03/03/10 00:54
風さん、あなたの意見はごもっともです。
私もアンチの立場ですが
>下らない予言に縛られず、自分の心で感じた事をレスしてくれる事を希望します。
の「下らない」は止めましょう。
彼らに取っては、真剣に考えている事ですし、もっと腹を割った感じで討論しましょう。
事実、現在はそういった危機に陥ってるのは確かな事です。
しかもそれをよりどころにしている会員さんは多数おられます。
それが まったく浅井会長の予言に当てはまってるとは、私も思いませんが
そういう言葉で当てはめるのは、反感を買うだけです。
本当に顕正会の間違いを正そうと思われるなら、その気持ちが大切だと思います。
名無しの分際でえらそうな事言いましたが、私も多少名無しをいいことに 攻撃的な事書いた事があるので
これからはあらためようと、最近参加されるようになった小田原会館さん、横浜会館さんを見てそう思いました。
ここは特に一刀両断さんが立てられたスレなのでそうあってほしいと思います。
風さんに対しての揚げ足とったみたいな 書き込みですいません・・・
他の方にもそんな感じに見受けられたので、その機会に書かせてもらいました。
どうか 実のある討論をしていきましょう。

250 :◆iQyjVMPjms :03/03/10 01:24
>>249
どうも申し訳無いです。
でもどう見ても”予言”というほど有り難くは無いと思い、ああいった表現にしてしまいました。
単純に”普通に考えれば解る事”と言うのを強調したかったんです。
気に障るなら申し訳無かったです m(__)m

251 :名無しさん@3周年:03/03/10 01:25
横浜会館  ◆kZK6Twf6v2
>>207はお答えいただけないのですか?

252 :◆iQyjVMPjms :03/03/10 02:13
横浜会館氏は今夜からマトモな回答をしてくれそーにありません。
どーも日曜の会合でMCさらにって感じで東京会館みたいなカキコですよ。
現時点で何一つちゃんと回答している物はありません。

253 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 04:29
>>247
>数年のずれは大事な事です。
そうかも知れませんが、私はあくまで仏法に照らし合わせて予想するには、という意味で、個人個人の事情には合わせられません。
別にわざわざ外しているのではなく、それほど困難だというわけです。
先生も最善は尽くされているとは思いますが、限界があります。(先生と大聖人は違うのですよ)
>地震については>>244の方が述べてる通りですし、
地震が多い理由はプレートですが、それが引き起こるタイミングは仏法で決められています。
それから、別に良い事があれば必ず悪い事が起こるというものでもないですし。
たまたま地震の多い土地には善悪両性質あっただけだと思います。
>現在言ってる事も新聞、テレビ等を見つづけてる人間なら誰でも言えますよ。
浅井先生が政治家で批判された人数は枚挙にいとまがありません。
当時人気だった田中真紀子外相や小泉首相にしても就任当初から断罪しておられました。

>私の>>207はお答えいただけないのですか?
いえ、答えるのが遅れました(見落としていました)。
すいません。
これは確かにその通りですね。
私は認めます。










254 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 04:52
>>237
>私はそのような意図で書いたつもりはないんです
確かに私もそう思いました。
それなのに私も差し出がましい事を言ってしまって恐縮ですが、あの時勤行をしていて、ふとあなたを日曜勤行などに誘えばきっと良い結果を結ぶと語られたような気がしたのです。
あなたは真面目に日本の未来について考えられているようですし、若輩者の私でも、日曜勤行などで私と同じ感激を掴んでもらう手助けぐらいは出来るだろう、と判断したもので。
きっとすばらしい幹部として復活してくれると。
正直わたしはテロは怖いです。
テロというものはいつくるか分かりません。(アメリカだってまさかツインタワーがとテロ一秒前まで思っていたはずですし)
一刻もはやく公宣流布(100万は今年中でしょう)を実現しないと、と焦りを感じています。
いま我が隊も伸びてはいますが、本来もう公宣流布達成していなければそろそろヤバイ時期なので、こちらの自己満足に法則が待ってくれるかどうか…(というよりいつ来るか分からないでしょう)
ですから、若輩者の私ですが、あなたの復帰を心よりお待ちしております。
もちろんその他の全ての人にも、ですよ。

255 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 07:52
おはようございます。
横浜会館さんとは完全に行動時間が違うため、ライブでのバトルが中々できませんね。
これからまた本スレとここ、じっくり読んでからコメント入れさせて下さい。

256 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:01
おはようございます。
昨日の興奮がなんとまだ覚めやりません。
今朝さっそく顕正新聞3月5日号を拝し奉りました。
2月度総幹部会は色々予定が重なってしまったため、ビデオ放映にすら出席できなかったのですが、顕正新聞で初めてその内容を知ることが出来ました。
伝え聞いてはいたのですが、ここまで簡潔に世界情勢についてまとめられている文は見た事がなかった。
ここに丸々載せたい気分ですが、掻い摘んで説明したいと思います。

257 :名無しさん@3周年:03/03/10 09:11
カンチガイもココまで来たか。
その様な書き込みはスレ違いって事さえ理解出来ない様子。
誰か顕正新聞の内容を掲載してくれと言ったか?
ココはアンタ等と問答するスレ。
それが理解出来ないMC酔っ払いならもう来なくていい。
スレと時間の無駄!

258 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:22
           〜一閻浮提の大闘諍〜
つまり、この世界の動乱の事です。
いま大国アメリカに敵う国はなく、アフガンも攻略され、イラクも時間の問題だろう。(ところが問題はここから)
しかし、これによっておこる全世界の反米感情やテロ部隊は抑え様がない。
アフガン壊滅の後もテロ組織いまだ健在。
それは象がアリの大群と闘っているようなもので、なかなか埒があかない。
それに加えて、テロ組織は大量破壊兵器(生物・化学・核兵器)をもっているため、少人数でもアメリカ社会を根底から覆す事ができる。
北朝鮮があそこまで頑張れるのも(小国であるのに関わらず)、裏に中国やロシアの影がある。(どちらも反米)
しかも、韓国政府ですら現在反米に傾いている。(それを見てアメリカは韓国から軍を撤退させると言っている)
このままでは朝鮮半島は中国などの影響下に入る事は必然である。
そしてそれは直接日本の命運に関わる。(ノドンやテポドンなどは発射の十分後東京を壊滅できる)
そんなおり、小泉首相は約束を守った事がない金正日と日朝平壤宣言などに署名。まったく意味がない。
いま実のところ海上保安庁特殊部隊では天然痘対策が練られている。海上保安庁いわく「なにが起こるかわからない時代になったから」

259 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 09:25
横浜会館さん、小田原会館さん

3日以内の回答をお待ちしていたのですが、熱原法難日改ざんについての明確な回答をまだ頂いていないのですが。
これはどうしたことでしょうか。
私は少なくとも誠意ある方だとお見受けしたからこそ、この問答スレを立てたのですが。
本当にあなた方は私に期待して下さるのなら、顕正会への復帰をさせてくれるのなら、顕正会の正しさを証明して下さい。
証明とは即ち私が疑問に思っている事を回答してくれることです。
これに対して3日以内の回答をしてくれる、と返事をしてくれたわけですから、回答を拒否するということはスレ立ち上げ時に書き込ませて頂いた>>1の条件に当てはまってしまいます。
よろしくお願いします。


260 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:30
そんな時日本は借金で破産寸前。
食料の自給率は40%。
石油は99,7%が輸入に頼っている。
(石油の輸出国はどこか、他でもないイラクやイランなどイスラム圏である)
国防はすべてアメリカまかせ。(日本にミサイルが飛んできたのであったって、アメリカから情報を受けて初めて分かった始末。)
国民に国をまもる気概はなく(少なくとも北朝鮮の団結力より大いに劣るでしょう)
政治家はほとんど売国奴である。
果たして日本に(このままやっていて)未来はあるのか?


261 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:32
つまり浅井会長の言われていた事は、現実的であり、カルト的な煽りでもなんでもない、という事は納得できませんか!?

262 :名無しさん@3周年:03/03/10 09:36
そんだけ不満なら日本から出て行けば?
アンタ等に救って貰うくらいなら滅びた方がマシ。
自分がMCに掛かっているという自覚も無い者の話す事こそカルトだっての。

263 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:40
>>259
失礼!
昨日、全てを書き終わったと勘違いしていました。
もちろん、熱原の法難の事についても聞きました。
ただその時手元に旧理論書がなかったので、今回答待ち状態です。
3日後に必ず答えると言っておきながら申し訳ありません(日にち的には約束違反ですね)がもう少しお待ちください。
近日中に必ず返答します。(ですから一旦負けという事にされても構いません)
なかなか連絡が取れなくてこのような醜態をさらす事になって申し訳ないです。

264 :名無しさん@3周年:03/03/10 09:41
>地震が多い理由はプレートですが、それが引き起こるタイミングは仏法で決められています。

初めて聞いたよ(笑)
では”仏法で決められている”という事に納得出来る説明は?

265 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:45
>>262
>滅びた方がマシ。
本気で言われてるのですか?
日本に限らず今世界中どこを見回しても不穏な空気です。
まだ日本の方がましですが、日本とて例外ではなくなる、と言いたかったのですが。


266 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 09:47
旧理論書ではなく、冨士版の南無日蓮大聖人です。
それと、私は少なくとも言いがかり的な事は避けたいと思っておりますので、ここに記した事はすべて事実です。
原版にぶつかっても、書いてあった事と違うことはないのです。
だとすると、以上に記した内容を以て、あなたの意見をお聞かせ下さい、と申し上げているのです。
どこまで上の幹部にたどり着けるのかわかりませんが、まず私が想像できる回答は「相手にするな」「百万が終わったらまとめて相手してやると言っておけ」になるでしょう。
そんな回答、横浜会館さんはここで披露できますか?多分できないでしょう。
だから、きちんとした回答はやはりあなた自身の素直に考えた答えしかないと思うんです。
待てというなら待ちます。
しかし期限は切って頂きたいです。
>(ですから一旦負けという事にされても構いません)
というのは逃げ口上でしかないんですよ。
近日中というのはいつになるのでしょうか。
一週間でしょうか、一月でしょうか、一年でしょうか。
問答というのは前提の約束が反故されてしまうという事は、いかなる理由であろうと敗者となってしまうんです。
その御自覚の元に誠意ある回答をお待ちしています。

267 :名無しさん@3周年:03/03/10 09:48
>>>238>>241 にもありますが、確かに内容は虫酸が走る他人の悪口が多いですね。
>実際にテープでも聴きましたし、新聞でも同様に他人の誹謗中傷で笑い取ってます。
>酷いのになるとボランティアで亡くなった人まで冒涜してます。
>これらの演説の内容を知っていて、小田原・横浜両氏はどう考えているのか知りたいです。

↑へのレスは?都合悪いの?そりゃ新聞で残っているから否定のしようがないわな(笑)

268 :名無しさん@3周年:03/03/10 09:51
>アンタ等に救って貰うくらいなら滅びた方がマシ。

”アンタ等に救って貰うくらいなら”抜かしたら意味無いでしょが。
ココにいるアンチなら誰もが思う事だと断言するが?

269 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:52
>>264
国ほろびるその前兆として巨大地震が発生すると御書にあります。
どういうことかと言うと、諸天善神の力によってその働きを止めることが出来ると。
引き起こるタイミングが仏法で決められている、というのは適切な表現ではありませんでした、
地震はプレートなどのずれのタイミングでその強弱がきまりますが、それを諸天善神が操って地震を止めることが出来る、
と言ったものです。

270 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 09:54
>>268
という事は仏法は正しいかもしれないが、もしそうであってもわざわざ滅びの道を歩む、と言っている事になってしまうけども良いのですか?

271 :名無しさん@3周年:03/03/10 10:00
MCバリバリの組織に、救う能力も正義もな〜んも無いから言ってるの。
いつまで正義の味方ゴッコしてんの?
前提としてココや本スレで全員が納得出来ないのに、正しいなんて言えやしないと思うが。
あ!そうか、こうやって書き込み、反論受ける事で逆縁の功徳を頂戴してるのね。


272 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 10:03
>>267都合悪いと言いますと?
他人への誹謗中傷といいますが、それはあまりにもひどい行動をとった学会幹部であるとか、政治家の日和見主義であるとか、そういったものを批判しているだけです。
いつの顕正新聞をもとにされているか知りませんが、故意に人を笑うために講演されたことは一度もありませんし、ボランティアの人を冒涜したというならその文を抜粋してほしいです。
どのような文について言っているのか。(別に号番は結構です)
最後に「虫酸がはしる〜が多いですね」と勝手に決め付けて、どう思いますかとか聞かれても、そうは思いません、としか答えられないです。

273 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 10:10
>>266
私も調べておくから、としか言われなかったもので、何日とは断定できませんが、
常識的に考えて一年とか一月とかは考えられないでしょう。
私は3日以内と断言したかったのですが、日にちを確認するのを忘れてしまったため、一週間弱はかかってしまうかも知れません。
そういった意味での近日中とう事だったのですが。
それから
>問答というのは前提の約束が反故されてしまうという事は、いかなる理由であろうと敗者となってしまうんです。
そうですね、自分でも痛いところを突かれました。
はい認めます。あの問答については(少なくとも私は)………敗者です。

274 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 10:14
>>271
逆縁でも功徳をもらえるかも知れませんが、今の私は逆縁での功徳などは貰いたくもありません。
なんとしてでも伝え切る、この姿勢こそが顕正会だと思うのです。
国滅びて個人なし。
私はこの覚悟です。


275 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 10:15
では、熱原法難史の事実と違う顕正会流の表現についてはどう思いますか?

1 熱原法難斬首日は弘安二年十月十五日であるのに、戒壇本尊建立日が弘安二年十月十二日であるのはおかしい。
  なぜなら熱原三人が願主となっている、と顕正会では断言しているのだから、三人の斬首が執行された日でなければおかしいのにそれ以前の日付になっているのはおかしい。

2 顕正会では斬首の報告を受けて大聖人が戒壇本尊を建立したと理論書で説明しているが、これは虚偽、歴史の改ざんではないのか?

まずこの点だけでもお聞かせ願います。

276 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 10:17
>>273
とりあえず、先輩幹部には「調べておくから」と言われましたが、
その間、約束どおり私なりの見解を述べておきます。

277 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 10:19
>>276
先輩に聞いた結論と違っても結構です。
ぜひお聞かせ下さい。

278 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 10:32
私は冨士版の南無日蓮大聖人を一度も拝したことはないので、どういった風に書かれているのかまったく分かりませんが、
もしその本で「熱原法難斬首日は弘安二年十月十五日であるのに、戒壇本尊建立日が弘安二年十月十二日であるのはおかしい。なぜなら熱原三人が願主となっている」
とはっきり明言されているのでしたら、熱原法難斬首日の日付が誤って載せてしまったということになると思います。
何故なら文ではっきり説明されている事が間違いである確率より、日にちを間違えて載せてしまう確率の方がはるかに大きいからです。
理論書から日にちの明記がなくなった事についても、(私は最初、理論書の昔の版であると聞いてたのですが、そうでは無いとされるなら)南無日蓮大聖人とは性格の違う書物である理論書に日付がのっていないのもただ省いたと考える方が妥当です。
もし理論書に他の事柄についての日付などが多数載っているのでしたら話は別ですが………。
つまり私の見解としては、
@南無日蓮大聖人に載っている熱原法難の日付は誤字の類である。
A理論書は前出書とは書かれた目的が違うため、日付は原則として記されていない。(折伏する時には特に必要ないですからね)

279 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 10:45
ふむ。
私は理論書では意図的に熱原斬首を日興上人が大聖人に報告し、それを聞かれた大聖人が戒壇本尊を建立した、とする説を問題視しているのです。
理論書を読むと史実とは違っていますよね?
どう読んでも斬首後に戒壇本尊が建立された、としか受け止められないのです。

横浜会館さんは、日付を間違えて顕正会では掲載してしまった、と思っているのでしょうか?
弘安二年十月十五日の熱原三人斬首は通説でもあります。
これを意図的に信者の気持ちを高ぶらせるために、史実を前後させる記述法は問題だと言っているのです。
本当に折伏する時に特に必要ないでしょうか?
私なら聞きますし、ここを見ている人ももしかしたら聞くかもしれません。
それを明確に回答できないのなら、折伏の時には必要にもなりますよね。
学会や宗門、法華講などは聞いて突っ込んでくるんじゃないでしょうか。
それとも無智の者を誘引して入会させるのが、折伏の目的だとすれば、当然広宣流布もできないでしょう。
更にお聞きします
@ 日付は誤字ではなく日蓮正宗の通説である以上、隠蔽する理由が不明である。なぜわざわざ隠蔽しようとしているのか。
A 書かれた目的が違う、というのは、理論書は何をそもそも目的としているのでしょうか。
  目的が明確にされない以上、書かれた目的が違うとは断言できないはずです。
  更に私見で言えば、標題通り「折伏理論解説書」なのですから、理論的な目的で書かれているのは明白である以上、事実改ざんは理論的と言えるのでしょうか?


280 :名無しさん@3周年:03/03/10 10:45
んじゃ抜粋。
>今回ハンセン病訴訟でもって控訴を断念した、これもちろん結構なことかも知れません。
>しかし、だ、巨大地震の来ることはもう、回避することはできないんです。
>これは仏法の上から勿論でありますが、世間の学者も既に言っていることであるんだ。くる事が決まっている。
>もし巨大地震が首都圏を襲ったならば、百万人を越える犠牲者が出るではないかと。
>その悲惨さ、深刻さは、ハンセン病の数千人というようなのとは比ではないでしょう。【顕正新聞 平成13年6月5日(2面)
→つまりハンセン病で亡くなった人の数はどうでもいいと?
>先日、ボランティアでカンボジアに行っていた中田という青年が命を失った。
>そうしたら今度は、その父親が息子の意志を継いでボランティアを志願したそうです。
>このことをマスコミはみんな称賛しております。
>創価学会まで聖教新聞で「菩薩行の精神尊し」などと言って賞め称えております。
>しかし私にはわからない。こんなボランティアに命をかけるほどの価値があるのか。
>ムダではないか。カンボジアに行っていったい誰が根本的に救われるのか。現在の国際情勢はそんな甘いものではない。
>身命を失えども、大事の仏法なんどには捨つる事難し。
>故に仏に成る人もなかるべし」と。【顕正新聞 平成5年5月15日号 (1面)】
→ここでツッコミ。
”凡夫”って信者も含めた全ての人間じゃなかったの?
しかも今までに浅井は外国の食料・疫病地域に行って何かしたの?
カンボジアで誰かが救われるのが無駄な事なの?
>しかし凡夫というのは、こういう小さなことには情熱を燃やせるのです。
→自分は凡夫じゃない、と言ってるじゃん。
チョボラも否定出来る教祖は偉いね全く(笑)
まだ一杯あるけど、MCお腹一杯DQNはマトモに問答出来ないからここまで。

281 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 11:11
>>280
多分そんなことではないかと思っていましたが“やっぱり”とう感じでした。
これのどこがボランティアにいそしんだ親子を“冒涜”しているのですか?
浅井先生の真意は(真意というか普通に読めば)ボランティアに命をかけることを批判しているのであって、
「命をかけるのはすばらしいが果たしてカンボジアに行くことにそんなに意義があるか?」という意味なのです。
つまり仏法を知っていればその命がけの行動はものすごい実を結び、いずれは世界そのものも一気に救う事ができたであろうに、という事なのです。
>カンボジアに行っていったい誰が根本的に救われるのか
というのは、カンボジア人を救っていったいどんな意味があるのか?というものではなく
読んで字のごとく、いまの国際情勢でカンボジアにいったぐらいで本当にそこの人が根本的に救われるのか?
という意味です。
たとえばどんなにすばらしい目標を掲げたボランティア団体があったとしても、しょっちゅう飛行機ごと撃沈されるような国へは危なくていけないし、だいたい無駄でしょ?
>しかし凡夫というのは、こういう小さなことには情熱を燃やせるのです。
というのは、難しいところまでは分からないけれども、意味的には、
しかし自分も含めて、凡夫というのは大局を見ないでそういった小さな事に喜びを見出し易く、結局わざわいを解決できずに終わり易い。
だから(自分も含めて)気を引き締めて、大局から物事を見なければ、と仰っているのです。

282 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 11:26
>>279
私は一刀両断氏はもっと物分りの良い方だと思っておりましたが…。
何度も申している通り、手元にその書がないので、何をどう書かれているか、まったく判らないのです。
なんとか過去レスなどで説明されている事を参照に意味を察し図りましたが、誤解があったようですね。
つまり史実を前後させる記述法がなされているという事ですか?
>>275では顕正会が戒壇本尊の建立日を疑っているとうように取れたものですから。
では、そうではなくて顕正会はどちらの日付も認めているが、文上では曖昧に日にちを摩り替え様としている、と?

それから折伏理論書は折伏のための本であるため、よっぽど宗門の人にあたらない限り普通はそういった表記の必要はない、だから削られた、私はこう考えますが。
もし必要とあらば上の人に聞けばよい事ですから。
なんにせよその南無日蓮大聖人を入手しないことには、話が成り立ちません。

283 :横浜会館  ◆kZK6Twf6v2 :03/03/10 11:30
ではそろそろ出かけないといけないので、ここら辺で失礼します。
それでは、

284 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 11:36
私が考えるのは顕正会では情熱的に信者の心を突き動かす原動力にしようと、摩り替えているように理論書の書き方は見えるんです。
でなければ、熱原斬首日と戒壇本尊建立日付に認識がある会長が、書き間違えるわけはないでしょう。
作為的に信者の心を捉える大事な法難であって、この法難が契機として戒壇本尊が建立されたと解説してありますよね。
しかし、熱原法難と戒壇本尊建立は何ら関係ないんですよ。ご存知でしたか?
それを完全に本門戒壇願主として会員に捉えさせ、何の疑いも持たせない。
これがおかしいです、と述べているのです。

また次回、戻って来られたら誠意ある回答をお待ちしています。

285 :ティグレ ◆Nkv/8tW/wc :03/03/10 12:55
>地震が多い理由はプレートですが、それが引き起こるタイミングは仏法で決められています。
ではそれを『三証』でもって示して下さい。
>現在言ってる事も新聞、テレビ等を見つづけてる人間なら誰でも言えますよ。
>浅井先生が政治家で批判された人数は枚挙にいとまがありません。
>当時人気だった田中真紀子外相や小泉首相にしても就任当初から断罪しておられました。
なら私の親父も予言者になってしまう(藁。
私の親父は小泉首相は厚生大臣時代から田中真紀子は政治家になる前から断罪してたので
私の親父の方が上になってしまう(藁。
あなたの言う事が正しいならこうなってしまいますがこれ如何に?

286 :名無しさん@3周年:03/03/10 14:47
>しかし私にはわからない。こんなボランティアに命をかけるほどの価値があるのか。
>ムダではないか。カンボジアに行っていったい誰が根本的に救われるのか。
>現在の国際情勢はそんな甘いものではない。
>たとえばどんなにすばらしい目標を掲げたボランティア団体があったとしても

>しょっちゅう飛行機ごと撃沈されるような国へは危なくていけないし、だいたい無駄でしょ?
はいはい、露呈しましたね。
所詮は「自分達は安全な場所にいて、危険な地域に赴いて救いの手を差し伸べる必要は無い」と言うことね。
読解力もココまで落ちてるならマインドコントロールも完璧やね。
青年がボランティアでカンボジアに赴いて亡くなった事を引き合いに出して、
>こんなボランティアに命を掛ける程の価値があるのか?
→価値無いと言っているのと同じ。青年の死、父親の意志を冒涜してると感じられない?
>カンボジアに行っていったい誰が根本的に救われるのか。
怪我人や病人、一般市民はかなり助かると思いますが?
そんな事は些細な事だと言うのだから、地震で人が死のうとあなた方には関係ないでしょ。
>というのは、カンボジア人を救っていったいどんな意味があるのか?じゃなくて
へ?こっちはそんな事言ってないけどねえ。
普通に読めばオタク等の教祖はボランティアに行く事が無駄、としか言ってないと思うが。
大好きな創価も含めて無駄だと言っているし、文意も解らないらしい。
ま、DQNは相手にしない事にするよ(藁

287 :名無しさん@3周年:03/03/10 15:18
横浜会館さん
一刀両断さんって 顕正会でかなりの幹部だったんですよ
顕正会の間違いに気がついて 貴方達の言う退転に至ったわけです。
講習会でさらにMCを深くしたようですね。
事によっては 貴方も洗脳から解かれるかもと思っていたのですが…
お気の毒ですが 貴方は救いようがないですね。


288 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/10 15:51
>>287
横浜会館さんがどのような立場であるか、私が顕正会当時どのような立場であるか、それはさておきます。
しかし、多くの会員がここへ来ては直ぐに去っていく姿は、もし私が現役当時の幹部のままであれば、絶対に許していませんでした。
何とも悲しい話ですが、今の顕正会員は「浅学にして非力」としか表現しようがありません。
しかし、このような会員が何も知らないで済む事態は、実は顕正会本部の望んでいた事でしょうし、事実そうなりつつありますね。
過去には教学試験は幹部だろうと毎年存在していたわけですが、それを撤廃し、穴埋めで合格になってしまう最近の登用試験。
その程度のレベルで抑えておかないと、顕正会の近年の暴論に疑問を抱いてしまうわけですから、本部から見れば「してやったり」という事なんでしょうね。
そして本部は「相手にするな」「100万が達成したらまとめて相手してやる、と言っておけ」と言っておけば済むわけですから。
ほんの数年前の事実すら風化させてしまう会の体質。
自分の所属する団体の歴史すら知らない現会員。
「教学なんて不要だ」と、無謀な論を展開し「浅井先生は絶対だ」と完結してしまう。
やりきれない思いです。


289 :名無しさん@3周年:03/03/10 16:17
>>288
一刀両断さん 
あんなに一生懸命 顕正会の為に働いていて 会員は本当に可哀相ですね。
知恵がついてしまい疑問をもった会員はどんどん首にしてしまう。
そうしてるうちに今の体制が出来あがっていったのでしょうね。
洗脳されているとはいえ、仏法仏法と言う割に中身がない、質問に答えられない
会員にプライドはないのでしょうか。本当に憐れでなりません。

290 :名無しさん@3周年:03/03/10 21:38
>>289
昔勧誘されたことのある通りすがりの者ですが、
このスレの意味を理解してますか?
既にやめられた方を批判する貴方は会員ですか?
スジ違いなちゃちゃ入れて真面目な議論を邪魔するのはやめましょう。

ぱっと見でも分かるのに理解できないなんて、
本当に憐れでなりませんw

291 :名無しさん@3周年:03/03/10 22:15
☆御本尊増加に関して顕正新聞より抜粋☆
「松本尊能師には私の意をよくお聞き下され、自ら護持されていた
大幅の常住御本尊七幅と、日寛上人書写の御形木御本尊数百幅を私
に託して下さった。この七幅の常住御本尊とは、二十八代日詳上人
・五十四代日胤上人・五十五代日布上人・五十六代日応上人・六十
代日開上人・六十四代日昇上人等の歴代上人御書写の御本尊であり
・・・」(顕正新聞 昭和六十年三月十五日号)

「ここに、松本尊能化は、妙縁寺に所蔵するところの歴代上人の御
直筆御本尊七幅、それから日寛上人の御形木御本尊、並びに
『日布上人の御形木御本尊』を多数用意して下さったのであります。
(中略)私は、この異常事態の宗門の中で、ひとり顕正会だけが、
あの清らかな日寛上人・日布上人の御本尊様を拝めるということ、
こんな有難いことはないと思っております。」 (顕正新聞 
平成十一年四月二十五日号)

日布上人の御形木御本尊が顕正会自家製であるならば、
大問題だと思うのですが横浜会館さんはどう思われますか?
正しい団体ならば、勝手に偽物の御本尊を作成しても良いのでしょうか?
それから「数百」の日寛上人書写の御形木御本尊に関してですが、
数百−全国の自宅拠点の数=・・・この答えは正の数ですか?それとも・・・

以上について明確な回答がほしいですね。
会員が困っているときに、会長さんは何をやっているのやら・・・


292 :名無しさん@3周年:03/03/10 22:16
>>290
なにか勘違いしているのはあなたでは?(・∀・)ニヤニヤ

293 :名無しさん@3周年:03/03/10 22:41
>>291
大好きなピンサロ行ってるんでしょ(藁

294 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 07:48
このスレも顕正会員には回答不能の質問をしている限り、駄スレになってしまうんでしょうかね。
もっと反論できるような質問に切り替えた方がいいんでしょうか。
心ある顕正会員の方、お待ちしております。

295 :◆iQyjVMPjms :03/03/11 09:09
いえいえ一刀両断さん、アチラは「絶対・絶対」しか言わないのですから、
ちゃんと”解って”て他人に勧めているでしょう?
ならばちゃんと回答出来るかどうか、では無くて”解っている筈”前提でいいのでは?
駄スレになるって事は会員の負け確定でしょう。
(ネタ会員ばかりも困りますが…)

296 :名無しさん@3周年:03/03/11 09:36
>>290
289ですが、なんか誤解してますね。
>>287-289まで続けて読んでもらえば会話が成り立ってるのが分かると思うんですが。
文章が下手なんで、誤解を生んでしまったんでしょう
これからは誤解のないような文章になるよう 心掛けます。失礼しました(_ _ゞ


297 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 13:02
つくづく思うのですが。
元々顕正会員で幹部として活動してきた私なわけですから、現役の顕正会員が意気込んで回答できるような質問など、私がするわけないんです。
現役の顕正会員がさっさと回答できるものならば、私は恐らく現役時に解決していたでしょうから。
本部に問い合わせる、或いは先輩に問い合わせる、と言っても返ってくる回答まで容易に想像できてしまうんです。
その私が彼等に投げかける質問が回答不能に陥る事は端から承知しているわけですから、当然問答スレなど成り立つわけがないんですよね。
結局はここから去っていくか、NHを変更でもして発言するしかないのだと思います。
やはり、一人一人に直接会って行動していくしかないのかもしれませんね。


298 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 13:05
また訂正です
>結局はここから去っていくか、NHを変更でもして発言するしかないのだと思います。

結局は現役会員である彼等は、ここから去っていくか、NHを変更でもして発言するしかないのだと思います。


299 :名無しさん@3周年:03/03/11 13:25
とあるHPより

@顕正会で折伏するときに御奉持している御本尊が、謗法行為ではないと言う根拠・文証は如何?
A一在家信者である者が勤行を短縮したり、御観念文・御書名を改竄しているが、これらの行為が先師に背く者ではないとする理由は如何。
B血脈断絶が血脈否定で無いとする理由、またその断絶期間中の衆生の成仏はどうなるのか
C細井(日達上人)・阿部(日顕上人)両管長(猊下)の間で血脈相承が出来ず、
目師御再誕までは「血脈断絶状態」であると言っているが、そうすると阿部(日顕上人)
管長書写の御本尊に功徳はないと言う事になるが如何。
Dということは、宗門より入会し顕正会員となった者は知らぬ間に御不敬をしていたと言うことになるが如何。
また日寛上人御書写の御本尊に御取替えせねばならぬ根拠はどこにあるのか
在家の立場として御本尊様をどなたが顕わされた御本尊かどうかを選ぶ事は言語道断である。不敬・越権行為ではないのか、如何。
以前、正信会で血脈否定論がでたが、四月十二日の顕正会発言はかつての正信会を批判していた事を忘れたものなのか、
都合で話を変えたのか如何。
E顕正会は折伏を広宣流布達成のためといっているが、成仏の根本修行のはずの勤行の
化儀が顕正会内において確立・徹底していないのはどうしてか
F三衣にあたり、在家に許されている数珠についてほとんど指導がなされていないのは如何。
開眼されていない数珠に功徳があるという根拠は如何
Gモニターで礼拝する御本尊様が御不敬でないとする文証を挙げよ

昔の幹部の女性はこの質問して除名されたらしいけど。答えられる?

300 :名無しさん@3周年:03/03/11 13:34
つーか、脱会したい人はこの質問を本部に送るってのは?
脱会確実じゃん(藁

301 :仏法とは?:03/03/11 14:18
横浜会館さん、もうレスするのはやめようと思っていたのですが、横浜会館さんのレスを読んで(別スレ含む)
気になったので、質問させて下さい。
  @顕正会の仏法とは何でしょう?
法華経では、宇宙の真理、法則、又は無想と説かれています。
  A顕正会の教義とは何でしょう?
法華経では、すみません、とても深くて今の私には安易に答えられませんが、法華経を読んで
五体満足に生まれ、今、まだ生きているということが当たり前ではないという思いと共に、生かされている
という感謝の気持ちが、確信として持つ事が出来ました。まだまだ勉強中ですが・・
  B広宣流布で仏国になり国民全員が幸せになれるんですか?
仏国になったからといって、私達は、凡夫に変わり無いのですから、常に一念三千の世界が、付きまとうはずですよね?
1億人以上の人々が菩薩界であり続けないと一瞬の内に崩れてしまいませんか?それが、世界中となると・・
  C浅井会長がやっていることは、菩薩行だと思いますか?
私にはそう見えませんが・・まだ会員の活動の中に菩薩行を見る事はできます(罰、功徳論は頂けませんが)根本は人を救いたいと
思う気持ちがないと、出来ないと思うので・・会長は、何か自ら行動を起こしていますか?
不惜身命というのなら、講演会をただで開いて聞かせるとか、日本のトップの人を折状するとか、会員数を
気にするよりも、行動で示すことのほうが、大事だと思いませんか?
 
  
  

302 :名無しさん@3周年:03/03/11 14:53
具体的にどのようなものなのですか?
1、宇宙の真理
2、宇宙の法則
3、無想

303 :金剛経でも般若心経でも読んでくれ:03/03/11 14:56
302
具体的に説いていない場合
誰の負けですか?

304 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 15:04
>>301
お久しぶりです。
実は私も同様の事を思うわけです。
そもそも、宗教者という立場であり、多くの者を引っ張って成仏へと導くのだ、と言う気概を持つ以上、我が身の事など顧みる必要などあるはずないのです。
私は日蓮大聖人が宗教への入り口となったのですが、大聖人を最も尊いと思える一つが、この大聖人の慈悲と確信なわけで、本当に頭を垂れる思いになるのです。
現在の宗教者と比較すれば一目瞭然でして、大聖人が草庵で説法され、極寒佐渡に流罪され、身延に参らせるのに、一切贅沢などされておられないのです。
あくまでも在家の方が”何とかしたい”という思いから都度、御供養したわけであって、それに対して大聖人は一々に御礼まで申されているわけです。
法の為に建てられた草庵が豪邸であるはずもなく、ましてや御影石などで包まれているわけでもなく、ただのあばら家だったのです。
佐渡に於いてなど、建物がボロ過ぎて家の中まで雪が積もってきた、とまであります。
その最中に観心本尊抄等重書を認められる御姿を拝してこそ”法華経の行者”を見出せるのです。


305 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 15:04
ところが現在の宗教家は、さぞ御立派な事は言われますが、では我が身の財も身もなげうって、法の為に生きている人などいるのでしょうか。
ここが、私はおかしい、というより尊敬の念に立てない理由の一つにもなるわけです。
顕正会に限って言えば、参加は自由としながらも会員の実際は内部にいた者ならどれほど会員に負担がかかっているか、容易に分かります。
会館が建ったからと広布御供養を会として募り、会長が会員の心を気遣ってとして弁当を頒布する。
信心の基本、会の基本として新聞を何部も購入して、最終結果まで報告を受けて指示を出す。
挙句には本部が移転するといって、会長宅から親族、中心幹部まで一気に引越しできてしまう。
これで何を尊べというのか、これで何を有難いというのか。
我が身がボロ雑巾のようになって、財も何も失っても尚、仏法のためなら命も惜しまぬ、という姿こそ「法華経の行者」ではなかろうか、と思うのです。
それでこそ仏法の言う所の諸天が守護する立場になろうものと思うのです。
結局こうゆう条件を満たせるのは在家では不可能であろうかと思います。
つまり出家という家を出るほどの覚悟なき者が、「法華経の行者」の振舞いなどできないものと思うのです。


306 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 15:10
つまりは会長自身が職を持たずにいる以上、仏法で生計を成り立てている事は事実になってしまいます。
これは仏法が”飯の種”となっているわけで、もしあのまま印刷業を営み、その傍らで仏法に熱を込めて、活動しているのであれば良かったのだろうと思うのです。
”飯の種”である以上、どう比喩しようとも会員は”飯の種の実った作物”でしかなくなってしまうと思うのです。

307 :仏法とは?:03/03/11 16:20
>>302さんは、宇宙がいつ生まれて、どこまで続いているのかを考えた事はありますか?
誰も、答えをだせませんよね?でも、その宇宙の中に無数の星があり、私たち地球もその中の
ほんの1つに過ぎません。考えただけで、普通に凄いと思いませんか?私はそう思ったので、具体的には
答えられません(まだまだ勉強中なのですみません。)でも何かあると・・・直感ですかね。


308 :名無しさん@3周年:03/03/11 16:43
一刀両断さんは、それらの事にいつ、どの時点で気付きましたか?
在籍中でしたか?洗脳はされてなかったのですか?
質問だらけで ごめんなさい・・・ でも聞きたかったので。

309 :一刀両断  ◆OIAVtxIJWE :03/03/11 17:37
>>308
質問の目的が不明なのですが・・・

疑問というのは尽きる事はないと昔から思っております。
即座に理解できるものもあれば、長年を経てようやく理解に至るものもあります。
当然、様々な問題は在籍中にもありました。
しかし仏法に傾倒した私が、最初に仏法を知ったのも顕正会であったのですから、疑問を否定的な発想にするまでには時間を要しました。
疑問に思う事も長年に至ってようやく解明できるものもあったからです。
しかも顕正会を擁護せねばならない幹部という立場であった為、それが更に混乱を招いました。
こう考えられるようになるにはやはり時間的な考慮も必要かも知れません。

ここの皆さんからすれば変な事に思えても、人にはやはり違った価値観があるものです。
それまで人生を葦のように生きてきた私でしたので、人生に光を見出したのも顕正会であった事は事実です。
ですからその人生の中の一筋の光だと信じていた顕正会も光ではなかったと否定するのには相当の時間を要しました。

だからここで皆さんに叩かれる現役会員の姿は少なくとも過去の私の姿だとも思っています。
その私の立場で様々な事を発言させてもらっているつもりです。

さっぱり回答になっていませんね。

310 :名無しさん@3周年:03/03/11 17:38
最新の音楽情報満載。音楽ファン必見のサイト
音楽ギフト券の全プレあり
http://camellia16.fc2web.com/ongakudb.html

311 :予言:03/03/11 18:28
本部会館とA氏宅で同時多発テロ。
浅井急逝。
会員の過半数が精神病発病。
幹部逮捕。



312 :予言2:03/03/11 18:35
浅井教カルト認定。
暴行事件激増。
浅井が被害者に訴えられる。
浅井教サリン製造発覚。

172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)